オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:佐藤浩市

5
3月26日公開の映画「騙し絵の牙」を観賞した。 この作品は出版社にヘッドハンティングされてきた編集者が雑誌再建のために様々な企画を次々と打ち出すが、その狙いは別にある事が明らかになっていくストーリーである。 最終的に誰を騙す為に編集者はここに来る事になったの ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2019年もいよいよ2日あまりとなってしまいました。 今年も年間総括の時を迎えました。今年で14回目となる年間総括という事でこれだけ長い間続けられた事は本当に継続は力なりという事でもあります。 今年は42作品鑑賞と13年連続40本以上鑑賞までペースが落ちてしまい ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10月18日公開の映画「楽園」を観賞した。 この映画は容疑者として疑われる青年とその事件で友人を失った少女がある事から出会うもその先にみるのは数奇な運命のストーリーである。 事件の真相に近づこうとするときもう1つの事件とも向き合う事になる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9月13日公開の映画「記憶にございません!」を観賞した。 この作品は内閣支持率史上最低の総理が記憶喪失となった事で繰り広げられるコメディストーリーである。 この日本はこのような史上最低の総理で本当に大丈夫なのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
6月21日公開の映画「ザ・ファブル」を観賞した。 この映画は伝説的な殺し屋が1年間誰も殺さず生きろというボスの命令を受けて1年間パートナーと共に大阪で生活するが、その先で出会った女性がトラブルに巻き込まれて救出に向かうストーリーである。 伝説的な殺し屋だけに例 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
5月24日公開の映画「空母いぶき」を観賞した。この映画はかわぐちかいじ原作の漫画を実写化した作品で架空の軍事国が日本の領海に侵入して島を占拠し奪還の為に日本の空母が向かうというストーリーである。 国を守るという事はどういう事なのかをよく考える作品になるだろう ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
2018年12月28日公開の映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を観賞した。 この映画は筋ジストロフィーと診断された鹿野靖明さんが病院での介護ではなく自立した介護を目指しボランティアによる介護をしてもらう日々が描かれた実話のストーリーである。まだボランティ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5月25日公開の映画「友罪」を観賞した。この作品は少年時代に犯した犯罪を背負う青年を追ったジャーナリストがその青年と接する事で青年の今を知ろうとするストーリーである。 少年法により更生された後の少年のその後を生きる事がどれだけ大変なのかを知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
3月10日公開の映画「北の桜守」を観賞した。 この映画は吉永小百合通算200本目の映画出演作品で、北の3部作の完結編となる作品で、戦後樺太から北海道に逃げてきた親子が命からがら生き延び、大人になった息子の成功を受けても変わる事のない母の愛情を描いたストーリーであ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「花戦さ」は戦国時代に生け花の華道で信長、秀吉と渡り合った花僧が花を武器に戦いに挑んでいく姿を描いたストーリーである。戦国時代において茶道、華道は大名のたしなみとされた時代に茶道の千利休、華道の池坊家はこの時代において茶と花だけで互角に渡り合った姿が描かれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いていくことになる。果たして真犯人は誰だったのだろうか?そして真犯人にどうやってたどり着いたのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「64-ロクヨン-前編」は1989年1月1日〜7日のわずか7日間に起きた昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こうとするストーリーである。この事件の真実に果たして辿り着く事ができるのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「アンフェア the end」は2006年1月期に連続ドラマで放送されたアンフェアの劇場版で今回は最終章となる。警察の悪事に関わる極秘情報を手に入れた雪平がある事件でその決定的証拠を手に入れる事になり、その証拠の中に雪平の父を殺した犯人がわかるストーリーである。最後の最後までアンフェアな展開が続き雪平は最後に信じられるのは果たして自分ただけなのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
