「映画 ビリギャル」 は「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の実話を映画化した作品で高校2年時に偏差値30で学年ビリだったギャルがわずか1年で偏差値を40以上上げて慶應大学に合格するストーリーである。実際にあった話しなのでどうしてそれが可能だったのかを確り認識しながら物事には現実無くして夢はない事語っていきたい。 ... もっと読む