オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:ラミレス

4
20日千葉マリンスタジアムで千葉ロッテ対巨人戦が行われ、11対12で巨人がノーガードの打ち合いを制して交流戦初戦を制した。試合は千葉ロッテ先発唐川投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、2回に両チーム2点ずつ取り合ったあとの3回に千葉ロッテが一挙6点を奪い尚成投手をKOして試合を優位に進めるが、巨人も4,5回に4点を奪い反撃すると、7回に同点に追いつくが、その裏千葉ロッテが2点を奪って再リードするが、8回に巨人が4番ラミレスの3ランなどで逆転し最後は抑えのクルーンが1点を失ったものの逃げ切り壮絶な打ち合いを制した。これで巨人は交流戦幸先の良いスタートを切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
18日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、6対3で巨人がラミレスの3ランなどで同一カード3連敗を阻止し借金3で交流戦に突入する事になった。試合は巨人先発木佐貫投手、広島先発ルイスの投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの3ランなどで4点を先制するが、2回に広島が7番小窪選手のタイムリー2ベース、3回には9番ルイスのホームラン、5回に3番アレックスのタイムリーで1点差とするが、その後投手陣が踏ん張り、8回に代打谷選手の2点タイムリーで突き放し最後は抑えのクルーンが抑え連敗を止めた。これで巨人は同一カード3連敗は間逃れ、交流戦で借金返済を目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
15日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、2対3で巨人が8回に4番ラミレス、5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し同一カード3連敗を阻止した。試合は横浜先発三浦投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、横浜は3回に4番村田選手bのタイムリーで同点に追いつくと、6回にはまたも4番村田選手のホームランで勝ち越しに成功する。このまま逃げ切ると思われた8回に巨人は2死1,2塁から4番ラミレスのタイムリーで同点にすると、5番阿部捕手のタイムリーで逆転に成功し、最後は抑えのクルーンが抑え3タテを阻止した。これで巨人は交流戦前の借金返済に望みを繋いだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
13日長野オリンピックスタジアムで横浜対巨人戦が行われ、4×対3で横浜が土壇場9回に追いつき延長10回サヨナラ勝ちを収めた。試合は横浜先発ウッド、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のタイムリーで1点を先制すると4回には4番ラミレスの2ランで2点を追加し優位に進める。しかし横浜は7回に4番村田選手の2ランで1点差にすると、9回に巨人抑えのクルーンを攻めて、6番吉村選手のタイムリーで同点に追いつき、延長10回に2番仁志選手のサヨナラタイムリーで逆転負けを屈した。これで巨人は再び5割復帰に失敗した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、9対3で巨人が中盤の集中打で中田投手を攻略して勝利し9連戦の6勝3敗で勝ち越した。試合は巨人先発グライシンガー、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、初回に巨人が2番坂本選手の犠牲フライで先制するが、3回に中日が2番井端選手のタイムリーなどで3点を上げて逆転に成功した。巨人は5¥4回に4番ラミレスのホームラン、5回に1番亀井選手のタイムリー2ベースで同点に追いつくと、6回には3番小笠原選手のホームランで逆転に成功し、6、7回で6点を奪い試合を引っ繰り返した。投げては先発グライシンガーが7回3失点に抑え中日戦勝ち越しを決めた。これで巨人は9連戦6勝3敗で借金返済まであと1とした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、5対4で巨人がラミレスの決勝タイムリーで勝利し9連戦の勝ち越しを決めた。試合は巨人先発野間口投手、中日先発吉見投手の投げあいで始まり、初回に巨人が2番坂本選手のホームランで先制すると、2回には8番脇谷選手のタイムリー2ベースで1点を追加し、4回には1番亀井選手のタイムリー3ベースで2点を追加した。しかし中日も5回に7番李炳圭のタイムリーで1点を返すと、6回に4番ウッズの2ランで1点差とし、8回に代打デラロサのホームランで追いついた。しかし巨人は8回に4番ラミレスのタイムリーで勝ち越し、最後は抑えのクルーンが抑え連敗を阻止した。これで巨人は9連戦勝ち越しを決めて借金返済へ一歩でも近づけたいところだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
