オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:セントラルリーグ

2
31日セントラルリーグクライマックスシリーズ11東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、 3対1で東京ヤクルトが小刻みに点を重ね、 巨人は小笠原選手のホームランで一矢報いたが ファイナルステージ進出はできず今シーズンが終了した。 試合は東京ヤクル ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
30日セントラルリーグクライマックスシリーズ11東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、 2対6で巨人が抑えの林昌勇を攻略してファイナルステージ進出に逆王手を掛けた。 試合は東京ヤクルト石川投手、巨人先発内海投手の投げ合いで始まり、 4回に巨人が4 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
29日セントラルリーグクライマックスシリーズ11東京ヤクルト対巨人戦が神宮球場で行われ、 3対2で東京ヤクルトが接戦を制してファイナルステージ進出に王手を掛けた。 試合は東京ヤクルト先発館山投手、巨人先発澤村投手の投げ合いで始まり、 3回まで両チー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日オールスター2011第3戦がクリネックスタジアム宮城で行われ、5対0でパシフィックが稲葉選手のホームラン含む猛打賞と田中投手、ダルビッシュ、和田投手、斎藤投手らの豪華8人リレーでセントラルを完封し2勝1敗でパシフィックが勝ち越し被災地宮城の人たちに奉げる勝利を上げた。試合はパシフィック先発東北楽天田中投手、セントラル東京ヤクルト先発由規投手の地元チームと地元出身投手の投げ合いで始まり、初回にパシフィックが3番北海道の稲葉選手の2ランで先制すると、3回にも3番稲葉選手のタイムリーで追加点を上げる。パシフィックは先発田中投手、2番手に東北高校出身のダルビッシュが登板し球場を沸かせる。結局その後もパシフィック投手陣が得点を許さず8人の完封リレーでパシフィックが2勝1敗で勝ち越した。これでオールスターはパシフィックの2勝1敗で終わり、被災者の方々に奉げる勝利をプレゼントして終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日オールスター2011第2戦がQVCマリンスタジアムで行われ、 4対3でオールパシフィックが接戦を制して対戦成績を1勝1敗としてクリネック宮城へ舞台を移す。 試合はパシフィック先発千葉ロッテ唐川投手、 セントラル先発東京ヤクルト館山投手の投げ合 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日プロ野球開幕戦が各地で行われ、 デーゲームで行われた横浜対中日戦は 5×対4で横浜がセットアッパー浅尾投手を 攻略してサヨナラ勝ちを飾った。 千葉ロッテ対東北楽天戦は4対6で東北楽天が 終盤で奪ったリードを守り切り星野監督現場復帰初戦を飾った。 ナ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日プロ野球セントラルリーグは 22日に文部科学省から4月中のナイター自粛と 東京ドーム使用禁止、セパ同時開幕の勧告を受け入れ、 4月12日にセパ同時開幕をする事になった。 この問題はセントラルリーグが 当初25日の開幕を予定通りに行おうとしたが、 フ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日文部科学省はNPBのセパ両リーグが決定した 開催案について選手会が求めていたセパ同時開幕と パシフィックリーグが提出した 4月全試合デーゲームと4月12日開幕案を支持し、 セントラルリーグの案を全面的に却下した。 これによりセントラルはパシフィックリー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日パシフィックリーグは4月12日に開幕を延期した 公式戦について4月の試合は全てデーゲームで行う事を発表した。 これは19日に文部科学省が25日に開幕を決めた セントラルリーグに対して東京電力及び東北電力管轄内での ナイター開催を自粛するように勧告し ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