映画「HERO」はドラマ「HERO」のシーズン2のその後を描いた作品で劇場版は8年ぶりとなる。交通事故による死亡事件を聴取していた久利生が大使館という国境の先に事件のカギがあると治外法権を超えようと奮闘し事件の真相に迫っていくストーリーである。久利生の真実を求める姿勢は最後には必ずこれで良かったという結論に達する事だろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「愛を積むひと」は町工場を廃業して第2の人生を北海道で送る事にした夫婦が突然妻が亡くなってその後の事とこれまでの事を振り返るストーリーである。老後の人生どう過ごすか?という点では色々と考える人は多いと思うけれど、1番大変なのはどちらかが亡くなった後なのだという事をさらに考えさせられる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「バンクーバーの朝日」は戦前のカナダバンクーバーに実在した野球チームバンクーバー朝日の実話のストーリーである。戦前のカナダバンクーバーで差別に苦しみながらも野球を通じて戦う姿は今のスモールベースボールに繋がるし、こういう歴史は絶対に忘れてはならない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「幕末高校生」は現代の日本史教師と生徒たちがひょんな事から幕末にタイムスリップしてしまいそこで江戸無血開城直前の勝海舟と出会い、実際の人物と異なる事に戸惑いながらも歴史を戻そうとするストーリーである。歴史を変えるという事はその後の歴史も変わるというストーリーにどこまで歴史に関われば変わり関わらなければ変わらないのかを感じて行く事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」新春スペシャルは2012年4月クールで放送された連続ドラマ「鍵のかかった部屋」のスペシャル版で榎本が消えてから半年後に芹沢と純子はある証券会社会長が撲殺される事件が起きて、その事件は密室事件だった。しかしその事件のさなか今度は清掃密室事件が起きて、そこで純子は半年ぶりに榎本と再会し、榎本に証券会社会長の密室事件の協力をお願いするも榎本はそこで清掃密室事件をアッサリ解いてしまい、そして証券会社会長の密室殺人事件に絡んでいる事を知る。その先に辿り着いたのは芸術を金にされた金で芸術を捜査していた密室事件だった。その事件に果たして何を見たのだろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「人類資金」は終戦直前に日本軍が保有していた多額の金銀が戦後の復興に使われたM資金を巡る事件を巡り多くの人が人生を左右されていくストーリーである。M資金という言葉そのものが今の時代忘れされれているが、この資金があったから今がある事も念頭に置いておかなければならないだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州会議が舞台のストーリーである。織田信長の後継者として羽柴秀吉が選ばれるまでの駆け引きはまさに戦模様である事を見届けるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「許されざる者」(PG12指定)は1992年に全米で公開された許されざる者の日本版によるリメーク作品で、開拓地時代の北海道の蝦夷で暮らすかつて幕府軍切っての殺し屋だった男がある依頼により再び刀を握って人斬りに向かうストーリーである。数多くの人を斬った者は何処へ行っても許されないのだろうが、その中で許されない中で頼られた依頼を受けて向かっていく姿には許されざる者の覚悟を見る事となるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の兵500と農民だけで守り抜いたその攻防戦は地の利並びに城主の民衆を引き付ける人間性が無ければ成し得なかっただけに、人徳の大事さを知る事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「あなたへ」は高倉健6年ぶりの新作映画で亡くなった妻から生前したためた1通の手紙が届き、手紙を預けられている手紙と散骨のために富山から長崎の平戸へ向かいながら妻との日々とそれぞれの出会いを通じて妻が伝えたかった言葉を知ろうとするストーリーである。最愛の妻を亡くし、生き続ける意味を問われる中で生き続けていく事に対して妻は何を告げたかっただろうか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」最終話は密室を解こうとした矢先に榎本が警察に連行された。榎本が連行されてしまった事で事件は暗礁に乗り上げようとしたが、榎本が釈放され、専務が自供した。しかしそれでも専務には犯行は無理だった。そんな中社長を目撃した清掃の男が事件のカギを握っている事に気づいた純子はその男の事を調べ上げる。そしてわかったのはその男は偽名を使っており、写真もあまり映らないようにしていた。