オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:前田遼一

5
11日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第4節日本対イラク戦が埼玉スタジアム2002で行われ、1対0で日本がFW前田のゴールを守り切り予選突破へ大きな勝ち点3を獲得した。試合は前半からイラクの激しいプレスと攻撃に苦しみ再三ピンチを迎えるがGK川島のファインセーブでピンチを防ぐと前半25分スローインからFW岡崎のクロスをFW前田が決めて日本が待望の先取点を手にする。しかしイラクもカウンターからチャンスを作るもGK川島がファインセーブでピンチを防いて前半を折り返した。 後半日本は次第にボールをキープできるようになったもののイラクのディフェンスは堅くなかなかゴールを割れない。対するイラクも攻勢してくるものの、日本のディフェンスが確り対応した。後半35分にMF本田の決定的なシーンがあったものの決められなかったがこのまま逃げ切り日本が強敵イラク相手に貴重な勝ち点3を獲得した。 これでザックジャパンは4試合で勝ち点10に乗せて他のチームに対して大きくリードを奪い最終予選突破へ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日サッカー国際親善時代日本対ベネズエラ戦が札幌ドームで行われ、1対1で日本がMF遠藤のゴールで先制したものの、後半追いつかれてドローに終わった。試合は前半から日本がボールを支配し前半15分DF駒野のクロスをMF遠藤が決めて日本が先制する。その後日本は再三ベネズエラゴールを襲うがゴールを割れず前半を折り返した。後半日本はDF伊野波に代えて、DF水本を投入する。しかし後半17分MF香川のパスミスからベネズエラはカウンターからFWフェドルにゴールを許して同点に追いつかれた。その後日本はMF本田、香川を中心にゴールを目指すも香川が決定的なシュートを外して勝ち越しゴールを奪えずそのまま終了し、日本はベネズエラ相手にドローで終わった。これでザックジャパンは最終予選へ向けた試合で思うような結果を出せず疑問の残る選手起用となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第3節日本対オーストラリア戦がブリスベーン・スタジアムで行われ、1対1でオーストラリアのパワープレーに苦しみながらもDF栗原の左足1本のクリア、体を張ったプレーで失点を許さず後半にオーストラリアの退場者でDF栗原のゴールで先制するもその直後CKでアジアの笛でPKを献上して決められるもその後最後までゴールを許さずライバルオーストラリアにドローで終わった。試合は前半からオーストラリアのパワープレーに苦しむもGK川島、DF栗原のクリアなどで体を張ったプレーで守ると日本も本田、香川を中心に攻撃を展開し再三ゴール前に迫るもGKシュウォーツァーのゴールを割れず前半を折り返した。後半日本は中盤をコンパクトにして対応し、後半10分にMFミリガンの退場で数的有利になると後半20分日本はショートコーナーからMF本田のクロスをDF栗原が押し込み日本が待望の先取点を上げた。しかし後半25分オーストラリアはCKからDF内田が不可解なファウルを取られPKを献上するとこれをMFウィルクシャーが決めて同点に追いつかれた。その後オーストラリアはパワープレー、日本はパスワークで攻めるも後半44分に日本はDF栗原が退場となり同数になるもGK川島が防ぎ、両チーム譲らず終了した。 これでザックジャパンはライバルオーストラリアとドローに終わったものの予定通りの勝ち点を上げて大一番だった3連戦を終えた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第2節日本対ヨルダン戦が埼玉スタジアム2002で行われ、6対0で日本がMF本田のハットトリック、FW前田、香川のゴール、途中出場のDF栗原の代表初ゴールで圧勝し2連勝でアウエーオーストラリアへ乗り込む。試合は前半から日本がサイドからチャンスを作り前半18分MF本田のCKをFW前田が決めて先制すると、前半21分にはMF遠藤のパスをMF本田が決めてリードを広げ、前半27分ヨルダンの選手が1人退場となり完全有利になると前半30分にMF岡崎のシュートのこぼれ球をMF本田が押し込み、前半35分にはDF内田のパスをMF香川が決めて前半だけで4点リードで折り返した。後半も日本がペースを握るもヨルダンのカウンターに一時押し込まれたが、後半8分FW前田がPKを獲得してこれをMF本田が確り決めて代表では初のハットトリックを達成しお役御免となった。そして試合は終了間際にDF栗原のヘッドで追加点を上げて日本が圧勝して2連勝で勝ち点を6に伸ばした。