11日マツダスタジアムで広島対巨人戦が行われ、5対13で巨人が連夜の大量得点で勝利しマジックを12とした。試合は広島先発斎藤投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制するが、広島はその裏5番マクレーンの2点タイムリーで逆転する。しかし巨人は2回に5番亀井選手のホームランで同点に追いつくと、5回に相手のミスからチャンスを広げて一挙4点を上げてリードすると、7回には4番ラミレス、8番中井選手のプロ初ホームランで5点を上げて試合を決めた。投げては先発内海投手が7回を2失点に抑えて勝利投手となった。これで巨人は着実にマジックを減らして週間勝ち越しに大手を掛けた。 ... もっと読む