そして再び榎本が密室の部屋を調べるとある事に気づく。そして榎本は偽名の男の事を調べ上げ、その男が盗聴器で社長の事を調べ上げており、そこから犯行の手口も見事に見破った。そして榎本は犯人に自首を促し、自らはダイヤ10個と共に消え去ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第10話は芹沢が顧問弁護を務める介護会社のセキュリティ強化で榎本を呼んで強化策を説明していた。そんな中数日後社長が殺されており事件は密室の中で誰が殺したのかとなるが、真っ先に怪しまれたのが唯一部屋を通る事ができる専務だったが専務はその時寝ておりアリバイが無いが事実上犯行は不可能だった。榎本、純子、芹沢も密室の謎を探るがどれも不可能な手段ばかりで手口が全く見えない。そんな中榎本は何時もの通りに謎解きの説明をしていたら刑事が入ってきて榎本に過去に社長と面識があり殺す動機、そしてセキュリティシステムを破るのは朝飯前と突きつけられ警察に連行されるがその直前に窓からあると男が窓から除いたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第9話は榎本が貿易会社とは似つかわしい事務所に厳重な鍵と防犯カメラを設置した。この部屋では数日前に副社長が殺されており防犯を強化していた。そんな中3日後にまたこの事務所で社員が殺されているのが発見された。鍵が頑丈に掛けられており、外から殺害する事は困難だった。そんな中で榎本、純子、芹沢はさまざまな聞き込みや調査を進めると、榎本と純子はある女の子の証言から特定の時間に決まった行動をしている事を知り、そして殺害トリックを見破った榎本はそのトリックは見せかけのトリックだという事を説明し、仁義なき戦いに決着をつけたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第8話は芹沢が番組で人気漫画家が殺された事件でその姪からの依頼に断れず引き受ける事になった。姪から事件現場に訪れた榎本らはそこが玄関に犬がいるために吠えるので犯人が通る事ができるのは犬がいる場所だけだった。現場状況から事故とも判定できるし、他殺とも判定できる。しかし状況証拠でビールがあるのにどういう訳か同じビールをコンビニから買ってきていた事が不審に感じ他殺の路線で進めるがどうしても決め手がない。そんな中現場が荒らされる事件が発生するが、その犯人は防犯カメラで判明するも、その人が犯人ではなく、真の犯人は長年苦楽を共にしたアシスタントとなったが、その犯行動機は犯行に突き動かしたもう1人のアシスタントの嫉妬が起こした悲劇の密室事件だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第7話は窃盗事件が殆ど起きない長野の田舎で殺人事件が発生した。築100年の日本家屋が殺人の場所となったが、その家は完全な密室になっており、前日には雨が降りぬかるんだ状態だったため誰かが逃げたら当然その足跡が残るはずだった。しかしその足跡もなく、逃げたと思われる窓からでは盗まれた思われる30kgの金塊を持ち出すのはあまりにも無理があった。そんな中で榎本と純子は検証を進めるうちにある状況に辿り着く。この密室は破られる事はない。そして辿り着いたのが内部犯行・・・犯人は通報した第一発見者だった。その犯行の理由に榎本も純子もあまりにも意外であり、悲劇的な結末に立ち尽くすシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第6話は純子が榎本を誘って水城が出演する舞台を鑑賞していた。観劇後に水城の楽屋を訪れると劇団員が殺されているのを発見される。事件は楽屋が密室状態になっており、その密室となった楽屋は舞台を横切らなければならず、その楽屋から別の部屋へいく事が困難な状況だった。事件の謎を解けない純子と榎本は劇団員にそれぞれ事情聴取をするが、殺された劇団員はある脅迫をしていた事を掴む。そして榎本は再び舞台を見直すと1つの違和感に気づきその違和感こそ密室のカギを握っていた。そして犯人に真相を問うと動機は十分あり、犯行も舞台の小道具を使って横切る大胆なものだった事が判明し事件は解決したシーンだメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「鍵のかかった部屋」第5話は地震で歪んだ家で修復の視察に来ていた業者が亡くなっているのが発見された。その部屋は鍵はなかったものの、歪んだ家のため内側から頑丈に閉められたドアによって密室が成立していた。一見は業者が足を滑らせた事故と扱われたが、榎本、純子、芹沢はこの状況に疑問を感じていた。そこで聞き込みを始めた3人はそこで家の持ち主である男性が婚約者がおり、近く結婚する事になっていた。そんな中で地震で家が歪んだ事が原因で結婚は解消されていたのだった。そして野球部の顧問をしているその男性は9時から14時までアリバイがあったが、ある時間のアリバイが崩れ、それが死亡推定時間である事が確認され、榎本たちはトリックとしてテニスボールを使ったトリックでドアが締められた事を証明し、男性は殺した動機が家の歪みによって将来が見えたという女性の一言が発端だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