13日クラブW杯トヨタカップ2007準決勝アジア王者浦和レッズ対欧州王者ACミランとの試合が横浜国際総合競技場で行われ、0対1でACミランがMFセードルフのゴールで逃げ切り決勝進出を果たした。試合は前半から欧州王者ACミランが試合を支配し、前半12分にはMFピルロの直接FKはゴール正面を突き、前半23分にはMFカカのドリブルからMFセードルフへパスを出すがGK都築の正面だった。浦和レッズも守備を固めるACミランに対して少ないチャンスで攻め込むが、GKジダの正面を突きゴールを割れず前半を0対0で折り返した。後半になってもACミランの支配は変わらず自陣ゴール前での時間が続くが、後半17分にCKからDFネネがヘディング、後半19分にはFWワシントンが枠を捉えたがGKジダに阻まれる。そして後半22分に左サイドで受けたMFカカが突破し、低いパスをMFセードルフが決めてようやく均衡が破れた。その直後DF闘莉王が負傷退場でMF山田を投入する。そこからサイド突破でチャンスを掴みMF山田のシュートでCKのチャンスを掴むがゴールを割れなかった。浦和レッズは最後まで果敢に攻めたが追いつけず試合終了しACミランが決勝進出を決めた。浦和レッズは3位決定戦へ回ったが最後まで欧州王者相手に一歩も引かない戦いで大健闘の戦いだった。 ... もっと読む