17日プロ野球セ、パ理事会と実行委員会は 東日本大震災で開幕が危ぶまれていた開幕日を セントラルリーグが予定通り3月25日、 パシフィックリーグを4月12日の分離開催とすることが決まった。 3月11日に三陸沖で発生した 大地震と大津波で東日本大震災となり ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日プロ野球セントラル、パシフィック両リーグの MVP、新人王、ベストナインが発表され、 セントラルMVPは中日の和田一浩選手、 パシフィックMVPは福岡の和田毅投手が選ばれた。 新人王はセントラルが巨人の長野久義選手、 パシフィックは北海道の榊原諒投 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日セントラルリーグクライマックスシリーズ10 ファイナルステージ第4戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、 4×対3で中日が4番和田選手のサヨナラタイムリーで 巨人の粘りを振り切り3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。 試合は中日先発山本昌投手、巨人先 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
22日セントラルリーグクライマックスシリーズ10 ファイナルステージ第3戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、 2対3で巨人が阿部捕手の決勝ホームランで 何とか逃げ切り辛うじて3タテ阻止対戦成績を中日の3勝1敗とした。 試合は中日先発山井投手、巨人先発朝 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
21日セントラルリーグクライマックスシリーズ10 ファイナルステージ第2戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、 2対0で中日が2試合連続完封勝利で2連勝とし 日本シリーズ進出へ王手を掛けて 巨人は後が無くなりナゴヤドーム11連敗となり 史上初のポストシー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
20日セントラルリーグクライマックスシリーズ10 ファイナルステージ第1戦中日対巨人戦がナゴヤドームで行われ、 5対0で中日が初回の集中打で4点を上げてそのまま逃げ切り 巨人は完封負けで対戦成績を2勝0敗と中日が2勝リードした。 試合は中日先発チェン、巨 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
17日セントラルリーグクライマックスシリーズ10 ファーストステージ第2戦阪神対巨人戦が甲子園球場で行われ、 6対7で巨人が終盤で逆転勝利し2連勝でファイナルステージ進出を決めた。 試合は阪神先発久保投手、巨人先発朝井投手の投げ合いで始まり、 初回に阪神 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日プロ野球セントラルリーグは 広島対阪神戦がマツダスタジアムで行われ、 5対0で広島が阪神を下し、 試合がなくマジック1としていた 中日ドラゴンズが4年ぶり8度目のリーグ優勝を決めた。 一時はマジック8を点灯させていた阪神だったが、 巨人の4連覇を阻止 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
26日プロ野球セントラルリーグが開幕し、 阪神対横浜戦は京セラドームで行われ、 7対3で阪神が3点のリードを許したものの 城島捕手の活躍などで横浜逆転し開幕戦勝利を飾った。 中日対広島戦はナゴヤドームで行われ、 1対3で広島が初回に4番栗原選手の2点タイ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
いよいよプロ野球セントラルリーグ 2010年シーズン開幕直前となりました。 セントラルリーグは現在巨人の3連覇中という中で 中日が対抗する図式は今年も変わらないだろうけれど、 果たして今年のセントラルはどんなドラマがまっているのか? ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日プロ野球セントラルリーグは2010年の公式戦の日程を発表した。今季日本一に輝いた巨人は地方球場でホーム9試合、ビジター4試合を開催し、ハードオフエコスタジアム新潟ではビジターで5月8、9日とホームで9月10日に計3試合開催される事になった。巨人が新潟で公式戦を行うのは1989年以来21年ぶりとなる。あと6月29、30日に、那覇市営奥武山野球場(仮称)で横浜・ヤクルト戦が行う沖縄で公式戦が開催されるのは35年ぶりとなる。オールスター戦は7月23日にヤフードーム、24日にハードオフエコスタジアム新潟で開催される。