オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:中島裕翔

3
「母になる」最終話は麻子が去ってから広と向き合うも、広は母親は2人いてはダメなのか?と陽一が問われた事を知る。そんな中で莉莎子がワールドツアーに参加しないと知った繭が莉莎子が参加できるように直談判するも莉莎子は高校まで繭のために仕事をセーブすると決めていた事を語り理解を求めた。そして結衣もまた母親になっていくためには広がこれまで育ってきた事実を受け入れなければ乗り越えられない壁があると感じ麻子にマラソン大会の案内を送り、マラソン大会で再会した麻子に何時までも許せないという気持ちを持っていたら母親になる事を乗り越えられないいつかは許さないといけないという気持ちを伝えて結衣は再び陽一と広と3人家族でリスタートしていったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第9話は広に女子高生の桃という女性と一緒にいたのを知った結衣と麻子はそういう経験が少ないために色々と戸惑う。しかし広は桃と一緒に花火大会に行く事になりはしゃいでいた。しかし帰宅時間に遅れて陽一が怒ると広に桃と知り合った経緯を聞く。そして麻子は琴音の紹介で石川県で働く事になった。最後の別れに広は桃と出会った事で心境の変化があったと語り、そして広は麻子との別れを受け止めたが結衣はこれじゃいけないと思い直して走り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第8話は麻子が2年前に起こした事件の取材している記者と会った事を結衣に伝えるが結衣には当時の事を話さないでほしいと語る。しかし結衣は今の時代ネットで色々知れる時代だという事でこれを黙っている事が難しいと感じる。そんな中で柏崎オートに預けられた車の持ち主が育児放棄状態である事が判明しそれを麻子が発見して知る事になる。そこで母親について語るもそれぞれ母親としての成り切れない苦悩が語られる。そんな中で結衣は広に麻子の事件について話したが広は受け止めるも翌日麻子にこれ以上合わないでほしいと話している最中に広の携帯に知らない女子高生が出たシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第7話は結衣と麻子がそれぞれの言い分をぶつけ合い、その中でお互いに苦しんだ事を言い合うという中で母親の考え方の違いが鮮明になった。その中でも結衣は3歳以降も広の母親で変わりなく、麻子も3歳から今日まで育てた母親である事に変わりない。その中でお互いの苦しさを知った。そしてその直後に広から結衣に誕生日のプレゼントをしてもらった結衣だったが、その直後に訪れた女性が木野と仲良くした友人の母親だったがその女性は母親として問題ある女性だったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第6話は麻子がかつて人殺しの事情が語られた。実際には広を守ろうとして刺したが相手は死なず殺人未遂事件として起訴され執行猶予なしの有罪判決で2年間刑務所に入っていた事が明らかになった。麻子は10年前に付き合っていた男がいたがその男は麻子を遊びとしか考えていなかった。その男の子供を身ごもっていたが不慮の事故で流産し子供を埋めない体になった事で麻子は生きる希望を失っていた。そんな状況に広が隣の一室で監禁されているのを助けた事で麻子は広を育てようと決意する。一度は警察に預けようとしたがその時警官がおらず広が逃げ出した事で麻子は広を育てる覚悟が固まった。そしてその経緯を聞いた結衣は誰も予想しなかった麻子を柏崎オートで雇うという前代未聞の展開になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第5話をは広が施設の今偉と一緒にネットカフェである場所を探していた。そしてその場所を発見した事で今偉の母親に会えるチャンスがあるという事だった。そして今偉の母親に会いに向かった広はそこで今偉の母親の現実を目の当たりにする。自分は産みの母結衣、育ての母麻子は確り自分と接してくれている事を知った広は再び結衣と陽一の元に戻る事を決めた。結衣と陽一は復縁する事を決意し再び3人でリスタートする。しかしそこに麻子が現れ麻子がかつて人を殺した事が明らかになるシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第4話は麻子に捨てられたショックを受けた広は結衣と向き合う事ができない。その結衣も広が心を開かない事に対して苦悩していた。そんな中で学校から呼び出され、呼び出された結衣は広がプリントなどを全く渡していなかった事を知り、更にはお弁当も捨てて食べていない事を知る。そんな中で陽一と結衣は復縁に向けて動き出していたが別れた理由が広の誘拐された事によるものでお互いに言い合えるようにならないといけないと認識する。そんな中広が再び施設に戻りたいという意思を尊重して一度施設に戻る事を受け入れる結衣だった。そんな中麻子は2年間服役しており騙されていた事を知るシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第3話は広と暮らす事になった結衣と陽一だったが、9年の空白は大きくどう向き合ってよいのか戸惑っていた。