これでザックジャパンはホームで2連勝し、最大のライバルオーストラリアとアウエーで激突する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3日サッカーブラジルW杯アジア最終予選第1節日本対オマーン戦が埼玉スタジアム2002で行われ、3対0で日本がMF本田のゴールで先制すると、後半FW前田、岡崎のゴールで圧勝し幸先の良いスタートを切った。試合は前半から日本のペースで進み、前半12分DF長友のクロスをMF本田の豪快ボレーで決めて先制すると、その後は日本が完全に主導権を握り再三オマーンゴールを襲うがGKハブシのゴールをなかなか破れず前半を終了した。後半日本はさらに攻撃の手を強め後半6分にMF香川のクロスをFW前田が決めてリードを広げると、後半9分MF岡崎の泥臭いゴールで3点リードを奪うと警告を受けていた内田に代えてDF酒井宏樹を投入し再三精度の高いクロスを入れる。そして何度もゴールを狙ったがGKハブシの再三のセーブで惜しくもゴールはならなかったもののオマーンに対してシュート1本しか許さず日本が幸先の良いスタートを切った。これでザックジャパンはW杯出場へ幸先の良いスタートを切る事ができた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ日本対アイスランド戦が長居スタジアムで行われ、3対1で日本がFW前田、MF藤本、DF槙野のゴールで勝利し国内組のレベルアップの試合として幸先の良いスタートを切った。試合は前半開始早々2分にDF槙野のクロスからFW前田がヘッドを決めて先制すると、前半は日本がポゼッションを活かしてアイスランド終始圧倒しながら折り返した。後半アイスランドが攻勢を仕掛けてくると守勢に回る時間が多くなった日本だったが、後半9分MF中村憲剛のスルーパスにMF藤本がループシュートを決めて代表初ゴールの追加点を上げると、後半34分FKからDF槙野のグラウンダーのシュートを決めて代表初ゴールとなった。終了間際にDF槙野がPKを献上し失点したもののそのまま逃げ切り、ザックジャパンは2012年初戦を国内組だけで飾った。これでザックジャパンは国内組の底上げとなり6月の最終予選へ向けて戦力の底上げを図る。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

15日サッカーブラジルW杯アジア3次予選第5節北朝鮮対日本戦が金日成競技場が行われ、0対1で北朝鮮がホームの圧倒的な声援を受けてMFパク・ナムチョルのゴールを守り切り、ザックジャパンは主力を温存しながら1番安全な勝敗でザックジャパン発足後初の黒星となった。試合は異様なムードの中始まり、ホーム北朝鮮が圧倒的な声援を受けて攻め続ける。日本は香川、遠藤、内田、吉田ら主力を温存して控え組が入った事もありシステムが機能せず北朝鮮に押し込まれながらも前半は0対0で折り返した。後半日本は北朝鮮に押され続けて後半4分にFKからMFパク・ナムチョルのヘッドが決まって北朝鮮が先制すると、ザックはシステムを3−4−3に切り替えて攻めに転じるも北朝鮮の捨て身の守備で最後まで守り切られ、ザックジャパンは発足後初の黒星を屈した。これでザックジャパンは初黒星を屈したものの選手たちにとっては1番安全な結果に無事の帰国をするまで戦いは続く。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日サッカーブラジルW杯アジア3次予選第4節タジキスタン対日本戦がドゥシャンベ・セントラルスタジアムが行われ、4対0で日本がDF今野の代表初ゴール、MF岡崎の2ゴールで勝利し、ウズベキスタンが北朝鮮に勝利した事により2試合残して最終予選進出を決めた。試合は前半から芝が剥げたピッチに苦戦するも次第に順応し前半36分DF今野の代表初ゴールで先制するも前半は相手のシュートがポストを叩くなどアウエーの洗礼を受けた。後半日本はタジキスタンの守りに苦戦し、FWハーフナーに代えてFW前田を投入した直後の後半16分にMF岡崎のゴールで追加点を上げると、後半37分にはFW前田が個人技でゴールをこじ開け、後半ロスタイムにはMF岡崎の2ゴールで圧倒した。 これでザックジャパンは2試合を残して最終予選突破を決めて命がけのアウエー北朝鮮に乗り込む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日サッカー国際親善試合キリンカップ 日本対ペルー戦が東北電力ビックスワンで行われ、 0対0でそれぞれ決定的なチャンスがあったものの 活かす事ができずスコアレスドローに終わった。 今回は3年ぶりの代表戦観戦という事で試合を観て感じた事をレビューし ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
