オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:トヨタカップ

5
21日クラブW杯トヨタカップ2008決勝南米王者LDUキト対欧州王者マンチェスターUの試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でマンチェスターUがFWルーニーのゴールを守り切り9年ぶり2度目のトヨタカップ、クラブW杯では初の栄冠を手にした。試合は前半から圧倒的攻撃力に勝るマンチェスターUが試合を支配し、FWルーニー、デニス、MF朴智星、C・ロナウドらの攻撃で圧倒するが、LDUキトの守備網の前にゴールを割れず前半を折り返す。後半になるとマンチェスターUは後半4分にDFビディッチの1発退場で10人となりFWを1枚削る事になり、情勢はほぼ互角となる。しかしマンチェスターUはFWにC・ロナウドの1トップに代えて少ない人数で攻撃に徹し、後半28分FWC・ロナウドのアシストをFWルーニーが決めて待望の先制点を入れたマンチェスターUはその後LDUキトの反撃をGKファンデルサールのセーブなどで抑えマンチェスターUが9年ぶり2度目のトヨタカップを制し、クラブW杯では初の栄冠となった。これでクラブW杯はマンチェスターUの制覇で2年連続欧州勢が制し、2009年から2年間UAEへ舞台を移す事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日クラブW杯トヨタカップ2008、3位決定戦北中米王者パチューカ対アジア王者ガンバ大阪の試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でガンバ大阪がFW山崎のゴールで逃げ切り世界3位に輝いた。試合は前半からパチューカが予想通り中盤を支配するが、ガンバ大阪の組織的守備の前にゴールを破れない。対してガンバ大阪は少ないチャンスで素早い攻撃を仕掛けて前半29分FW播戸のフィードをFW山崎が抜け出してゴールを決めて待望の先制点を上げる。その後攻めるもののゴールを割れず前半を終了する。後半になるとパチューカが試合を支配する時間が長くなり、ガンバ大阪は守備の時間が増えるものの、決定的場面で尽く外し、ガンバ大阪がそのまま逃げ切り世界3位となった。これでガンバ大阪は2年連続日本のアジア王者として3位に入り、世界との差を微々たるものだが縮まっている事を証明した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日クラブW杯トヨタカップ2008準決勝アジア王者ガンバ大阪対欧州王者マンチェスターUの試合が横浜国際総合競技場で行われ、3対5でマンチェスターUがFWルーニーの分殺2ゴールで逃げ切るも欧州王者として南米王者以外で初失点並びに3失点を屈する屈辱も味わった。試合は前半から挑戦者ガンバ大阪が果敢に攻守に渡り動き回りマンチェスターUに対して積極的に挑んでいく。しかし前半15分を過ぎてから次第にマンチェスターUがペースを掴み出し、前半28分CKからDFビディッチのヘッドでマンチェスターUが先制すると、前半ロスタイムにCKからFWC.ロナウドのヘッドが決まり2点のリードで折り返す。後半になるとガンバ大阪も積極的にシュートを放ち、FKからはMF遠藤がGKファンデルサールを脅かすFKをみせる。そして後半29分にガンバ大阪はカウンターからFW山崎のシュートが決まり1点差とするが、これでマンチェスターUは目を覚まし、その30秒後に途中出場のFWルーニーに決められると、後半33分にMFフレッチャー、後半36分に再びルーニーに決められ試合はほぼ決まったが、それでもガンバ大阪は攻撃を諦めず、後半41分にPKを獲得しMF遠藤が確り決めて2点目を上げると、後半ロスタイムにMF橋本が豪快なミドルシュートを決めてマンチェスターUから3点を奪った。試合は3対5でマンチェスターUが勝利したもののシュート数ではガンバ大阪が上回り、支配率も互角とガンバ大阪は世界公式戦で大きな戦績を残した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日クラブW杯トヨタカップ2008準決勝北中米王者パチューカ対南米王者LDUキトの試合が国立競技場で行われ、0対2でLDUキトがわずかなチャンスを見逃さずに得点して守り切り決勝進出を決めた。試合は前半開始早々4分にLDUキトがカウンターからパチューカのクリアミスをFWビエレルが決めて先制する。