そんな中でも再び広が戻ってきた事で喜ぶ瞬間もあったもののその現実は一瞬で残酷な現実として向き合わなければならない。その時に麻子が結衣の前に現れ、これまでの経緯を話したが7年の空白は語られる事はなかった。そんな去り際に広は麻子を追いかけて行かないでと告げるも麻子は突き放し広は結衣と陽一と暮らし始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」第2話は広と10年ぶりに再会した結衣だったが、10年間の空白の時間はあまりにも色々な現実に直視しなければならなかった。結衣は10年間子供のいない生活をしてきた事により子供の流行事情を全く知らなかった。そして陽一もまた広が生きていると信じがたい現実を聞かされてただただ信じられない気持ちになり、周りの人たちも広が生きていたという現実を信じて受け入れる事が難しい状況だった。そして直接陽一が会って広と接したが、そこで初めて育ての親である門倉麻子からの手紙を読んだ結衣はこの10年間の空白がいかに残酷なものなのかを現実として突きつけられた。それでも広がいなくなった事で離婚する事になった陽一とやり直す事をお互いに決めて再び広と暮らす事を決意したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「母になる」は3歳の息子が誘拐されて犯人が死亡した事で生死もわからずに夫と離婚して10年の月日を経たある日に突然13歳になった息子が無事とわかり再会するも10年という月日を埋める苦悩と母になるまでのストーリーである。小さい時に生き別れになった息子が突然10年を経て現れた事で10年という空白は想像以上に埋めるのが難しいという事を痛感する事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」最終話はついに30歳の誕生日を迎えた依子はいつも通りに過ごそうとするも落ち着かず周りに電話するもみんな忙しいと断られた。そんな中依子はバスに乗り込むとそこに巧が乗り合わせてきてそこでこれまでの事を話すが、その途中で携帯に巧の母留美が倒れたとの連絡を受けて2人は飛んで戻ると、そこは依子の誕生日を祝うパーティーだった事が発覚する。それに一度は我を忘れて起こった依子だったが母留美が倒れた事が嘘だと知るとこのような祝われ方をしてこなかった事もあり驚く。そんな中で依子と巧が何時までも意地を張る姿を見て一度は鷲尾も佳織もそれぞれの告白を受け入れようとしたが、結局1番のお似合いなのは巧と依子だという事になり、2人は契約結婚に向けて再びデートを繰り返していくシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第9話は結納を取りやめた依子と巧はどういう訳か結婚式場にいた。そんな依子と巧はその1か月間の間に依子は鷲尾と巧は佳織とデートをしたものの、お互いぎこちない中で過ごしていた。そんな中で3月15日に式場を予約していた。しかし1か月前に結納を取りやめたために穴が開きそうになるが、そこは巧の両親が挙式する事で埋める事になった。そして2人の挙式は無事終わるも、依子と巧のお互いの気持ちはまだ終わっていなかったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第8話は依子と巧は結納を交わす事となり、その日がバレンタインデーに決まった。しかし形に拘る依子に対して堅苦しい事が苦手な巧は全く上手く話せない。しかも依子はバレンタインデーはイベントに過ぎないとそっけないが依子は昔にこのイベントで苦い思い出があった。一方巧はバレンタインデーでチョコを貰ったが、こちらは文学の読み過ぎで全く関心なかった。そして結納になるも話がぎくしゃくして依子はその場を離れるが、実は依子は恋をしてみたかったと巧に打ち明けたが、結納は結局なかった事になった。しかしその直後依子と巧を佳織に託して鷲尾に恋を教えてほしいと頼み込んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第7話は巧の母留美が入院する事になり慌てる巧だったが、依子は冷静にこれはチャンスと巧との結婚へ向けて結婚契約書の作成をする。そして巧に色々な条件を突きつけるが、尽くNo!を突きつけ話し合いにならない。そんな中巧の母留美が入院した事により巧は母留美を失うという絶望感に襲われる。そんな中で依子は巧の父を連れてきた事で巧の怒りは爆発し、依子が書いてきた婚姻届を破り捨てて結婚破棄を宣言する。その直後巧の母留美の手術はあっさり終了しここで巧も知らなかった両親が実は会っていた事を知らされ知らなかった巧は愕然とする。そして依子もまた巧を忘れられず巧もまた依子に再度結婚を考え直すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第6話は新年のあいさつに訪れる事になった巧が緊張でなかなか行く事ができない事に依子は交際終了宣言で脅しに掛かる。すると巧は家族の後押しで何とか依子の実家へ向かうも体調を崩してしまう。そんな中依子の父と対面した巧だったが失敗の連続に自信を失ってしまう。