オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:冨浦智嗣

3
大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後白河法皇は前代未聞という出来事に2つ返事で引き受けて宋の使者と出会う事を承諾する。その為の貢物として奥州藤原氏に官位を与えるように重盛に働きかけて官位を与え、そこから金などの財宝を宋の使者に土産として渡してこれにより宋との貿易は本格化しつつあった。しかしそれを快く思わない摂政藤原基房はその報復として重盛の子を侮辱するという行為に出るも順序を重んじる重盛は礼儀に欠けた方が悪いと訴えに出ない。それを聞いた清盛は時忠に然るべき手段を委ね、時忠は藤原基房を襲って震え上がらせる。それにより重盛は清盛の力に及ばない事に重い重圧をさらに背負う事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第36話は福原に移り、重盛に棟梁の座を譲った清盛は福原で着実に都づくりに励んでいた。その頃京では後白河上皇は法皇となりその事で比叡山延暦寺は怒りを買い、尾張で役人が寺社と衝突する事件を口実に処分を求め強訴してきた。これに対して後白河法皇は側近の成親を守るために重盛に退けるように命じるが、重盛は清盛から絶対に兵を動かすなと告げられており、重盛は頑なに兵を動かす事はなかった。しかし経子の兄に当たる成親を見捨てる事になり重盛は苦悩する。それを見かねた後白河法皇は時忠を処分しようとするが、今度はそれを知った清盛が六波羅に兵を集めさせて待機させるが、そこに清盛が現れ兵を鍛錬するために集めている。わしはこれから比叡山へ向かうと告げて後白河法皇は何も言えなくなり清盛の兵力の力を思い知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
9大河ドラマ「平清盛」第35話は清盛が出家して棟梁の座を重盛に任せて自らは福原へ隠居する事を表明した。清盛の狙いは港に近い場所で日宋貿易をすることだった。そんな中で後白河上皇はその動きを警戒し滋子との子である高倉天皇を即位させその権力の威信を示すのだった。そんな中で頼朝はまだ未来が見えない中にあったがある女性との出会いが大きく変えていく事となる。そしてその中で頼盛は官職を辞任した事に対して気に留めた清盛は頼盛を呼び出し清盛が描く武士の世とは武士が自ら貿易を掌握して世の中を動かしていく政治である事を告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第34話は清盛が突然倒れたという知らせは京に止まらず全国に広まった。強大な財と武力を持つ平家の棟梁清盛が倒れたという知らせは大きな動揺が走った。その頃清盛は苦しみながら生まれる前の自分と白河法皇の過去の幻想を夢見ていた。そこで白河法皇は同じ高見に登ればわかると清盛に告げるのだった。一方頼朝は抜け殻の状況から抜け出せずにいたが北条政子との出会いで運命が変わっていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第33話は清盛は太政大臣を辞してのち50歳を迎えようとしていた。この頃の平家は莫大な財と武力で朝廷で大きな勢力となっており、清盛の存在は非常に大きいものとなっていた。そんな清盛の50歳を祝おうと盛大なる宴を模様されて、久しぶりに常盤御前が挨拶に来るなどこれまであまり会った事のない人との対面もあった。そんな中で藤原基房と兼実が現れ舞と歌をそれぞれ競うように披露するが、既に平家にも貴族の作法を取得しており全く遜色ない舞と歌を披露した。そして清盛は盛大な舞を披露したが数日後清盛が突然倒れるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第32話は清盛は大納言に昇進したが、なかなか権力を掌握するまでに至らなかった。そんな中頼朝は伊豆で八重姫との間に子ができて喜んでいた。そんな中で清盛は後ろ盾となっていた基実が突然急死して権力の後ろ盾を失うが、そこで清盛は後白河上皇の正室滋子の計らいで後白河上皇の子の後ろ盾になる事を薦められた。そして清盛は内大臣に昇進し更なる出世の為に五節の会を模様すがそこで舞姫が排除されて困ったところに突然乙前が現れ窮地を脱し、清盛は太政大臣に昇進し、100日後一族を昇進させるだけ昇進させ太政大臣を辞任した。その事頼朝は伊豆で八重姫と生まれた子と幸せに暮らしていたが、それを知った八重姫の父祐親が生まれた子を殺し頼朝は自らの子を殺されてしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第31話は伊豆に流された頼朝は幽閉生活から5年の月日を経ていた。この時の頼朝は清盛の政治を遠くから眺めている事しかできなかった。一方清盛は朝廷の中でさらに権力を強め、後白河上皇にも蓮華王院を献上するなど周りの気配りを怠らずに力を強めていた。その狙いは博多の港を播磨付近に入港できるように建設するためだった。しかしそんな中で二条天皇が崩御して崩御前に二条天皇の子順仁が六条帝として即位する。それにより清盛は大納言に昇進する。葬儀が行われていた中後白河上皇が弔問に訪れるが、それを清盛が毅然とした態度で追い返し、後白河上皇との対立がより鮮明になり、清盛は朝廷での権力をさらに強めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第30話は讃岐に島流しにされていた崇徳上皇はこれまでの行いを詫びようと後白河上皇に写経をしたためた。しかし後白河上皇はその写経を受け取らず送り返すのだった。その頃滋子に憲仁親王が生まれた事で時忠が憲仁親王を次の帝にと画策するが、それが二条天皇が知り激怒し、清盛は時忠を解官させ出雲に島流しにした。そんな中清盛は崇徳上皇の写経の事を知り、崇徳上皇の子である重仁の突然の死で崇徳上皇が怨霊となっているという話を聞き、崇徳上皇の怨霊を収めるとともにこれまで亡くなった者たちの供養をしようと一門で経典を嚴島神社に納める事にした。そして厳島へ行く途中嵐に遭いながら清盛は嚴島神社に一門で経典を収めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第29話は清盛はついに公卿の座についた。これにより平家一門は殆どの者が出世し公家として朝廷への勢いを増す事となった。それに伴ってこれまで平家を支えてきた家貞がそれを見届けるように亡くなり、朝廷でも美福門院が亡くなった。そして後白河上皇は二条天皇からの政から遠ざけられて清盛は宋貿易を中心にその発言力は増すばかりだった。そんな中清盛は二条天皇との婚礼を思案し、滋子を二条天皇の正室にすることを考えるが、滋子はこの命を断る。断った滋子はそんな中で後白河上皇と初めて対面し、そこで滋子は後白河上皇に物怖じしない発言で後白河上皇は気に入る。そんな数か月後滋子が突然後白河上皇の子を身ごもり、清盛はそれを聞いて後白河上皇の親戚になる事にガッカリするのだった。後戻りできなくなった清盛は仕方なく婚礼を受諾するが、今度は滋子が拒否する。それに落ち込んだ後白河上皇の機嫌を考慮し、清盛は大胆な婚礼を準備し婚礼を渋々成立させたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