これで2010年は新潟で巨人戦3試合、オールスター戦の計4試合が開催される事が決定した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日MLBシアトルマリナーズを退団した城島健司捕手が阪神との2度目の交渉で入団する事を決断し阪神入りが決まった。城島捕手は2005年まで福岡ソフトバンクの正捕手として活躍した後FAで日本人初のメジャーリーガーとして4シーズンシアトルマリナーズでプレーし最初の2シーズンは好成績を収めたものの、最後の2シーズンは若手起用もありベンチを温める事も多かった。出場機会を求めて2年契約を残して退団し、阪神との交渉で5年ぶりの日本復帰が決まった。これで阪神はWBC代表捕手を獲得した事で守備面と打撃面で大きな補強に成功した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第4戦が東京ドームで行われ、8対2で巨人が谷選手の満塁ホームランで中日の野望を打ち砕き2年連続日本シリーズ進出を決めた。試合は巨人先発東野投手、中日先発中田投手の投げ合いで始まり、初回に2番松本選手のバント処理のミスの間に1点を先制すると5番亀井選手のタイムリーで2点を先制する。3回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで無死満塁から6番谷選手の満塁ホームランで一気に試合を決めた。中日も4,5回に1点ずつ返したが、巨人は6回に4番ラミレスのダメ押しタイムリーで中日の戦力を喪失させた。9回に今季限りで引退する立浪選手が代打で登場して場内は惜しみない拍手で立浪選手を送られた。最後は抑えのクルーンが抑えて巨人は2年連続日本シリーズ進出を決めた。これで巨人は日本シリーズで28年ぶりに北海道日本ハムと日本一を掛けた戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第3戦が東京ドームで行われ、5対4で巨人が原監督の代打策が成功し中日から逆転勝利で2年連続日本シリーズ進出に大手を掛けた。試合は巨人先発尚成投手、中日先発吉見投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手の2ランで2点を先制すると、中日先発吉見投手が5回まで無失点に抑える。しかし巨人は6回に4番ラミレス、5番亀井選手の連続ホームランで一気に同点に追いつく。しかし中日は3番森野選手の内野ゴロの間に1点、4番ブランコのタイムリーで2点リードするが、8回に巨人が5番亀井選手の打球をショート井端選手が失策して1点を返すと、代打脇谷選手の逆転2点タイムリー2ベースで逆転に成功した巨人が最後は抑えのクルーンが3人で抑えて3勝1敗として日本シリーズ進出に大手を掛けた。これで巨人は今日にも2年連続日本シリーズ進出を決める。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
22日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第2戦が東京ドームで行われ、6対4で巨人が4回にキャプテン阿部捕手のホームランを皮切りに代打大道選手の2点タイムリーで中日を突き放してそのまま逃げ切り対戦成績を2勝1敗として先行した。試合は巨人先発オビスポ、中日先発チェンの投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手の2ランで2点を先制されるが、その裏巨人が3番小笠原選手のタイムリーで1点を返す。3回に巨人は4番ラミレスのタイムリーで同点に追いつくと、4回に7番阿部捕手のホームランで勝ち越すと、原監督は勝負を掛けて代打大道選手の2点タイムリー2ベースで3点リードを奪った。5回にも1番坂本選手のタイムリーでリードを広げた。中日は8回に7番藤井選手の2ランで2点差としたが、最後は抑えのクルーンが締めて巨人は対戦成績を2勝1敗とした。これで巨人は2年連続日本シリーズ出場へ一歩リードした。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
21日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第2ステージ巨人対中日第1戦が東京ドームで行われ、2対7で中日が先発ゴンザレスの立ち上がりを攻めて野本選手の3ランなどで5点を奪い初回で勝負を決めて対戦成績を1勝1敗の5分に持ち込んだ。試合は巨人先発ゴンザレス、中日先発小笠原投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手のタイムリーで先制すると5番和田選手のタイムリーで2点リードし、6番野本選手の3ランで初回で5点をリードした。巨人も2回に8番古城選手のタイムリーで1点を返すが、3回に中日が4番ブランコのホームランで突き放して完全に中日ペースで試合が進み、6回に8番谷繁捕手のタイムリーでダメ押しした。巨人も7回に1点を返すが、最後はセットアッパー浅尾投手が抑えて巨人は3年連続CS初戦を落とした。これで巨人は対戦成績を1勝1敗として5分に持ち込まれた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
