「日輪の遺産」は浅田次郎の長編小説を映画化した作品で、終戦直前の日本を舞台に終戦宣言する前に軍部が多額の財産を極秘に隠そうとし、その作業を遂行する少佐たちと20人の少女が敗戦直前から戦後にかけて日本の遺産を守ろうとしたストーリーである。今に時価にすると200兆円の遺産を極秘に隠したというストーリーとそれを知らずに任務を遂行した少佐と兵士、女学生たちの運命が描かれており、最後までその遺産を守り、そして秘密裏にした事実が60数年の月日を経て明かされていく。 ... もっと読む