オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:優香

5
3月15日公開の映画「君は月夜に光り輝く」を観賞した。この映画は佐野徹夜原作による作品で発光病という余命0の女子高校生の願いを聞く事になった男子高校生が1つ1つ願いを叶えていくラブストーリーである。 余命僅かの中で何を叶え何を伝えられるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「臨床犯罪学者 火村英生の推理」は臨床犯罪学者火村英生と推理小説家有栖川有栖がコンビを組んで数多くの難事件を解決していくストーリーある。人を殺してみたい臨床犯罪学者火村英生とその歯止め役の有栖川有栖の前にどんな難事件待ち受けているのか見どころだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「人生の約束 」は共に会社を立ち上げながら意見の食い違いから会社を去った友人が突然亡くなった事で亡くなった友人の故郷を訪れた男がそこで友人がやろうとしていた事を知りその約束を果たそうとするストーリーである。今年最初の作品としてこれから直面する過疎化問題を踏まえながらそれぞれ約束を果たす事に意味を問う事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第48話は美和が粘り強く言い続けた女性たちの学び場ができた事で女性たちも色々学ぶ意欲が増してきた。これによって女学校の設立も決まり群馬でも女性教育が活発化し始めたが政府が富岡製糸場が赤字の為に閉鎖する事を決定する。ようやく順調に輸出が軌道に乗ったところで群馬の人々は動揺するが素彦は嘆願書を書き、女性たちが署名して政府に提出し富岡製糸場の存続が決まった。そして美和は素彦との再婚話が持ち込まれたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第47話は美和が東京の姉寿の見舞いに訪れた。寿の容態が悪く余命わずかと悟った美和は再び素彦の下に戻る。そんな中生糸の相場が暴落して素彦はアメリカの商人との取引をすることを決意する。そして取引は成功し、大量の注文が入り忙しくなるがそんな中で今度は生糸の相場が高騰しこの取引を中断するように阿久沢は告げるも、これから先の信用を大事にする事を素彦は伝えて素彦はこの取引を継続する事にした。そんな中寿の容態が悪化して素彦が駆けつけるも寿は亡くなり、寿は手紙に美和と再婚するように遺言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第46話は美和と素彦は旅館で足止めをされた。そのころ素彦が進めていた生糸の共同施設が不満を持った仲介人たちの仕業とわかりショックを受けるが、素彦は美和と共に旅館で宿泊した事が逆に問題視される。噂は瞬く間に広がり素彦も美和も立場を悪くするが、やましい事は何もないとこれまで通り毅然とした態度を続ける。そんな中西南戦争で囚人を各地で受け入れる事となり、更生の為に受け入れ先を求めるもなかなか理解を得られない。そんな中美和もまた各家を回って交渉する姿を見たせいが美和の信念ある行動に心を打たれてせいも交渉した事で受け入れ先は確保した。そして素彦は囚人たちにこれからの未来はここから作っていく事を強く訴えて職員たちの心を掴んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第45話は美和は生糸の製造を習い始めたが、そんな折生糸の相場が暴落する事態が起きたい。暴落の理由が粗悪品が混じった事で安定した品質を確保できない事が問題だった。それを解決しようと向き合う素彦はこれまでの常識を疑う農業方法を行う船津伝次平と出会いこれまでに常識に捉われない改革に取り掛かる。しかしこれまでやってきたやり方が無くなる事で反発する者たちが続出して素彦は自ら何度も説得し続けたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第44話は群馬に教育を根付かせようと素彦と美和は奔走するもなかなか理解を得られない。素彦は群馬の実態を知るべく自らの足で群馬各地を回ったら学校が近くになく子供たちがいく事ができないという実態が浮き彫りになった。その為に素彦は近くに学校を新設する事によって対処しようとした。一方美和もまたせいを何度も訪ねて根気強く説得に当たる。