「わが母の記」は井上靖原作の作品を映画化したもので、年老いた母親を介護する事になった小説家の息子が孫たちや親せきと共に母親の介護をし、母親が亡くなるまで描いたストーリーである。誰にも介護する時を迎える事になるが、介護の時間が長くなればなるほど父親、母親の介護の難しさとそれでも変わらぬ家族の絆を観終わった時に感じる事になるだろう。 ... もっと読む