オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:伊東四朗

3
5日ドラマ「ハケンの品格」最終話を視聴した。 今回はコンビニ企画を発案した里中は株主たちに披露したお披露目会では評判は芳しくなかった。その為に里中は再度子供のいる女性層や主婦層で再度お披露目会をしてほしいと社長に直轄して認められるが、社長はAIはアジフライは ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日ドラマ「ハケンの品格」第7話を視聴した。 今回は東海林がリストラ候補に入っている事を知った里中は何とかリストラ候補になった者たちを救おうと以前企画したコンビニ企画に全てを賭ける事にした。 そんな中で里中は社員から色々なアイデアを出してもらいその中から時 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日ドラマ「ハケンの品格」第6話を視聴した。 今回は経費削減の無駄を洗い出すために役回りに東海林に命じた。これにより様々なコストカットが実施されるが、その中で下請け業者のリストラも含まれて利益幅は少ないが、コスト高でリストラを命じられた事を知った里中課長ら ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
15日ドラマ「ハケンの品格」第5話を視聴した。 今回は東海林武が本社に戻ってきた。戻ってきて早々大前春子とのバトルが散るほどだったが、東海林は早速旭川にいた時に見つけたお菓子を全国展開しようと張り切る。そのお菓子は痩せるという謳い文句でモニターからもその味は ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
8日ドラマ「ハケンの品格」第4話を視聴した。 今回は新入社員の教育をする事になった大前春子は常識的な事を徹底的に教えるもこれが部長からやり過ぎだと言うが意に返さない。しかし新入社員の井手があまりにも社会常識の無さに細かく指示する必要があるのは仕方ない事だ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日ドラマ「ハケンの品格」第3話を視聴した。 今回は社員食堂のカレーが評判で一般にも開放する事になった。しかしその矢先にこれまで20年以上バイト勤務してきた人を人件費を理由で辞めてもらう事になったが、そのバイト勤務していた人の行動がたまたま動画をアップした新 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日ドラマ「ハケンの品格」第2話を視聴した。 今回は老舗蕎麦屋に企画を出す事になったS&Fはそこで派遣の小夏が主任の浅野に企画書を出してその1つとして入れてもらう事になった。先鋒もそれを気に入ったものの、社名を誤字してしまい部長は浅野を叱責する。 しかしその企 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
6月17日スタートのドラマ「ハケンの品格」を視聴した。 このドラマは2007年1月期に放送された「ハケンの品格」の13年後のストーリーで伝説のスーパー派遣社員大前春子が再びS&Fに里中課長の要請で呼び戻されて令和の世で再び派遣の現実と向き合いながら生きていく姿が描かれ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」第2話は清盛は元服する年齢になっていたが幼少期に聞かされた忠盛は自分の実の父ではないという事で荒れ放題の日々を送っていた。そんな中清盛は元服するが、その直後白河法皇が殺生禁断令を発令していた事で領地の漁師がその殺生禁断令に背いたとして捕えられてしまう。それを見かねた清盛は自ら乗り込んで白河法皇に直訴するが、白河法皇を獣と言い放つと白河法皇は清盛の母の最期を告げ、そして獣の子である事を清盛に告げたのだった。そして清盛は後日舞を披露する場があり、そこで白河法皇にこれまでにない世を作るという意思表示の舞を魅せつけるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「平清盛」は平安時代末期の1100年代中期に活躍し武家を日本の覇者にまで地位を向上させた平清盛の生涯を描いたドラマである。平安時代は貴族が世を支配していた時代であり、武家は貴族の犬扱いを受けている時代にその地位を変えるべく生涯を捧げた清盛はどうやって武家の時代を切り開き、そして時代を作ったのかを1年間見届けていく事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
スペシャルドラマ「アイシテル〜絆〜」は2009年4月に放送された連続ドラマ「アイシテル−海容−」の20年後を描いた作品で、加害者少年の弟として生まれた少年が殺人犯の弟と知り、その事で人と接する事を避けてきたが、ある女性との出会いで生まれた意味をそして生きる意味を見つけていくストーリーである。2年前のドラマの時には色々考えさせられたけれど、事件後に生まれた弟の視点から描いたストーリーはその後の贖罪の意味、そしてその家族の意味を改めて考える事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
「さまよう刃」は妻を亡くして娘と2人暮らしをしていた父娘がある日突然中学生の娘が未成年の少年たちに誘拐されてレイプされた揚句薬物を注入されて殺されて発見される。その犯人から犯罪を犯した者の情報を知った父親は娘の無念を晴らすべく復讐に走り、警察は少年法の狭間に苦しみながらも少年の確保と復讐の阻止をしていくストーリーである。鑑賞すればするほど少年法の難しさ、被害者の無念と怒りを感じ、更生させる事が全てなのかを考えさせられ、先日話題になった光市母子殺人事件の少年に事を綴った著書のタイトルも過り考えてしまうほど判断の難しい結末を迎える事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