そんな中1人の女が旦那の借金を繰り返すため字を読めない借用書を書かされ、それでは何も変わらないと美和が強く言った事がキッカケでせいは美和の教育を認めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第43話は前原が萩で反乱を起こして美和は萩へ戻るが素彦は寿の具合が悪く東京へ向かった。しかし萩の乱はわずか10日で鎮圧され、前原は処刑され、叔父の玉木文之進は切腹した。止められなかった美和と素彦は悲しみの中再び群馬の混乱に身を投じていくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
「ギャラクシー街道」は三谷幸喜最新作品で西暦2265年の宇宙のギャラクシー街道を舞台に全員宇宙人という設定である日常の出来事を描いていくストーリーである。コントとしては面白いかもしれないけれど、ストーリーの意図となると果たしてどうなんだろう?という作品になるかもしれない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第42話は群馬に赴任して早々素彦らはよそ者の洗礼を受ける。県令就任早々この土地の難しさを痛感した素彦だったが、美和も同様の仕打ちを受けていた。そんな中素彦は生糸をアメリカで会社を作って売りたいという者と出会いその気持ちはかつて松陰が抱いた気持ちそのものだった。しかし説得には県庁を実質的に仕切る阿久沢権蔵を説得する必要があった。素彦は説得に向けて訪れるがそこに美和も訪れ共に説得して県からの支援を了承してもらえる事を約束された。一方美和の元には敏三郎の危篤の知らせを受けたが敏三郎は死去し、その思いを松陰の刀と共にアメリカへ向かう新井領一郎に託したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第41話は前原ら新政府に不満を持つ士族が集まり反乱を起こそうとしていた。それを知った美和たちは血相を変えるが、そこで更に寅次郎らも関わっていることを知り更に不安を覚える。そんな中素彦の前に木戸が訪れ、素彦に群馬県令になってほしいと引き受けるように説得するが素彦は1度断る。しかし村人がその事を知り素彦に群馬県令になって国の為に尽くしてほしいと頼まれた素彦は群馬県令になる事を決意する。しかし妻の寿の具合が悪く寿は美和に一緒についてきてほしいと頼まれ、美和は寿と共に未知の地群馬へ旅立ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第40話は突然美和のもとに玄瑞の忘れ形見の子・秀次郎が辰路から引き取ってきていた。素彦の依頼で探していたがようやく見つかって辰路が渡したのだった。秀次郎を引き取り育てる決意をした美和だったが秀次郎のやんちゃぶりに手を焼く。それでも次第に字を覚え、礼儀も覚えてきた秀次郎だったが、そんなある日辰路が秀次郎の様子を見に来た。それを見かけた美和は話しかけるが自ら働くために手放したと告げる。しかし美和は今必要なのは自分よりも辰路であると感じ辰路に秀次郎を返す事にしたのだった。そして日本は再び内乱が起きようとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第39話は敬親が死去して中央政府の廃藩置県により長州藩の億御殿は閉じられる事となった。それにより美和は萩に戻り銀姫と別れを告げて隠居した素彦と共に新しい生活を始める。しかし過去の政の影響により素彦を快く思わない人も多かった。しかし常に人々の身分問わず助け合いながらという姿勢を導いてきた事で次第に理解を得られる。一方美和は京にいると思われた玄瑞の子供が突然現れて困惑するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第27話は玄瑞らは朝廷に嘆願書を届ける為に御所へ攻め入った。しかし御所を固める会津、薩摩の大軍の前に尽く討ち取られる。玄瑞らは何とか鷹司邸に辿り着くも嘆願書は突き返され玄瑞の行動は全て意味を成さなくなった。そしてその責任を取り玄瑞は自害してこの戦いは長州の大敗に終わり長州は朝敵として追討令が発せられたのだった。文は玄瑞の死によりお家は断絶となり行き場を失ったが、文は毛利家の奥へ入る事を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第26話は長州藩の復権を掛けて京へ向かった玄瑞たちだったが、情勢はさらに悪化していた。