依子の父には本当に依子の事を考えていないなら別れてくれと念を押されるが、依子は実家の正月料理を巧に作らせる努力をさせる。そしてその料理は実家の母の味だった。それに感動した依子の父だったが実は依子は父を悲しませたくない為にあえてその味を作らなかったのだ。そして2人は初詣で絵馬に願いを書き込むシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第5話は大晦日のカウンタダウンパーティーで巧は依子を誘ってキスをする企画に誘うように促すがなかなか決断できない。そんな中依子と巧は初体験を目的としたデートを行うもやはりどちらも上手くいかず邪魔が入る。そして迎えた大晦日依子は携帯を忘れて取りに向かうと巧からの留守電が入っておりそれを知り巧が参加しているパーティーへ向かうもお互いのキス直前にそれぞれキスを別の相手に強奪される事件に襲われたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第4話は再びデートをする事になった依子と巧はクリスマスイブにデートを行うが、不慣れな2人は上手くデートができない。そんな中巧が風邪を引いてしまい巧の家まで依子が運んだ事で巧の母留美や仲間たちとクリスマスパーティーを付き合う事になり、どうして巧が高等遊民になってしまったのかの経緯を知る。それを知った依子は彼女なりに巧が社会復帰できるような資料をプレゼントするが逆に巧のプライドが傷つく。それでも巧は仲間たちの後押しで依子の宿舎へ忍び込むが逆にそこには依子の父がおり2人とも逮捕されてしまい、依子は巧を恋人と偽って釈放してもらい巧から肩たたきをしてもらったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」第2話はデートを継続する事になった巧と依子は遊園地へと向かうが、人込みに慣れていない2人は全く楽しめない。そんな中でも無理して楽しもうとする2人だが、そんな中巧の経歴に疑惑を持った鷲尾が巧を調べ始め、巧がニートである事を知ると依子にその事を知らせに向かった。そんな中巧は依子に結婚を申し込もうとサプライズをするが、全く無反応の依子は巧がニートだと知ると人以下呼ばわりしてデートを終了したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「デート 〜恋とはどんなものかしら〜」は恋愛不適合者同士のぎこちないデートをする事になり次第に意気投合していくストーリーである。デートはそれなりに話が噛み合わないと難しいものだと感じるだろうし、話が合わないとその先の結婚もない事を痛感して行く事になるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」最終話は夏の大会が終わり部員不足となった2年生以下は日々練習に励む。そして引退した3年生はそれぞれ希望の大学受験を目指していた。そして卒業シーズンとなり、卒業に準じて部員たちに青志監督がメッセージを送った。そして青志監督は高校を去り、新たな道へと進んだシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第10話は奇跡的に1回戦を突破した城徳だったが、1回戦は堂東学院との対戦となりここをどう戦うのか最後まで青志監督、選手達で作戦を練っていた。そして試合当日となり堂東学院は初回から大量得点で2回までに11点リードを奪った。11点リードされた城徳は3回に何とか1点を返すも5回までに15点取られ4点返さないとコールド負けとなる中で4番に座った白尾がグランドスラムでコールドを回避した。その後7回までコールドを逃れたが7回に牽制アウトとなり17対9で7回コールドとなりゲームセットで城徳の夏が終わったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第9話は武宮高校との1回戦まで2週間青志監督は生徒たちに徹底的に勝つという気持ちを埋め込み、メンタル面を強化していた。一方対戦する武宮高校に特別コーチとして加わった楓の下でこれまでと違ったムードになっていく。そして試合当日武宮高校に3回まで13点を取られると、コールド寸前になった5回にコールド負けを間逃れると打線が奇跡の爆発を起こして7回にコールド勝ちとなる満塁ランニングホームランで28対21で勝利し2回戦へ駒を進めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第8話は県予選1回戦へ向けて練習に励む城徳野球部だったが、1回戦で武宮高校、2回戦では堂東学院と対戦する事となり勝つ事そのものがまず難しい相手ばかりになった。しかし部員たちは逆に強豪校撃破という目標となり練習に励む。そんな中城徳、堂学、武宮を巻き込んだ騒動が起こり、一時一触即発のムードになるも単なる兄弟げんかという事が解り問題なしとなる。城徳野球部は練習試合を重ねる毎にそれなりに打てるようになるも、相変わらず大量失点の試合が続く。そんな中で武宮高校野球部に楓が臨時コーチを務める事になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第7話は亀沢の退学で元気のない城徳野球部員たちは短期間が合宿をする事になった。その合宿先は堂学の合宿所だった。