25日サッカーアジアカップ準決勝日本対韓国戦が カタール・アルガラファ競技場行われ、 2対2で延長戦でも決着がつかずPK戦に持ち込まれ、 PK戦でGK川島の2つのセーブで3対0で勝利し 2大会ぶりの決勝進出を果たした。 試合は前半から韓国の高さに対して日 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17日サッカーアジアカップ予選リーグ日本対シリア戦が アル・ラーヤン競技場行われ、 5対0で日本がFW前田の2ゴール、 MF岡崎のハットトリックで圧勝し1位で決勝リーグ進出を決めた。 試合は前半から日本が積極的に攻めて、 前半8分にMF遠藤のパスを飛び出 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6日Jリーグアウォーズ2010の表彰が行われ、 MVPには名古屋グランパスの楢崎正剛がGKとして初めて選ばれた。 楢崎正剛は今年全34試合に出場し、 攻撃的な名古屋にあって最後の砦を体を張って守り切り 名古屋初のリーグ優勝に貢献した。 ベストイレブンには ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
4日Jリーグ10最終節が行われ、 残留争いをしていた15位FC東京は アウエー京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で 17位京都サンガFCと対戦し、 16位ヴィッセル神戸はアウエーさいたまスタジアム2002で 9位浦和レッズと対戦し、 東京は0対2 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日Jリーグ10第33節1日目が行われ、 残留争いを繰り広げている試合は、 16位ヴィッセル神戸はホームホームズスタジアム神戸で 清水エスパルスと対戦し、 1対0でDF茂木のゴールで首の皮1枚繋ぎ最終節まで望みを繋いだ。 15位FC東京はホーム味の素ス ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
3日Jリーグ10ナビスコカップ決勝 ジュビロ磐田対サンフレッチェ広島戦が行われ、 5対3で延長戦まで戦いFW前田の同点ゴール、 延長後半試合を決めるダメ押しゴールで MVPを獲得しジュビロ磐田が 12年ぶり2度目のナビスコカップ優勝を果たした。 試合はこ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日サッカー国際親善試合韓国対日本戦がソウルW杯競技場で行われ、 0対0でスコアレスドローとなったが、 両チーム持ち味を発揮してザックジャパンの2試合を終えた。 試合は前半から両チームとも激しい攻防が続き、 前半14分にDF駒野が負傷退場するアクシデン ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ2010 日本対アルゼンチン戦がさいたまスタジアム2002で行われ、 1対0で日本がFW岡崎のゴールを守り切り 世界最高峰メッシに最後までゴールを許さず勝利し ザックジャパン初戦を白星で飾った。 試合は立ち上 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
17日サッカー東アジア選手権日本対北朝鮮の試合が中国重慶オリンピックスポーツセンターで行われ、1対1でドローに終わった。試合は序盤から北朝鮮の攻勢に苦しみ、前半6分に川崎で活躍するFW鄭大世に決められ先制を許す苦しい展開、その後は日本が中盤を支配するものの北朝鮮のカウンターにも苦しみ前半は思うように攻めれず終了する。後半になっても北朝鮮のカウンターにあい、日本は人数を掛けて攻めるも、攻撃がサイドからのクロスの単調な攻めでシュートを思うように打てない。ようやく動いたのは後半24分に途中交代のDF安田のクロスがGKが弾いたところに途中交代のFW前田のゴールで同点に追いついた。しかしその後は多数のCKのチャンスを活かせずドローで初戦を終えた。日本は攻めのバリュエーション不足とワンボランチの是非が問われる試合になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17日サッカー国際親善試合AFCアジア・アフリカチャレンジカップ日本対エジプトの試合が長居スタジアムで行われ、4対1で日本が大久保の代表初ゴールなどFW3得点でアフリカ王者エジプトに快勝し今年の戦いを締めくくった。試合は前半から日本ペースで進み、前半21分にFW大久保のミドルシュートで先制すると、前半終了間際の42分にまたのFW大久保が決めて2点のリードで終える。後半になっても日本ペースで進み後半8分FW前田のゴールで3点のリードをするが、後半14分にFKを与えてしまいFWファドルのゴールで1点を返されたが、後半23分オーバーラップしたDF加地のゴールで大量リードした。結局このまま試合が終了しオシムジャパンの2007年の戦いは終了し来年のアジア3次予選へ弾みをつけた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