オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:光石研

3
24日スタートのドラマ「金田一少年の事件簿」を視聴した。 このドラマは漫画「金田一少年の事件簿」を実写化した作品で初代から数えて今回が5代目の金田一一と5代目の七瀬美雪が遭遇する事件解決の推理で犯人を暴いていくストーリーである。 初代の初回放送から27年の月日 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
4月1日公開の映画「やがて海へと届く」を観賞した。 この映画は彩瀬まるの原作を実写化した作品で大学時代に出会った親友が社会人となって数年後に行方不明になり行方不明のまま死亡扱いとなった事で喪失感を抱える親友がどんな人だったのかを振り返っていくストーリーであ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8月28日公開の映画「青くて痛くて脆い」を観賞した。 この映画は住野よる原作の作品を映画化したもので、大学生になり出会った彼女とあるサークルを作るが次第に意見が食い違った事により彼女に復讐していくストーリーである。 全ては1つの出会いから崩れていく事になるが ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6月8日公開の映画「羊と鋼の森」を観賞した。 この作品はピアノの調律師になった青年が苦悩しながらもピアノと向き合っていくストーリーである。ピアノの音は絶対音感を持っていないとなかなか難しい仕事だけにその音の調整の難しさを知る。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月7日公開の映画「アウトレイジ 最終章」(R15+指定)を観賞した。 この映画はアウトレイジシリーズの最終章となる作品で、抗争で再び首を突っ込む事になった大友が暴走しつつも義理を通していくストーリーである。 アウトレイジシリーズでも数多くの死者を出す事にな ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
7月15日公開の映画「彼女の人生は間違いじゃない」を観賞した。 この映画は東日本大震災による福島第一原発事故で住む場所を失った家族の5年を経過した中で戻る場所のない人たちがこれからどう歩んでいくべきなのかを苦悩する姿が描かれたストーリーである。 東日本大 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「オケ老人!」は教師の仕事をしている女性がかつてオーケストラをやりたいという気持ちになり入団した交響楽団が老人ばかりの交響楽団に間違って入ってしまった事から次々と奇想天外な展開になるも次第に1つになっていくストーリーである。交響楽団として体を成すには1つにならなければならない事を示されているし、目標を持ってやる事と何かの為にやる事が必要だと知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「無伴奏」は学生運動が盛んだった昭和40年代前後を舞台に女子高生だった少女が学生運動に参加しながら大人の階段を昇っていくストーリーである。この時代のエネルギッシュな学生たちの背景の中で抑え切れない気持ちがぶつかるもその結末の先にはまさかの展開が待っていた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「夏美のホタル」は写真家を目指している女性が恋人との関係などに悩み、ひと夏を父親と過ごした田舎であの日見たホタルを求めて暮らしそこで出会った人たちを通じて父親の存在の意味を知っていくストーリーである。誰にも父親が存在して自分がいる。その父親との記憶が自分の原点であり、父親は子供に何を託そうとしたのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「天空の蜂」は1995年を舞台に当時の最新自衛隊ヘリがテロリストに奪われて原発の上空で大量の爆薬を積んだ自衛隊ヘリが子供を人質に全原発の停止及び破棄を突き付けてくるが、それを阻止すべく立ち向かっていくストーリーである。作品発表時はこんな事は起きないと映像化される事はなかったが、福島第一原発事故後その考えは変わり改めて原発を守る事、そして原発と向き合うことの難しさを過去から未来への警告と捉えるべき作品となっている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ジョーカー・ゲーム」は戦前の日本を舞台にスパイに身を投じた男がある任務の為に中国に潜入しそこで機密文章を奪うためにギリギリの可能性の中で繰り広げられる駆け引きを描いたスパイストーリーである。わずかな可能性でも任務を遂行するためならどんな手段でも命を捨てずに相手を殺さずに任務を遂行する難しさが描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「ガッチャマン」は1972年〜1974年に放送された科学忍者隊ガッチャマンの実写版で謎の侵略者にわずか17日間で世界の半分を壊滅状態に追い込まれた人類は最後の望みとして不思議な石の適合者を集めて世界から集められた適合者を兵器として養成してガッチャマンとして謎の侵略者と戦うストーリーである。ガッチャマンを知る世代となると今の40代以上になるのだろうけれど、知らない世代から観るとストーリーの内容もそうだけれどどういう視点で観て良いのか少し困惑するかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「LOVE まさお君が行く!」は2000年からテレビ東京系で放送されていた長寿番組「ペット大集合!ポチたま」の人気コーナー「まさお君が行く!ポチたまペットの旅」の実話を映画化した作品で、売れない芸人松本くんが1番ギャラの安い動物ドジ犬まさお君のおバカコンビが番組を通じて騒動を起こしていくものの、その光景が次第に反響を呼び愛されるようになり2人の絆も深まっていくストーリーである。実話を元に制作された映画だけれど、元々はギャラが安いところから始まっており、元々ヒットするとは思っていなかった番組が反響を呼んだ事で映画化され、松本くんとまさお君の行く先で起きる騒動に笑い、最後には涙を誘う展開に思わず涙せずにはいられなくなるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「ヒミズ」は古谷実原作の「ヒミズ」を映画化し第68回ヴェネツィア国際映画祭にて出演した染谷将太さんと二階堂ふみさんが新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した作品で東日本大震災後を舞台に15歳の少年が普通の生活を夢見るも父親のDV、母親の駆け落ちにより天涯孤独な身になりある事件を起こすも、1人の少女とのふれあいでこれからの人生について考え、そして希望を持って生きて行く事に気づかされるストーリーである。東日本大震災で全てを失った人たちの絶望の中で家庭に恵まれない少年、少女が出会った事で1つの夢と希望を見つけて再びやり直しを近い未来を託していく姿には絶望の中でも必要とする事、できる事をさらに考えさせられる事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
「カイジ2 人生奪回ゲーム」は2009年に公開された「カイジ」の続編で再び借金をしたカイジがかつてカジノで亡くした娘とカジノで対決したボスと結託して再び借金をカジノで返済するストーリーである。さすがに計画的な使い方ができないカイジらしいストーリーで最後は更なるいかさまの数々に心理戦というよりも物理戦という感じだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