18日Jリーグ17第4節が行われ、アルビレックス新潟はアウェイ日産スタジアムで4位横浜Fマリノスと対戦し、1対1でアルビレックス新潟は4試合連続先制ゴールを許したものの、FWホニのJリーグ初ゴールで同点に追いつきその後両チーム決定機を決められずにドローに終わり、0勝2分2敗勝ち点2得失点差−3で16位に後退した。試合はホームの横浜が主導権を握りながら展開するも、新潟も初先発となったガリャルドを中心にゴールに迫るシーンを作る。しかし前半33分に横浜はMFマルティノスのゴールで先制を許したが、前半40分新潟は横浜のバックパスにFWホニが反応しこれをカットして無人のゴールに決めて同点に追いついた。しかし新潟は決定的なピンチを許すなど危ない場面もあり前半を折り返した。 後半は一方的に横浜に攻められる時間が続き、再三のピンチにGK大谷がセーブして失点を防ぎ、結局このまま終了し新潟は好調横浜相手に勝ち点1を手にした。これでアルビレックス新潟はアウェイで貴重な勝ち点1を手にして中断期間でカウンター攻撃の戦術向上を目指す。 ... もっと読む