その後試合は圧倒的にパチューカが支配したが、前半26分にFKのチャンスをMFボラーニョスが絶妙なFKで決めて追加点を上げる。試合前半はパチューカのペースで終わった。後半になると攻めるパチューカ、守るLDUキトの図式になる圧倒的支配率でゴールを狙うもののLDUキトのゾーンディフェンスを崩せず、時よりカウンターでピンチを迎える場面もあった。結局このままLDUキトが逃げ切り決勝進出を決めた。これでLDUキトは4大会連続南米の決勝進出を守り、パチューカはあと一歩及ばなかった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日クラブW杯トヨタカップ2008準々決勝アジア2位アデレード対アジア王者ガンバ大阪の試合が豊田スタジアムで行われ、0対1でMF遠藤のゴールを守り切り欧州王者マンチェスターUとの挑戦権を獲得した。試合は前半からアデレードの攻勢に苦戦するが、次第に中盤でリズムを掴み始めたガンバだったが前半20分ごろにMF佐々木の負傷退場FW播戸に交代する。その直後の前半23分にFW播戸の折り返しをMF遠藤が見事に決めてガンバが先制する。その後ガンバは試合を支配し始めて前半を折り返した。後半になるとアデレードのパワープレーに苦戦するが、ガンバもカウンターからチャンスを掴むがどちらもチャンスを活かせない。結局そのまま試合は終了しガンバ大阪は見事に3度目も勝利しマンチェスターUとの挑戦権を手に入れた。これでガンバ大阪は木曜日にマンチェスターUと対戦し、アデレードは5位決定戦でアルアハリと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日クラブW杯トヨタカップ2008準々決勝アフリカ王者アルアハリ対北中米王者パチューカの試合が国立競技場で行われ、2対4でクラブW杯方式になってから初の延長戦に突入し、北中米王者パチューカが2点のビハインドから大逆転勝利で準決勝進出を決めた。試合は前半から北中米王者パチューカが圧倒的に試合を支配し何度もアフリカ王者アルアハリゴールを脅かす。しかし先制したのはアルアハリ!前半28分FWアブトレイカが折り返すクロスがDFに当たりオウンゴールで先制すると前半終了間際アルアハリはカウンターからFWフラビオが決めて前半を2対0で折り返す。後半になるとパチューカが2人選手を入れ替えて守備時には3バックから4バック気味にした事で状況が一変し、後半2分にFKからMFモンテスのキックがそのまま入り1点差とするとその後は終始パチューカが試合を支配し後半28分FKのチャンスをFWヒメネスが直接FKで決めて同点に追いつく。試合は90分で決着がつかずクラブW杯方式となってからは初の延長戦に突入し、延長前半8分にパチューカが前線からのプレスでチャンスを掴みFWアルバレスが逆転ゴールを決めて勝ち越すと、延長後半5分にFWヒメネスが決めてパチューカが大逆転勝利で準決勝進出を決めた。これでパチューカは準決勝で南米王者LDUキトと対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
11日クラブW杯トヨタカップ2008が開幕し、初戦のアジア2位アデレード対オセアニア王者ワイタケレの試合が行われ、2対1でアデレードがワイタケレの組織的守備に苦しみながらも初戦突破を果たした。試合は前半から終始アデレードが押し気味に試合を進めるがワイタケレの組織的守備の前になかなかゴールを割れない。攻めあぐねている中ワイタケレは前半34分FKのチャンスでGKとの競り合いからMFシーマンが決めてワイタケレが先制する展開となるが、その後アデレードは前半39分にCKからDFマレンがヘッドで決めて同点に追いつき前半を終了した。後半になるとアデレードが完全に試合を支配しワイタケレは少ないチャンスでパワープレーに徹するがどちらもゴールを割れず後半38分アデレードはFKからMFドッドがヘッドで勝ち越し点を上げてそのまま逃げ切った。これでアデレードは14日にアジア王者ガンバ大阪と対戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日ACL08(アジアチャンピオンズリーグ)の決勝リーグの組み合わせ抽選が行われ、ACL王者浦和レッズはアルカディシア(クウェート)と、Jリーグ王者鹿島アントラーズはアデレード(オーストラリア)と、ナビスコ杯王者のガンバ大阪はアルカラマ(シリア)と対戦する事になった。準々決勝は9月17、24日にホームアンドアウェー方式で行われ、順調に勝ち上がれば10月8、22日の準決勝、決勝は11月5、12日に行われ、優勝チームは12月のクラブW杯出場権を得る。 