オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:今田耕司

3
「下町ロケット」最終話はPMEAの面談をパスした佃製作所はコアハートの耐久性の疑惑を払しょくするためにジャーナリストの咲間と共にサヤマ製コアハートを調べ始める。そんな中中里がサヤマのやり方に疑念を持ち始めそこでサヤマのデータに偽造があるのではないかと疑い始める。それを調べるためには最新機器が必要だったが、航平はその機器を持っている帝国重工の財前部長にその性能検査を依頼する。財前部長は引き受けたが検査機器を扱える富山は当初非協力だったが石坂部長と椎名社長の癒着を見てから考えを改めて検査に協力する。そしてその検査でコアハートのデータ偽造が明らかになった。そしてその直後週刊誌に掲載しようとしたがサヤマに先に回られ封じられたが、直後に中里がデータを流したのは自分だと名乗り出た事で形成は変わり、航平もまた記事の掲載を了承した事で椎名社長を追い込んだ。そして決定的となったのはこれにより帝国重工のバルブにも信頼性を失う結果となる事を財前が報告し、そして更に石坂の椎名との癒着も明らかとなり石坂は更迭され、佃製作所のバルブが採用される逆転劇となった。そして追い込んだ椎名社長に航平が技術者として失格だ!という烙印を押して技術者と社長は一長一短では成功に成し得ない事を説いた。そして椎名は業務上過失容疑で逮捕され、日本クラインも特許違反で門前払いをしたことでガウディ計画は進展してガウディの成功と新型バルブによるロケット打ち上げ成功したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第9話はコアハートを埋め込んだ患者が容態が急変し死亡した。この件で貴船は初期対応のミスだったと弟子を更迭する。不合理な追放をされた弟子はこの件で知りえる情報をジャーナリストの咲間に情報提供し、その情報提供の関係で佃製作所を訪れた。当初は戸惑った航平たちだったが1枚の設計図を見せられた事で自分たちの持っていた設計図が中里によって盗作された事を確信するが、その後椎名の悪知恵により貴船は弟子を呼び戻し口止めを図って情報提供は断たれた。そんな中で一村は窮地に追い込まれて貴船に共同開発を求めたものの門前払いを受けるが航平たちが渾身のガウディを完成させて一村に勇気を与え、そこで咲間は貴船と滝川審査官の癒着を調べ始める。そして審査当日航平たちはまたも滝川の追及を受けるも技術力と熱意でアピールし審査長の心を動かした。そして航平は審査長に咲間から受け取った写真を見せて滝川の更迭に成功して審査を通過し、臨床試験へと駒を進めた。そして航平はサヤマ製作所の設計図ではない技術ミスによる医療ミスを山崎が指摘した事で椎名を追及するがそこで椎名の本性を垣間見たシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第8話は挫折しかけたガウディ計画にやる気を漲らせた佃製作所の社員たちだったが今度は帝国重工からコンペを1週間早めてほしいと言われ苦戦を強いられる。しかし持ち前の乗り越えようとする一致団結の気持ちで佃製作所製作のバルブシステムは好成績を収める。一方サヤマもまた試験には成功するが佃製作所に及ばなかった。それでも財前に新開発中のシュレッダーで起死回生の案を持ちかけたが仕組まれた会議では財前の太刀打ちできずサヤマのバルブシステムが採用された。それにより帝国重工との取引が終わったが、ガウディ計画は諦めていなかった。そんな中サヤマ製コアハートを埋め込んだ患者が死亡する医療事故が発生したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第7話はガウディ計画に挑戦する事になった航平たちだったが、そこにはこれまで医療業界に関わってこなかった事もあり想像以上に厳しい審査と厳しい基準に苦戦を強いられる。更には資金力という点で劣る以上時間との勝負でもあった。そんな中サヤマの椎名が様々な刺客を送り込んでくるが、そんな中引き抜きでサヤマに入った中里は納品している製品が欠陥がある事に気づく。一方佃製作所は開発チームが全力で製作するもあと一歩のところで成功しない。キッカケを掴もうと開発チームの3人が実際に一村が手術している場面に立ち合いそれによってこの事業が人の命を救う大事な仕事と認識して使命を持って再度挑戦を決意するシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「下町ロケット」第6話はロケット開発成功から3年が経過していた。そんな佃製作所の前に新たなるバルブシステム開発に向けて最大のライバルが立ちはだかる。それはNASAの技術者だったサヤマ製作所社長の椎名直之という人物だった。彼は他の競合他社を強引な手法で押しのけて仕事を奪っているという業界の噂だった。そんな中で航平に新たなる依頼が舞い込む。それは日本クラインから人工心臓のバルブの製作だったが、予算があまりにもなく厳しい状況だったが大手企業という事で1度引き受けるもあまりにも理不尽な対応に取引は中止した。そんな中かつて佃製作所の技術者だった真野が心臓外科医の一村、繊維会社の桜田を連れて訪れ子供の人工弁開発をしてほしいと依頼されるが資金調達が難しく1度は断る。しかし真野の熱い思いで航平は1度桜田の会社サクラダを訪問し、そこで桜田がどうしてこの事業をやる決意をしたのかを知り航平はこの事業に参加する事を決めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