オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:マギー

4
10月5日公開の映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」を観賞した。 この作品は事故で車いす生活となった憧れの先輩に付き添う女性が色々な苦難を乗り越えていくストーリーである。車いす生活の大変さを考えると簡単な決断ができないという事も踏まえないといけない。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」最終話は深山は連続殺人事件の容疑で逮捕された被告の弁護を担当することになった。逮捕された被告は無実を訴えるが、髪の毛が現場で見つかっておりまずアリバイを崩さなければならなかった。そんな中深山は偶然見つけた2つの殺人事件の内容が今回の内容と瓜二つである事に着目してそちらの詳細も調べ始める。そんな中で深山はこの事件の共通点が5年前に同じ病室で一緒だったという共通点が確認された。そしてその病院に被告も3か月前に人間ドックを受けていた事も判明し、そこから調べていくと当時主治医を務めていた人物がセクハラをしていた事が生き残った1人によって判明し、そして深山らは当時の主治医を問い詰めて事件は冤罪である事が確定したが、深山はこの事件が検察の冤罪行為である事を最後まで追求していく意思を示したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第9話は深山らは資産家会長の殺人事件の弁護を担当する事になった。連絡を受けた深山、佐田、立花は現場に駆けつけると既に会長は死んでおり、殺害したのは介護していた3男の妻だった。残る6人のうち5人は自宅にいたがまずそれぞれの事情聴取を取る事にした。事情聴取したものの、全員が凶器とされたネクタイの色を普通ならオレンジ色というところを朱色という不自然な供述をした。そして更にワインの跡が残っていなかった事を不審に思う。そんな中調査をすると佐田は会合に出席したという会で長男が途中で抜け出していた事を確認すると、長男の犯行が明らかとなり、3男の妻は無実が証明されたものの、一族全員が罪を被った事になり全員に相続権を失う事になろうとしたが、3男の妻は妊娠しており、まさかの計画的犯行という事態が明らかになってしまったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第8話は突然深山が逮捕されてしまった。経緯もわからずおどおどする立花たちだったが、当然深山の弁護を佐田と立花でする事になる。事件の詳細は深山が会っていた相手が突然倒れて亡くなった事による殺人容疑だった。深山はその時かけたドレッシングに毒物が入っていたからという証拠だった。その証拠は不確定要素が多く、佐田と立花は深山の指示を受けながら経緯を辿ると深山の父親が殺人容疑で有罪判決を受けて控訴中に亡くなった過去を知る。その過去が引き金になっている事は明らかだった。そしてその筋から調べると深山がかつて扱った事件の相手が有罪判決を受けており、その判決による恨みによる事件という筋があったが、そこでその筋を辿ると現場にいた男との接点がわかり、佐田と立花が聴取すると犯行を認めて法廷に証言する事を約束する。そして法廷で深山は自らの主張で矛盾を話し、その上で証人が現れ、承認がこの事件の経緯を話した事で深山の無罪が確定したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第7話は完全犯罪で殺害した副社長だったが、その事件で逮捕されたのは同社専務取締役だった。当初は容疑者である専務の弁護人となり、専務がまったく見に覚えがないという証言からこの事件を検証する深山たちは副社長の証言に違和感を感じていた。そして色々調べていくと凶器となった花瓶を再度検証すると花瓶にはある仕掛けがされている事が判明し、裁判でその証拠を突き出した事で専務の無実が証明され副社長は逮捕されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第6話は18年前の事件を検証することになった深山は当時事件に関わっていた佐田も巻き込んで事件解決に奔走するが時代が立ちすぎてなかなか証言を得られない。そんな中で当時の交流関係から聞き込みをすると不可解な証言を得ることに成功した。しかし問題はこの証言を検証できるかにかかっていたが、もう一度18年前と同じように検証すると今の技術でバイクに映っていた人物の身長が175cmであり、捕まった犯人とされた人物が165cmだった事で大きな矛盾が生じて不可解な証言をした人物に再度その事を聞き込むと事件の内容が明らかとなり真犯人を突き止めた。これにより18年前の犯人の無罪が証明され、アリバイした人物もアリバイが崩れ逮捕される方向になったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第5話は暴行事件の弁護をする事になった深山は立花と共に謁見するが容疑者がその場で倒れてしまう。