その頃文は新居を探していたが玄瑞の行動で長州藩がピンチである事を理由に貸してくれない。しかし文は反論して対抗する。一方長州藩は伊之助が長崎で外国艦隊が下関に向かっている事を知り、長州藩の存亡が掛かった状況だった。そんな状況の中玄瑞は決断を迫られたが既に進撃する意見を止める事ができず玄瑞は死を覚悟して出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第25話は晋作が脱藩の罪で投獄された。その責任として伊之助が長崎に左遷されたが、そこで伊之助はグラバーと武器の交渉をしていた。そんな中京では薩摩藩が会津藩と仲違いした事を知った長州藩はこの機会はチャンスと名誉挽回に動こうとするがそんな動きを察知した新撰組が池田屋を襲撃して多くの藩士を失う結果となった。事件を知った玄瑞は同志の暴走を抑えながらも仇を討たんと京へ出陣したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第24話は京を追われた長州藩ここから進発派と割拠派に割れた。ここで京で戦すれば長州藩は朝敵となるだけに身長になるのも無理はなかった。そんな中で玄瑞から伊之助の次男久米次郎を養子に迎えたいと申し出る。これに文も当初は困惑したが、玄瑞の強い決意に次第に不退転の気持ちの表れだという事を知る。そんな中玄瑞は再び京へ向かう事を決めるが、今京に行けば討たれる事を意味していた。そして玄瑞は文に何も言わず京へ旅立ったが、その直後晋作も旅立った事で晋作は脱藩扱いになりその責任を伊之助が取る事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第23話は玄瑞が京で攘夷実行を行おうと京に潜伏していたが会津、薩摩の策略により長州は三条実美と共に京を追われてしまった。一方長州では奇兵隊の強化と防御を整えるための準備に追われていた。そんな中文は玄瑞から京の芸子辰路と関係を持った事を告げられ動揺したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第22話は玄瑞が攘夷を決行するも翌月にはアメリカ・フランス艦隊の報復攻撃になす術なく敗れた。その結果を顧みて晋作が奇兵隊の結成を申し出てそれが許可され、ここに奇兵隊が結成される。身分関係なく志ある者は集まるようにという通達に志ある者たちが集まり出した。しかし玄瑞は晋作のやり方と合わず対立する。一方萩では文たちが人手不足から女たちも作業しようと申し出て前代未聞の女たちによる作業が行われた。それを知り武家の奥方たちも賛同しここに一致団結して長州藩は1つに成ろうとしていたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第21話は寅次郎の名誉は回復され吉田家は再興された。その頃京では攘夷へ向けて動く久坂玄瑞らの行動について行けなくなった晋作が突然出家してしまう。それでも玄瑞は攘夷運動へ突き進む。一方芸者に熱を上げている事を聞かされた文は真意を玄瑞に確かめる為に異国船を撃ち払う準備をしていた玄瑞に会いに行くシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第20話は久坂の直談判で長州藩は攘夷へと舵を切る事にした。藩を纏める為に伊之助が奔走し、藩士らを説得して藩を1つに纏めた。一方久坂は京で芸子の辰路と出会い京での情報収集の協力を得る事に成功する。一方文は萩で松陰の除名解除を伊之助を通じて訴え、除名が解除され、名誉回復に成功し、松陰の教えを広め始めた。そして久坂らは江戸で攘夷への狼煙を上げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第19話は外国との交易が始まった事で物価が高騰していた。そんな中で松陰の弟子たちは何もできないもどかしさにあった。そんな中で晋作に藩命により上海へ行く事になり上海へ行ける事になった事に対して玄瑞らは面白くない。そんな中で亀太郎が1人で京で幕府の役人を切りかかり命を落とす。それを知った玄瑞は伊之助に頼み込み藩に幕府を獲るのか?これからの時代を見据える者たちを獲るのか?と尋ねたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第18話は松陰が処刑され数か月が過ぎた頃桜田門外で大老井伊直弼が暗殺され幕府の権威は大きく失墜する事になった。