「ブタがいた教室」は1990年に実際に行われた小学生の授業でブタを飼うドキュメントを映画化した作品で小学6年生が1年間ブタを飼って最後には食べるという事で飼うが、次第に愛情が生まれブタを巡り激論を交わして最後に結論を出す事になるストーリーである。人間である以上豚肉を食べない事は避けて通れない事だし、何より私たちの生活において生きているものを食べて生きている事を実感し、その命についてそしてその責任について考えさせられる答えなきテーマでもある。 ... もっと読む