12日クラブW杯トヨタカップ2007準決勝アフリカ王者エトワール・サヘル対南米王者ボカ・ジュニアーズの試合が行われ、0対1でボカ・ジュニアーズが前半37分MFカルドソのゴールを守り切り決勝進出を果たした。試合は前半から守備を固めるエトワール・サヘル相手にボカ・ジュニアーズは攻め立てるが守備を破る事ができない。前半30分までは互角の展開だったが、前半37分にFWパレルモのスルーパスがDFの裏を突き、FWパラシオが突破し、クロスをMFカルドソがトラップしGK正面のシュートが決まり先制し前半を終了する。後半になってもカウンター狙いのエトワール・サヘルの戦術は徹底し、FKからチャンスを掴むが、ボカゴールを破れない。後半25分にMFバルガスが退場になり10人となるが、エトワール・サヘルは戦術を大きく変えず、ボカは守備固めでゴールを守り抜き試合終了しボカ・ジュニアーズが決勝進出を果たした。これで決勝はボカ・ジュニアーズ対浦和かACミランの勝者との対戦となった。 ... もっと読む