11月1日公開の映画「マチネの終わりに」を観賞した。 この映画は平野啓一郎の長編小説で40代のクラシックギター奏者とジャーナリストとの恋が描かれるストーリーである。 40代の恋の行方は50代に向かう上での1つの人生の岐路として捉える事になるだろう。 ... もっと読む