順々決勝で浦和レッズとガンバ大阪が勝利すれば準決勝で直接対決となり、鹿島アントラーズは準々決勝に勝利しても準決勝は中東へ飛ぶ日程となり浦和と大阪の因縁の対決が実現するか注目される。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日ACL08(アジアチャンピオンズリーグ)最終節が行われ、鹿島アントラーズはアウエーでナムディンと対戦し4対0で圧勝し2位北京国安が敗れたためクラブ史上初の決勝トーナメント進出を決めた。既に決勝進出を決めていたガンバ大阪は1対1で引き分けた。これでACLは浦和レッズ、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪の3チームが決勝トーナメントに進み、3チームがクラブW杯を目指して戦う事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日クラブW杯トヨタカップ2007決勝南米王者ボカ・ジュニアーズ対欧州王者ACミランとの試合が横浜国際総合競技場で行われ、2対4でACミランが4年前のリベンジを果たして17年ぶりにトヨタカップを制した。試合は前半からACミランがゴールを固めつつカウンターを狙うのに対してボカ・ジュニアーズはパスとドリブル突破でチャンスを作るがゴールを割れない。試合が動いたのは前半21分MFカカのドリブル突破からパスを受けたFWインザーギのシュートが決まり先制する。しかしその2分後ボカ・ジュニアーズはセットプレーのリスタートからFWパラシオが決めて同点に追いついて前半を終了する。後半になるとACミランが前線の個人技でチャンスを掴み、FKからDFネスタのゴールで勝ち越すと、後半16分にはカウンターからMFカカがドリブル突破でDFを抜き去り最後はGKまで抜き去るスーパーゴール!で3点目を上げると、後半6分にはMFカカの突破から受けたパスをFWインザーギが決めて試合を決定付けた。その後両チームとも1人ずつ退場者を出す大会史上初の出来事もあり荒れたが後半40分ACミランのオウンゴールで2点差になるが、最後まで反撃を許さずACミランが4年前のリベンジを果たし、17年ぶりの世界一に輝いた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日クラブW杯トヨタカップ2007、3位決定戦アフリカ王者エトワール・サヘル対アジア王者浦和レッズとの試合が横浜国際総合競技場で行われ、2対2のドローでPK戦に突入し4対2で浦和レッズがGK都築のファインセーブで世界の3位に輝いた。試合は前半早々エトワール・サヘルが前半4分にPKを獲得して、DFフレジのゴールで先制する。その後前半30分まではエトワール・サヘルペースで試合が進み、前半30分を越えてから浦和がペースを掴みだし、前半35分MF相馬のクロスをFWワシントンがヘッドで合わせて同点に追いつき前半を終了する。後半になってエトワール・サヘルの攻勢に合うが、何とか凌ぎ、後半25分FKのチャンスにFWワシントンが逆転のゴールを上げて勝ち越す。しかし浦和は後半30分にFWシェルミティにゴールを許し同点に追いつかれる。結局このまま決着が着かず勝負をPK戦へ突入し、GK都築が2本止めたのに対して浦和は4人連続で決めて世界3位を決めた。これでアジア王者過去最高の3位を残して浦和の今シーズンが終了した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日クラブW杯トヨタカップ2007準決勝アジア王者浦和レッズ対欧州王者ACミランとの試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でACミランがMFセードルフのゴールで逃げ切り決勝進出を果たした。試合は前半から欧州王者ACミランが試合を支配し、前半12分にはMFピルロの直接FKはゴール正面を突き、前半23分にはMFカカのドリブルからMFセードルフへパスを出すがGK都築の正面だった。浦和レッズも守備を固めるACミランに対して少ないチャンスで攻め込むが、GKジダの正面を突きゴールを割れず前半を0対0で折り返した。後半になってもACミランの支配は変わらず自陣ゴール前での時間が続くが、後半17分にCKからDFネネがヘディング、後半19分にはFWワシントンが枠を捉えたがGKジダに阻まれる。そして後半22分に左サイドで受けたMFカカが突破し、低いパスをMFセードルフが決めてようやく均衡が破れた。