「沈黙−サイレンス−」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代初期の江戸幕府はキリスト教を禁教とした時代に人々はどのような現実と向き合ったのだろうか? ... もっと読む