このまま死亡すると被疑者死亡のまま不起訴か起訴されて書類上の処理で終わる。しかし深山はこの事件の真実を追い求めて検証を開始すると頭を打った原因はハッキリしたが、容疑者が言っていたお前が殺したんだという言葉の意味を捜査した。そうすると18年前に容疑者の父親が自殺と扱われた事件があり、その事件と同じ日に資産家令嬢殺人事件が発生し多くの捜査員はそちらに向けられていた。そんな中当時関わった元刑事との接触に成功しこの事件は自殺ではないと感じていたと語る。そこで深山は容疑者の父の手帳から殴られた社長がかつて容疑者の父に融資を申し出ていた事を掴んだ。そしてそれとアリバイを掴んで追及したがその社長は何故か強気な発言をする。そして深山はこの事件と当時起きた令嬢殺人事件に接点がある事に気づき、当時担当弁護をした佐田を引っ張り出すシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第4話は痴漢で現行犯逮捕された研究者を弁護する事になった深山たちは状況証拠を探すために色々と再現する事にしたが、痴漢された女性は男をおんぶしたと話したが女性の体格では逮捕場所まで45分かかり30分で到着する事は出来ない。そこから矛盾を探っていたが研究者が示談を申し出た事で弁護は1度終了する。しかし腑に落ちない深山は独自に調査をしていたが痴漢された女性と飲んでいたバーの店長が実は恋人同士である事が判明し研究者は冤罪に巻き込まれた事が間違いなくなる。その直後研究者が無実を証明したいと申し出てきたものの既に示談した案件は事件として解決済みとなっておりやり直しが利かない。しかし詐欺罪で告訴すれば無罪を勝ち取る事が可能という逆転発想で深山は佐田にこの案件は騙されたと囲い込み佐田も示談した事を後悔し、詐欺罪で告訴に持ち込もうとする。そして女性とバーの店長を同時に呼び出して供述に矛盾がある事で2人を白状させた後この犯行を主導した同じ会社の社長を呼び出し社長の犯行が明らかになったところで社長を告訴し無罪を勝ち取ったシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第3話は深山が弁当の調味料を話している中で新たな案件が舞い込む。その案件は建設会社の金庫から非常用資金1000万園が盗まれた事件だった。その事件で逮捕されたのが経理をしていた女性事務員だった。女性事務員の家から1500万円が発見され、それで容疑として起訴されそうになっていたが、女性事務員はそのお金の事を全く話そうとしない。そんな中で担当となった立花は話を聞こうとするも証言を拒否する。どうして拒否するのか首をかしげる立花と深山は女性事務員の生い立ちを調べると依頼人の母親は実は15年もあった事がなく、母親との接点はないと判断し、盗まれた金庫を調べ、さらに女性事務員の日常を調べると女性事務員は事務職とは別に夜の仕事をしている事を突き止める。しかしそれでも拒否をする。しかし母親の手紙を見せた事で状況は好転するが、ここで建設会社の社長がある取引をしている事を突き止め、そして金庫の番号のからくりを知った深山と立花はこの証拠を裁判で検証して見事に女性事務員の無実を証明したシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」第2話は正当防衛を主張する容疑者を弁護することになった深山は佐田の忠告を聞かずに事件の真相を追う事に没頭する。そんな中状況証拠の中で容疑者は2回刺したと証言しているものの、その後の検証で5回刺している事がわかり、証言の矛盾を調べ始める。そんな中殺された被害者はかつて傷害事件を起こしており、その事件の後に自殺した女性の婚約者が容疑者の男性だと判明し、事件はその時の事件からの流れだと知る。そして事件を調べるとその時の目撃者がいる事が判明し、その目撃者はホームレスだった。そして待つ事数日ようやく表れたホームレスが容疑者は2度刺したが、その後現れた男が3度刺して口止め料としてお金を貰ったと証言した事で犯人はもう1人いる事が分かり、もう1人の犯人を追うと、深山は心当たりある店の店長を思い出し、その店長は決定的な証拠画像と口止め料として渡された封筒が決定的な証拠となり殺人容疑で逮捕され、容疑者は殺人未遂として起訴されたシーンがメインだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
「99.9−刑事専門弁護士−」は刑事専門弁護士が0.1%の無罪の可能性を信じて真実を追求するドラマである。冤罪事件もある中で被疑者の無罪をどう証明していくのか注目したい。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日パシフィックリーグクライマックスシリーズ13ファイナルステージ第4戦 東北楽天対千葉ロッテ戦がKスタ宮城で行われ、 8対5で東北楽天が球団創設以来初となる日本シリーズ進出を決めた。 試合は東北楽天辛島投手、千葉ロッテ先発唐川投手の投げ合いで始 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