オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:パチューカ

5
21日クラブW杯トヨタカップ2008、3位決定戦北中米王者パチューカ対アジア王者ガンバ大阪の試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でガンバ大阪がFW山崎のゴールで逃げ切り世界3位に輝いた。試合は前半からパチューカが予想通り中盤を支配するが、ガンバ大阪の組織的守備の前にゴールを破れない。対してガンバ大阪は少ないチャンスで素早い攻撃を仕掛けて前半29分FW播戸のフィードをFW山崎が抜け出してゴールを決めて待望の先制点を上げる。その後攻めるもののゴールを割れず前半を終了する。後半になるとパチューカが試合を支配する時間が長くなり、ガンバ大阪は守備の時間が増えるものの、決定的場面で尽く外し、ガンバ大阪がそのまま逃げ切り世界3位となった。これでガンバ大阪は2年連続日本のアジア王者として3位に入り、世界との差を微々たるものだが縮まっている事を証明した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日クラブW杯トヨタカップ2008準決勝北中米王者パチューカ対南米王者LDUキトの試合が国立競技場で行われ、0対2でLDUキトがわずかなチャンスを見逃さずに得点して守り切り決勝進出を決めた。試合は前半開始早々4分にLDUキトがカウンターからパチューカのクリアミスをFWビエレルが決めて先制する。その後試合は圧倒的にパチューカが支配したが、前半26分にFKのチャンスをMFボラーニョスが絶妙なFKで決めて追加点を上げる。試合前半はパチューカのペースで終わった。後半になると攻めるパチューカ、守るLDUキトの図式になる圧倒的支配率でゴールを狙うもののLDUキトのゾーンディフェンスを崩せず、時よりカウンターでピンチを迎える場面もあった。結局このままLDUキトが逃げ切り決勝進出を決めた。これでLDUキトは4大会連続南米の決勝進出を守り、パチューカはあと一歩及ばなかった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日クラブW杯トヨタカップ2008準々決勝アフリカ王者アルアハリ対北中米王者パチューカの試合が国立競技場で行われ、2対4でクラブW杯方式になってから初の延長戦に突入し、北中米王者パチューカが2点のビハインドから大逆転勝利で準決勝進出を決めた。試合は前半から北中米王者パチューカが圧倒的に試合を支配し何度もアフリカ王者アルアハリゴールを脅かす。しかし先制したのはアルアハリ!前半28分FWアブトレイカが折り返すクロスがDFに当たりオウンゴールで先制すると前半終了間際アルアハリはカウンターからFWフラビオが決めて前半を2対0で折り返す。後半になるとパチューカが2人選手を入れ替えて守備時には3バックから4バック気味にした事で状況が一変し、後半2分にFKからMFモンテスのキックがそのまま入り1点差とするとその後は終始パチューカが試合を支配し後半28分FKのチャンスをFWヒメネスが直接FKで決めて同点に追いつく。試合は90分で決着がつかずクラブW杯方式となってからは初の延長戦に突入し、延長前半8分にパチューカが前線からのプレスでチャンスを掴みFWアルバレスが逆転ゴールを決めて勝ち越すと、延長後半5分にFWヒメネスが決めてパチューカが大逆転勝利で準決勝進出を決めた。これでパチューカは準決勝で南米王者LDUキトと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
9日クラブW杯トヨタカップ2007準々決勝アフリカ王者エトワール・サヘル対北中米王者パチューカの試合が行われ、1対0でエトワール・サヘルが後半39分にカウンターからMFナリーのゴールで勝利しボカ・ジュニアーズとの挑戦権を手にした。l試合は序盤からパチューカの攻勢で始まり、再三のチャンスを活かすが得点に結び付かず、エトワール・サヘルも少ないチャンスからシュートを放つが決められない。前半は0対0のまま終了した。後半になってもパチューカの攻勢は変らずFKから再三ゴールを狙うが決められず、後半39分にカウンターからMFナリーのミドルシュートがDFに当たってコースが変り突き刺さった。これが決勝点となり、エトワール・サヘルがボカ・ジュニアーズとの準決勝で対決する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