19日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第1ステージ中日対東京ヤクルト第3戦がナゴヤドームで行われ、7対4で中日が序盤中盤終盤に効率よく得点を重ねて東京ヤクルトの反撃を抑えて3年連続第2ステージ進出を果たした。試合は中日先発中田投手、東京ヤクルト先発由規投手の投げ合いで始まり、初回に東京ヤクルトが4番青木選手のタイムリー2ベースで1点を先制するが、中日も3回に5番和田選手の2ランで逆転に成功すると、5回に中日は8番谷繁捕手のタイムリー、代打立浪選手のタイムリー2ベースで3点を追加した。7回に東京ヤクルトは4番青木選手、5番デントナのタイムリーで2点差とするが、その裏中日は代打平田選手のタイムリー3ベース、7番藤井選手のタイムリーで2点を追加し、最後は抑えの岩瀬投手が1点を失ったものの逃げ切り中日は2位の面目を保って第2ステージ進出を決めた。これで中日は3年連続巨人との対戦に挑む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第1ステージ中日対東京ヤクルト第2戦がナゴヤドームで行われ、3対2で中日が荒木選手のタイムリー勝ち越してそのまま逃げ切り1勝1敗のタイに持ち込んだ。試合は中日先発吉見投手、東京ヤクルト先発館山投手の投げ合いで始まり、初回に中日が5番和田選手の内野ゴロの間に1点を先制するが2回に東京ヤクルトが8番川本捕手の2ランで逆転に成功する。しかし中日はその裏8番谷繁捕手のホームランで同点に追いつくと3回以降両チームとも得点のないまま迎えた7回に2番荒木選手のタイムリーで勝ち越しに成功した中日が8回まで先発吉見投手が好投し、最終回は2番手浅尾投手、最後は抑えの岩瀬投手が抑え中日は第2戦を取り第3戦目まで持ち込む事に成功した。これで中日は第3戦で第2ステージ進出を掛ける。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
17日セントラルリーグクライマックスシリーズ2009第1ステージ中日対東京ヤクルト第1戦がナゴヤドームで行われ、2対3で東京ヤクルトが5番デントナの2ランで勝ち越しに成功してそのまま逃げ切り第2ステージ進出に大手を掛けた。試合は中日先発チェン、東京ヤクルト石川投手の投げ合いで始まり、4回に中日が5番和田選手のホームランで先制すると、5回には1番井端選手のタイムリーで2点リードをする。しかし東京ヤクルトは7回に4番青木選手のタイムリーで1点差にすると5番デントナの2ランで逆転に成功した。投げては先発石川投手、2番手押本投手、3番手五十嵐投手、最後は抑えの林投手が抑えて東京ヤクルトが初戦を制した。これで東京ヤクルトは第2ステージ進出に大手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日プロ野球広島とオリックスはそれぞれ新監督就任を発表し記者会見を行った。広島は広島OBの野村謙二郎新監督が就任し、オリックスは前阪神監督の岡田彰布新監督が就任した。野村新監督は広島現役時代の1989年に入団し、ショートとして広島全盛期を支え1991年には広島のリーグ優勝に貢献した。1995年には3割30本30盗塁を達成したが、その後広島の低迷と共に故障がちとなり思うような成績は残せなかったものの2000本安打を達成して2005年に引退した。岡田新監督は星野監督の後を継ぐ形で阪神監督に就任し2005年にリーグ優勝を達成し5年で4度のAクラス入りを果たし阪神の低迷時代から完全に脱却させた立役者だった。これで次々と新監督が就任しチーム作りに取り組む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日セントラルリーグとパシフィックリーグのクライマックスシリーズ争いに決着がついた。セントラルリーグは3位争いを展開した東京ヤクルト対阪神戦は3対1で東京ヤクルトが阪神を振り切りCS初出場を決めるも勝率5割を切る事が確実となった。一方初のCS進出を決めていた東北楽天はオリックス相手に4対3で逃げ切り2位を確定させ本拠地でCSを第1ステージを戦う事になった。これでセントラルは1位巨人、2位中日、3位東京ヤクルト、パシフィックは1位北海道日本ハム、2位東北楽天、3位福岡ソフトバンクとなり日本シリーズ出場を目指してCSを戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