9日東京ドームで巨人対中日戦が行われ、4対7で中日が4,5回に集中打で内海投手を攻略し勝利した。試合は巨人先発内海投手、中日先発川井投手の投げあいで始まり、2回に巨人が8番加藤捕手のタイムリーなどで2点を先制する。中日は4回に徹底したレフト打ちを敢行し、4連打で5番和田選手、6番仲村紀選手のタイムリーで同点に追いつく。5回にはまたも5番和田選手のタイムリーに6番仲村紀選手の2ランで内海投手をKOした。巨人も4回に8番木村選手、6回に小笠原選手のホームランで2点を返したが、最後は抑えの岩瀬投手に抑えられた。これで巨人は9連戦での借金返済はなくなり、再び借金生活へ陥る崖っぷちに立った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、6対5で巨人がラミレスの逆転2ランで勝ち越し前日の敗戦を乗り越えた。試合は巨人先発栂野投手、阪神先発ボーグルソンの投げあいで始まり、3回に阪神が3番平野選手のタイムリー3ベースで先制するが、その裏巨人は代打隠善選手のタイムリーで同点に追いつくと、3番小笠原選手のタイムリーで逆転に成功するが、5回に阪神が満塁から6番鳥谷選手のタイムリー、7番野口捕手のタイムリーで4点を奪い逆転に成功する。巨人は6回に6番ゴンザレスの2点タイムリーで1点差とすると、8回に4番ラミレスの2ランで逆転に成功し、最後は抑えのクルーンが抑え勝利した。これで巨人は最悪の展開は間逃れ9連戦勝ち越しへ望みを繋いだ。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
7日東京ドームで巨人対阪神戦が行われ、4対5で阪神が金本選手の危険球への不安を一掃するホームランと阪神ファンの守備で勝利した。試合を巨人先発木佐貫投手、阪神先発下柳投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの2ランで2点を先制する。しかし阪神は2回に6番鳥谷選手の2ラン、7番矢野捕手のホームランで逆転に成功する。3回に阪神は4番金本選手が木佐貫投手の投球を頭部に受けて木佐貫投手は危険球退場となるが、金本選手は見事に1塁ベースへ向かった。そして6回に阪神は4番金本選手の頭部死球の後遺症を一掃するホームランで2点差とするが、7回に巨人は1アウト1,2塁で4番ラミレスの打球がレストスタンドの阪神ファンにホームランボールを妨害され、これが野球規則により2塁打となり逆転のチャンスを潰してしまう。その後1死満塁から6番ゴンザレスのライトゴロの間に同点に追いつくが、8回に阪神が5番葛城選手のタイムリーで勝ち越し最後は抑えの藤川投手が抑え逃げ切った。巨人は木佐貫投手の退場、ラミレスの打球が10人目の野手に阻まれる踏んだり蹴ったりの敗戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
5日神宮球場で東京ヤクルト対巨人戦が行われ、4対6で巨人が5回に一挙5得点を奪い同一カード3連勝とリベンジした。試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発グライシンガーの投げ合いで始まり、2回に東京ヤクルトが6番ユウイチのタイムリー2ベースで先制すると、8番福川捕手のタイムリーで2点を先制する。巨人は4回に4番ラミレスのホームランで1点を返すと、5回には四球を挟む4連打で一挙5点を奪い逆転に成功する。その裏東京ヤクルトは1点を返すが、その後グライシンガーが8回まで無失点に抑えた。最後は抑えのクルーンが反撃を1点に抑え開幕戦のリベンジを果たした。これで巨人は3位に浮上し借金返済に大手をかけた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
29日東京ドームで巨人対広島戦が行われ、3対2で巨人がラミレス、ゴンザレスのホームランで逃げ切り連敗を2で止めた。試合は巨人先発グライシンガー、広島先発長谷川投手の投げあいで始まり、初回に広島が1番赤松選手の先頭打者ホームランで1点を先制する。しかし巨人は2回に5番ラミレスのホームランで同点に追いつくと、4回には7番ゴンザレスのタイムリーで逆転に成功する。しかし広島は8番小窪選手のタイムリーで同点に追いつくが、巨人はその裏7番ゴンザレスのホームランで勝ち越しに成功し、投げても2番手山口投手、最後は抑えのクルーンが確り抑え逃げ切った。これで巨人は連敗を2で止めてゴールデンウィーク中に借金返済へ好スタートを切った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
27日阪神甲子園球場で阪神対巨人戦が行われ、4×対3で阪神が抑えのクルーンを攻略して逆転勝利を上げた。試合は阪神先発杉山投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、序盤から投手戦の展開となるが、5回に阪神が1番赤星選手にタイムリーで1点を先制する。しかし巨人も6回に5番ラミレスのタイムリー2ベースで逆転に成功すると、7回に代打谷選手のタイムリーで追加点を上げる。阪神も8回に1点差とするが、9回に巨人は抑えのクルーンを投入する。しかしクルーンが打ち込まれ、同点にされると、3番新井選手に押し出しの四球を与えて逆転サヨナラ負けを屈した。 これで巨人は阪神負け越しが決まり4月の借金返済はなくなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、6対4で巨人がお家芸の空中戦を制して東京ヤクルト戦を勝ち越した。試合は巨人先発木佐貫投手、東京ヤクルト先発増淵投手の投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2ランで先制すると、4番ラミレスのホームランで3点を先制する。東京ヤクルトも2回に5番ガイエルのホームランで1点を返すが、3回に4番ラミレスのこの日2本目のホームランで2点を追加してリードを広げるが、4回にまたも5番ガイエルのホームランで1点を返され、7回にも1番飯原選手のホームランで2点差にされた。しかし7回に8番古城選手のホームランで突き放すと、8回から豊田投手が1点で抑え、最後は抑えのクルーンが締めて週間3勝1敗1分で借金を2返済した。これで巨人は来週から名古屋、広島遠征6連戦でクルーン不在の戦いを強いられる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
