「世界から猫が消えたなら」は川村元気の小説「世界から猫が消えたなら」を実写化した作品で、脳腫瘍で余命わずかの30歳の郵便局員が生きるために大切なものと引き換えに1日の命が与えられるというストーリーである。大切なものとは何か?そしてその大切なものがあったから自分がいるという事に気づかされる事になるだろう。 ... もっと読む