オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:井川遥

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第16は松陰に対して幕府から召喚状が届きついに松陰にとって最期の時を迎えようとしていた。1度送られたら二度と戻る事ができないだけに家族で最後の食卓をできないものかと伊之助に相談するが難色を示す。しかし文らの熱意を理解し1日だけ帰宅が許される事になった。そして松陰は最後の食卓で家族に別れを告げるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第7話は寅次郎を牢から出そうと文たちは色々な手段を考えていた。そんな中久子の助言で男衆たちを取り込む事でその道が開けると助言された文は寅次郎の意見書を伊之助に渡してそれを桂小五郎らを通じて寅次郎を牢から釈放するような流れとなっており外部からも圧力をかけてもらう事に成功し、寅次郎は敬親の寛大な決断により牢から自宅蟄居に決まる。しかし寅次郎は牢から出る事を拒んだ。それ故文らは再び寅次郎を牢から出るように説得し、囚人たちが寅次郎を牢から出てここで学んだ事を活かしてほしいと別れの句を読んで寅次郎を説得し寅次郎は牢から出る決意を固めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
大河ドラマ「花燃ゆ」第6話は寅次郎の頼みで女囚・高須久子の頼みで文は久子の娘糸に会えるように頼み文はしぶとく通い続ける。何度も門前払いを受けた後糸は覚悟を決めて久子と面会するが、そこで久子がどうして牢に入れられたのかを語る。そんな中で文は糸に久子の覚悟を伝えると、糸も覚悟を決めて久子と最後の対面をしたのだった。そしてそんな中で寅次郎は文の差し入れによって活気づいた牢の囚人たちに学問を教え始めるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
1日大河ドラマ「花燃ゆ」第5話は寅次郎が牢獄に入れられて寅次郎はその間に本を読んで学問を学ぶ意欲に向ける。一方その頃江戸では伊之助が文から受けた手紙通り寅次郎が読みたがっている本を探していた。そんな中寅次郎と密航しようとした金子重輔が病に掛かり危篤状況の中で重輔の母と文は面会した。しかし文は何とかしようとするも何もできずに重輔は亡くなった。それを文から聞かされた寅次郎は自分の無力を呪ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
「象の背中」は余命半年と宣告された48歳の中年男性が延命治療をせず、残された時間で家族や今までお世話になった人に対してケジメをつけていくストーリーである。残された時間で何ができるのか?それを考えさせられる内容として観る事ができるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