オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:ルーニー

5
14日(日本時間15日)ブラジルW杯D組イングランド対イタリア戦がマナウスで行われ、1対2でイタリアがFWバロテッリの決勝ゴールをカテナチオで守り切り死の組1位突破へ大きく前進した。試合は前半から静かな立ち上がりとなったが、前半35分CKからMFマルキジオのミドルシュートがさく裂してイタリアが先制するが、その2分後イングランドはカウンターからFWスターリッジのゴールで同点に追いつき1対1で前半を折り返した。後半開始早々イタリアがFWバロテッリのゴールでリードを奪うとその後イタリアは前へ出ずゴール前を5バック3ボランチで固める布陣のカテナチオを形成してゴールに鍵を掛けてイングランドの反撃は抑えイタリアが死の組突破へ大きく前進した。これでイタリアは2大会ぶりの決勝トーナメント進出へ大きく前進し、イングランドは崖っぷちに追い込まれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日クラブW杯トヨタカップ2008決勝南米王者LDUキト対欧州王者マンチェスターUの試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でマンチェスターUがFWルーニーのゴールを守り切り9年ぶり2度目のトヨタカップ、クラブW杯では初の栄冠を手にした。試合は前半から圧倒的攻撃力に勝るマンチェスターUが試合を支配し、FWルーニー、デニス、MF朴智星、C・ロナウドらの攻撃で圧倒するが、LDUキトの守備網の前にゴールを割れず前半を折り返す。後半になるとマンチェスターUは後半4分にDFビディッチの1発退場で10人となりFWを1枚削る事になり、情勢はほぼ互角となる。しかしマンチェスターUはFWにC・ロナウドの1トップに代えて少ない人数で攻撃に徹し、後半28分FWC・ロナウドのアシストをFWルーニーが決めて待望の先制点を入れたマンチェスターUはその後LDUキトの反撃をGKファンデルサールのセーブなどで抑えマンチェスターUが9年ぶり2度目のトヨタカップを制し、クラブW杯では初の栄冠となった。これでクラブW杯はマンチェスターUの制覇で2年連続欧州勢が制し、2009年から2年間UAEへ舞台を移す事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日クラブW杯トヨタカップ2008準決勝アジア王者ガンバ大阪対欧州王者マンチェスターUの試合が横浜国際総合競技場で行われ、3対5でマンチェスターUがFWルーニーの分殺2ゴールで逃げ切るも欧州王者として南米王者以外で初失点並びに3失点を屈する屈辱も味わった。試合は前半から挑戦者ガンバ大阪が果敢に攻守に渡り動き回りマンチェスターUに対して積極的に挑んでいく。しかし前半15分を過ぎてから次第にマンチェスターUがペースを掴み出し、前半28分CKからDFビディッチのヘッドでマンチェスターUが先制すると、前半ロスタイムにCKからFWC.ロナウドのヘッドが決まり2点のリードで折り返す。後半になるとガンバ大阪も積極的にシュートを放ち、FKからはMF遠藤がGKファンデルサールを脅かすFKをみせる。そして後半29分にガンバ大阪はカウンターからFW山崎のシュートが決まり1点差とするが、これでマンチェスターUは目を覚まし、その30秒後に途中出場のFWルーニーに決められると、後半33分にMFフレッチャー、後半36分に再びルーニーに決められ試合はほぼ決まったが、それでもガンバ大阪は攻撃を諦めず、後半41分にPKを獲得しMF遠藤が確り決めて2点目を上げると、後半ロスタイムにMF橋本が豪快なミドルシュートを決めてマンチェスターUから3点を奪った。試合は3対5でマンチェスターUが勝利したもののシュート数ではガンバ大阪が上回り、支配率も互角とガンバ大阪は世界公式戦で大きな戦績を残した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ドイツ時間1日、 ゲルゼンキルヘンで イングランド対ポルトガル、フランクフルトでブラジル対フランスの試合が行われポルトガルがイングランドをPK戦で破り40年振りの4強を決めフランスがMFジダン→FWアンリのホットラインが初めて機能しブラジルを撃破し決勝トーナメント準決勝に進出を決めた。これで4強は全て欧州勢となりその他の地域は全て敗退した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ドイツ時間25日、シュツットガルトで イングランド対エクアドルの試合が行われ、1対0でイングランドがMFベッカムの決勝FKで勝利し決勝トーナメント準々決勝に進出を決めた。試合は前半は一進一退の攻防で若干イングランドが押していたが、得点する事ができず前半を終える。後半はイングランドが優勢に試合を運び、後半15分左サイドからのFKをMFベッカムが直接ゴールを決めて先制する。その後もイングランドは攻め込むが、そのまま逃げ切り順当に準々決勝へ駒を進めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
ドイツ時間15日、 ニュルンベルクで イングランド対トリニダード・トバゴの試合が行われ、2対0でイングランドが2ゴールで勝利し勝ち点6で決勝トーナメント進出を決めた。試合は前半からイングランドが中盤を完全に支配し、再三再四トリニダード・トバゴゴールを襲うがトリニダード・トバゴ守備陣必死の守りを崩す事ができず前半を終える。後半もイングランド怒とうの攻めをみせるが後半30分までゴールを割れない。試合が動いたのは後半36分MFベッカムのCKからFWクラウチがヘッドで先制すると後半ロスタイムでMFジェラードのミドルシュートが決まり勝負を決めた。もう1試合B組スウェーデン対パラグアイは後半ロスタイムMFリュングベリのゴールが決まり1対0でスウェーデンが勝利し予選突破へ望みを繋いだ。パラグアイは2敗となり予選敗退が決まった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
ドイツ時間10日、フランクフルトでB組イングランド対パラグアイの試合が行われ、1対0でイングランドがMFベッカムのFKがパラグアイのオウンゴールを誘い勝ち点3を獲得した。試合は前半3分左サイドからFKを獲得し、ベッカムのキックが相手DFの頭に当りそのままゴールに吸い込まれて先制する。その後も前半はイングランドが試合を支配したがゴールを割れず前半を終える。後半はイングランドの運動量が落ちてパラグアイが攻勢に転じるが単調な攻めに終始しゴールを割れずそのままイングランドが逃げ切った。その他同じB組のトリニダード・トバゴ対スウェーデンはスウェーデンがまさかの0対0のドローに終わり、死の組と言われるC組のアルゼンチン対コートジボワールは2対1でアルゼンチンが逃げ切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