毎日厳しい練習に取り組んでいる堂学野球部に城徳野球部員たちは驚きを隠せない。そんな中堂学のエース藤一郎が光安に声を掛けてきた。ここで初めて光安が藤一郎の弟である事を部員たちは知る。そんな中堂学の練習を観ているうちに俺たちは勝てるのか?という気持ちに駆られる。そんな中武宮高校と堂学が練習試合を行う事になり序盤こそ互角だったが中盤で武宮高校のエースがコントロールを乱して堂学が9対2で勝利した。そんな中で城徳野球部員たちに青志監督は普通の練習ではなく実戦練習で勝つ事を目指していくと言い出す。そして夏の大会の初戦が武宮高校になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第6話は亀沢が家庭の経済的な理由で退学すると青志監督に告げる。青志監督は両親が学校へ卒業まで通わせようとしているが、亀沢の決意は固い。そんな中亀沢の退学の決意を知った部員たちは亀沢の気持ちを翻意させようとする。その為部員たちは文化祭で亀沢を主役にして卒業まで在籍するよう芝居をするが亀沢の決意は固く、その決意を受け取った部員たちは亀沢を校歌で送り出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第5話はようやく練習試合の相手が決まった。相手は赤岩の父・晴敏の融資で急成長した武宮高校だった。城徳野球部にとってはとても試合になる相手ではなかったが、試合の為に青志監督は選手たちに打ち勝つ野球を目指すと打撃練習に力を入れる。それによって選手達は打撃練習に打ち込むも、基礎の出来ていない選手たちにとって本当に打撃戦になるのか?という感じだった。そして試合当日どういう訳か相手が打たせるボールばかり投げて城徳野球部は3回まで大量リードを奪う展開だったが、監督が喝を入れた途端選手たちは本気を出して全く歯が立たない状況になり、あっさり逆転され、そしてあっさりコールド負け寸前になる。結局最後はスクイズ失敗でゲームセットになったが選手たちは負けて知る実戦の悔しさを知ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第4話中間テスト期間となり城徳高校は2週間前から部活動は停止となる。偏差値が高い高校故にかなりの成績をキープしないと下位になるし、有名大学への進学を踏まえてもそれぐらいのテスト期間が必要だった。そんな中でただですら練習時間のない部員たちは勉強しながらどうやって練習するのかいろいろ考えたが赤岩の父晴敏の寄付によって色々な野球用具を寄付されたことで狭いスペースでも練習できるようになった。しかし基礎すらできていない部員たちにとって道具があっても上手くならず逆に効率が落ちると青志監督がいう始末に道具ではないと勘違いする。そして青志監督が導き出した答えは守備を捨てて打撃戦で勝つという基礎も身についていない部員たちにはあまりにも酷な事を言い出したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第3話は柚子が突然自ら選手として野球をやると言い出すも、青志監督はそれを認めないと拒否する。柚子が突然そう言い出すのは亡くなった父親の影響らしい。そんな中今だに上手くならない選手達に青志は安宅を抱える。そんな中で練習中に寝るほど披露する亀沢の事情を知る。亀沢は家庭の事情から経済状況が厳しく自らバイトをしないと学費を払えないほどだった。そんな亀沢を部員は助けようとするが、亀沢は拒否する。そんな中青志監督が基礎的な練習から始め、捕球体勢、走塁判断などようやく基礎的な練習を始めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」第2話は城徳高校野球部の監督になった青志はまず選手たちのポジションを決めようとする。城徳高校野球部ではこれまで状況に応じてポジションを決めていたためそれぞれの選手のポジションがハッキリしなかった。そのためまずキャッチボールで安定して送球できる選手を見極めて赤岩をピッチャーにした以外はキャッチャーに江波戸が名乗り出てバッテリーが決まった。そんな中白尾が野球部を辞めると言い出す。止めようとする青志だったが監督のやり方についていけないと言い出し、ホームランを打ったら監督を辞めていいと青志は言い出す。唯一野球スキルが違う白尾に部員たちはビビってしまうが、青志はここでメンタル面でできると教え、気持ちで捕れるという気持ちを植え付けた。結果はホームランだったが、このメンタル面を変えた事で白尾は青志を監督認めたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」は高橋秀美原作の「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリーをドラマ化した作品で勉強中心の名門進学校の野球部の監督をする事になった新人教師があまりの弱さにこの野球部が弱くても勝てる指導をしていくストーリーである。野球は実力差がハッキリし易い競技でもあるけれど、だからといってずば抜けていれば勝てる競技でもない。どうやったらまず勝つ事ができるのか?を理解して行く必要があるだろう。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