1日Jリーグ12最終節が行われ、アルビレックス新潟はホーム東北電力ビックスワンで18位コンサドーレ札幌と対戦し4対1でDF坪内、FWロペスの2ゴール、MFアランのゴールで勝利し、残留争いの対象だった15位ヴィッセル神戸は優勝したサンフレッチェ広島に0対1で敗れ、16位ガンバ大阪はジュビロ磐田に1対2で敗れた為新潟の残留が決まり選手、サポーターの涙と歓喜で締めくくり、10勝10分14敗勝ち点40、得失点差ー5で15位でシーズンを終えた。残留には勝つしかない試合で新潟が果敢にゴールを目指し、勝利という結果を出して結果を待った先にサッカーの神様は最後まで諦めないチームを見捨てなかった。そして最後まで諦めずに闘う事を知ったシーズンだった。 ... もっと読む