その直後DF闘莉王が負傷退場でMF山田を投入する。そこからサイド突破でチャンスを掴みMF山田のシュートでCKのチャンスを掴むがゴールを割れなかった。浦和レッズは最後まで果敢に攻めたが追いつけず試合終了しACミランが決勝進出を決めた。浦和レッズは3位決定戦へ回ったが最後まで欧州王者相手に一歩も引かない戦いで大健闘の戦いだった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日クラブW杯トヨタカップ2007準決勝アフリカ王者エトワール・サヘル対南米王者ボカ・ジュニアーズの試合が行われ、0対1でボカ・ジュニアーズが前半37分MFカルドソのゴールを守り切り決勝進出を果たした。試合は前半から守備を固めるエトワール・サヘル相手にボカ・ジュニアーズは攻め立てるが守備を破る事ができない。前半30分までは互角の展開だったが、前半37分にFWパレルモのスルーパスがDFの裏を突き、FWパラシオが突破し、クロスをMFカルドソがトラップしGK正面のシュートが決まり先制し前半を終了する。後半になってもカウンター狙いのエトワール・サヘルの戦術は徹底し、FKからチャンスを掴むが、ボカゴールを破れない。後半25分にMFバルガスが退場になり10人となるが、エトワール・サヘルは戦術を大きく変えず、ボカは守備固めでゴールを守り抜き試合終了しボカ・ジュニアーズが決勝進出を果たした。これで決勝はボカ・ジュニアーズ対浦和かACミランの勝者との対戦となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日クラブW杯トヨタカップ2007準々決勝アジア準優勝セパハン対アジア王者浦和レッズの試合が行われ、1対3で浦和レッズがFW永井、ワシントンの2ゴールで快勝しACミランとの決戦へ進んだ。試合は浦和レッズがMFポンテの欠場を感じさせないプレーで守備が精力的に機能しセパハンにボールを回させない。そして流れを掴んだ前半32分MF相馬のクロスをFW永井が決めて先制すると、前半は攻守に渡りセパハンを圧倒して終了する。後半になるとセパハンが選手2人を代えて反撃に出るが、ここを凌ぎ後半9分MF阿部のスルーパスをFWワシントンがGKをかわしてゴールを決めて完全に主導権を握ると、後半25分にはOGで決定的な3点目が入る。しかしセパハンは一瞬の隙を突いて後半35分にFWカリミのゴールで追い上げるが反撃もここまで!結局浦和レッズが内容でも圧勝し文句なしの準決勝進出を果たした。これで13日の準決勝では浦和は欧州王者ACミランと挑戦する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
9日クラブW杯トヨタカップ2007準々決勝アフリカ王者エトワール・サヘル対北中米王者パチューカの試合が行われ、1対0でエトワール・サヘルが後半39分にカウンターからMFナリーのゴールで勝利しボカ・ジュニアーズとの挑戦権を手にした。l試合は序盤からパチューカの攻勢で始まり、再三のチャンスを活かすが得点に結び付かず、エトワール・サヘルも少ないチャンスからシュートを放つが決められない。前半は0対0のまま終了した。後半になってもパチューカの攻勢は変らずFKから再三ゴールを狙うが決められず、後半39分にカウンターからMFナリーのミドルシュートがDFに当たってコースが変り突き刺さった。これが決勝点となり、エトワール・サヘルがボカ・ジュニアーズとの準決勝で対決する。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
7日クラブW杯トヨタカップ2007が開幕し、初戦のアジア2位セパハン対オセアニア王者ワイタケレの試合が行われ、3対1でセパハンが終始中盤を支配して圧勝し浦和との再リベンジへと進んだ。試合は開始早々の3分にFWモハメドのヘディングで先制すると、4分にもDFのミスを突いてゴールを奪い主導権を握った。前半は終始セパハンが圧倒し前半を終了する。後半になってもセパハンの優位は変らず、後半2分MFアルハイルのミドルシュートがGKが弾きゴールに吸い込まれて3点目を上げた。その後セパハンは攻め続けるもののゴールを割れず、ワイタケレはパワープレーで応戦し、後半29分にセパハンのオウンゴールを誘って1点を返した。しかし力の差は大きくセパハンがそのまま逃げ切り月曜日の浦和との対戦に進んだ。これでトヨタカップは浦和対セパハンの再戦へ進み、ACミランとの挑戦権を掛けて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