そんな中松陰を失いこの先の道しるべが見えなくなっていた久坂らはまず松下村塾を再開するもそれは以前のような塾とは異なっていた。そんな中久坂の書状を受け取りに訪れた坂本龍馬が現れ、松陰が残した教えを読み学んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第17話は松陰が江戸に送られその動向を晋作に探らしていた。松陰は最初の取り調べで老中真部に直訴しようとしていた事を話すと状況が一変し、大老井伊直弼がさらに取調べをするように差し向けると2度目の取り調べで直弼本人が登場しその場で松陰は直弼との方針の違いがぶつかり合う。その結果直弼はこのまま活かす訳にはないと判断し直弼は松陰処刑を決断する。そして松陰は弟子たちに想いを書き残して死罪になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第16は松陰に対して幕府から召喚状が届きついに松陰にとって最期の時を迎えようとしていた。1度送られたら二度と戻る事ができないだけに家族で最後の食卓をできないものかと伊之助に相談するが難色を示す。しかし文らの熱意を理解し1日だけ帰宅が許される事になった。そして松陰は最後の食卓で家族に別れを告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第15話は安政の大獄を実行に移した井伊直弼はその刃を松陰へ向けようとしており、その証拠を探し始めた。それを察知した桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞らはうかつには動けないと今は動かない事を決める。しかし松陰は納得せず動くように手紙で伝えるも、これ以上は藩の存亡にかかわるような事態と判断した伊之助が手紙を一切止めるようにする。しかし塾生だったもの達が松陰の志に動かされようとしていた。しかし文らは松陰の暴走を止めようとするも、松陰は死して志を継ぐ者がいると語り松陰は死を覚悟したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第12話は文と玄瑞は婚礼を行ったが、そこで晋作がかつて玄瑞が文について語った事を暴露した事で気まずいまま夫婦生活がスタートした。そんな中でお互いに素直になれない中で玄瑞が江戸へ留学が認められる事となるも、文は玄瑞から突然離縁を申し出て困惑する文は自ら議論を申し出て玄瑞に私はあなたについていく志を決めましたと告げて文は玄瑞についていく事を宣言したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第9話は寅次郎の元には久坂ら多くの若者たちが集まり始めていた。そんな中で突然高杉晋作が現れ、詰まらないと言いながらこの塾の議論を聴いていると、寅次郎が久坂の方が晋作よりもいい句を読んだと話した事で晋作にとって今までにない刺激を感じる。そんな中で晋作は名家出身という事もあり出世を約束されていた。そんな中文の弟敏三郎が晋作に連れられて何処かへ行っている事を知り、追いかけると敏三郎はこれまで文に打ち明けなかった想いを晋作に打ち明けていた事に文は驚きとショックを受けた。しかし敏三郎が自らの志を示した事で文は理解を示し、晋作もまた寅次郎の語った志を探すために寅次郎の塾に入門するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日大河ドラマ「花燃ゆ」第8話は出獄した寅次郎は自宅で謹慎の身となった。文はそんな寅次郎の為に塾を開く事を提案し、塾生を集めようとするが囚人だった寅次郎を敬遠する動きばかりだった。そんな中文はかつて黒船を見に行った久坂玄瑞から手紙が届く。それをキッカケに文は久坂玄瑞に手紙を届けるようになるが、その中で寅次郎は久坂玄瑞を挑発する。その意図が解らない文は謝罪文を書くように促すが応じる気配はない。そして文は久坂玄瑞を直接寅次郎と対面させるために連れてこようとするがそこで文は久坂玄瑞の禁句を話し、それに怒った久坂玄瑞は寅次郎のところへ殴り込むが、そこで寅次郎は久坂玄瑞の志を賞賛し、自らこの場を語り合う場にしようと説得して久坂玄瑞は翻意し寅次郎は塾を開設したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