12日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、4対8で東京ヤクルトが4番リグスの逆転3ランで試合をひっくり返した。試合は巨人先発尚成投手、東京ヤクルト先発リオンの投げあいで始まり、2回に東京ヤクルトが6番宮本選手の犠牲フライで先制するが、4回に5番李の内野ゴロの間に同点に追いつくと、5回には4番ラミレスの3ランで逆転に成功する。しかし6回に東京ヤクルトが5番ガイエルのホームランで焦ったベンチが尚成投手を諦め2番手西村投手に交代すると流れが東京ヤクルトに傾き、7回に1点差にされそうになるとセットアッパー豊田投手を起用するが、4番リグスに逆転3ランを浴びた。9回にも2失点を献上し、最後は抑えの林昌勇に抑えられた。巨人は焦りから連勝が3でストップし中継ぎに課題を露にした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日横浜スタジアムで横浜対巨人戦が行われ、4対1で巨人が4番ラミレスの2ランなどで快勝した。試合は横浜先発那須野投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、序盤は両チームとも攻略できず0行進を続けるが、6回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制すると、7回にはエラーから8番木村選手のタイムリーなどで2点を追加した。横浜も8回3番金城選手のホームランで1点を返すが、最後は抑えのクルーンが抑えた。これで巨人は引き分けを挟んで2連勝とし借金返済へ着実に動き出した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
28日プロ野球セントラルリーグが開幕し、東京ヤクルト対巨人の試合が神宮球場で行われ6対2で東京ヤクルトが巨人の守備陣のミスに付け込み開幕を飾った。試合は東京ヤクルト先発石川投手、巨人先発尚成投手の投げあいで始まり2回に巨人が5番ラミレスのホームランで先制するが、その裏東京ヤクルトがチャンスを作り、7番飯原選手のタイムリーで1点を返すと、1死満塁から9番石川選手の内野ゴロで逆転すると1番川島慶選手、2番田中選手のタイムリーで2点を追加した。4回にも東京ヤクルトは1点を、5回にも1点をさらに追加した。巨人は7回に1番由伸選手のタイムリーで1点を返すが反撃もここまでで、最後は4番手五十嵐投手に抑え込まれ巨人は開幕戦を落とした。巨人はレフトラミレスの守備を付け込まれ開幕から守備陣の課題が浮き彫りになる苦しいスタートとなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日東京ドームで巨人対MLBボストンレッドソックスとのオープン戦が行われ、2対9でボストンレッドソックスが世界王者の力を見せつけて圧倒した。試合は巨人先発グライシンガー、ボストン先発ウェイクフィールドで始まり、ボストンは初回にグライシンガーを攻めるが攻略できず、巨人はナックルボーラーのウェイクフィールドのナックルに苦しむが、初回に死球から5番李のタイムリーで先制すると、4回にも内野ゴロの間に1点を返した。しかし6回にボストンは3番手バーンサイドを攻めて6番ドリューのグランドスラムで逆転に成功すると、巨人の中継ぎ陣を滅多打ちにし、8回に3点、9回に2点を上げて圧勝した。これで巨人はベストオーダーが揃って開幕戦を迎える。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
19日巨人は東京ヤクルトを自由契約となっていたアレックス・ラミレス選手の獲得が濃厚になったと報道された。ラミレスは来日7年間で本塁打王1回、打点王2回を獲得し、今季は204安打を記録していた。ここまで投手中心の補強に徹していた巨人が最後の最後で落第点の補強へ向かおうとしている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日東京ドームでプロ野球オールスター第1戦が行われ、セントラル対パシフィックはセントラルが中継ぎ&抑え9人のリレーでパシフィックを完封し4対0で勝利した。試合はセントラル上原投手、パシフィックダルビッシュで始まり、6回まで両チームとも無得点が続いたが、7回にセントラルが5番に入ったラミレスの2ランで先制すると、代打前田選手のホームランで追加点を上げて、8回には代打森野選手のホームランで試合を決めた。セントラルは上原、高津、林、木塚、岩瀬、黒田、久保田、クルーン、藤川投手の史上初の9人リレーでパシフィックを1安打に抑えた。MVPは7回に決勝ホームランを打ったラミレスに決まった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
29日神宮球場で東京ヤクルト対巨人の試合が行われ6対2で東京ヤクルトが4番ラミレスの逆転2ランで巨人を沈めた。試合は東京ヤクルト先発松井投手、巨人先発久保投手の投げ合いで始まり、2回に巨人が失策からチャンスを掴み、7番脇谷選手のタイムリーで先制すると、8番ホリンズのタイムリー2ベースで2点を先制する。対して東京ヤクルトも1番ガイエルのホームランで1点差に迫るが久保投手を攻略しきれない。しかし6回2死1塁から4番ラミレスに逆転2ランを浴びると、7回には2番手真田投手から代打宮出選手のタイムリー、2番宮本選手のタイムリー3ベースで3点を追加した東京ヤクルトが4番手木田投手、5番手館山投手のリレーで逃げ切られた。巨人はこのカード負け越しが決まり、出塁という部分でまたも課題を露呈した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