オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:サッカー日本代表

3
1日サッカーW杯カタール大会の組み合わせ抽選会が行われ、日本はE組でスペイン、ドイツ、大陸間PO2(コスタリカかニュージーランドの勝者)と対戦する事になった。 これまで過去7大会出場している日本はグループリーグで優勝経験ある国が同時に2国は言った事はなく過去のW杯 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
29日サッカーW杯アジア最終予選日本対ベトナム戦が埼玉スタジアム2002で行われ、1対1で日本は再三ゴールに迫りながら決め切れずベトナムにまさかの先制を許し、後半DF吉田麻也のゴールで同点に追いつくも逆転する事ができずにドローに終わり、7勝2敗1分勝ち点22得失点差+8と ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日サッカーW杯アジア最終予選日本対オーストラリア戦がスタジアム・オーストラリアで行われ、2対0で日本は再三ゴールに迫りながら決め切れずオーストラリアにあわやゴールかというピンチを乗り越え後半44分に途中出場のMF三笘薫の2ゴールでオーストラリアを破り最終戦を残 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日サッカーW杯アジア最終予選日本対サウジアラビア戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2対0で日本は前半にFW南野のゴール、後半にFW伊東純也のゴールでサウジアラビアにリベンジし、6勝2敗勝ち点18得失点差+6として2位をキープしW杯出場に王手をかけた。 試合は前半から一進 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
27日サッカーW杯アジア最終予選日本対中国戦が埼玉スタジアム2002で行われ、2対0で日本は前半からボールを支配しFW大迫のPK、FW伊東純也のヘッドで中国に隙を与える事なく勝利し、5勝2敗勝ち点15得失点差+4として2位をキープし予選最大の分岐点サウジアラビア戦を迎える。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
16日サッカーW杯アジア最終予選日本対オマーン戦がスルタンカブース・スポーツコンプレックスで行われ、1対0で日本は前半からボールを支配しながら展開するも膠着状態が続いたが後半36分にFW伊東純也のゴールでオマーンに前回の雪辱を果たして4勝2敗勝ち点12得失点差+2として ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
今年も残すところあと1日となりました。 今年夏季五輪の1年前という事で例年なら大きなイベントはない年でしたが、自国開催となったラグビーW杯で日本が大きく盛り上がった1年となりました。 野球は巨人が5年ぶりのリーグ優勝はしたものの日本シリーズで福岡に全く歯が立 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
今年も残すところあと1日となりました。 今年1年冬季五輪、サッカーW杯と上半期はとにかく忙しかった1年でしたし、1年通じてスポーツの話題で事欠かなかった1年でした。 そんな中で苦しいシーズンになったサッカーJ2の新潟では私自身の激震という事態に直面するという1度 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
9日サッカー日本代表はバヒド・ハリルホジッチ監督の4月7日付けでの解任した事を発表し、西野朗技術委員長を監督にする事を発表した。 バヒド・ハリルホジッチ監督は2015年3月にアギーレ監督の八百長問題による解任により新監督として招聘されて就任し縦への速い攻撃を軸 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
今年も残すところあと1日となりました。 今年は五輪もW杯もありませんでしたが、WBCがあり3月は大いに盛り上がってからはスポーツは正直なところW杯予選以外は普通の日常を送っていたという感じでした。 そして地元新潟は15年ぶりに来季J2で戦う事になり5か月間も勝て ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
24日JFA日本サッカー協会は次期A代表監督に メキシコ代表監督を2度務めたハビエル・アギーレ氏の就任を発表した。 ハビエル・アギーレ氏はメキシコ代表として選手、監督での経験もあり、 メキシコを2度のベスト16に導いた実績がある。 クラブチームでもス ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
4日サッカー元日本代表で16シーズン横浜F・マリノスに在籍し、今季JFLの松本山雅に在籍したDF松田直樹選手が急性心筋梗塞で4日午後1時6分死去した。34歳だった。松田選手は8月2日の松本山雅の練習中に突然倒れ、急性心筋梗塞で信州大病院に搬送され緊急手術を受けたが厳しい容態が続いていた。3日にはこれまで長年横浜や日本代表でプレーした選手たちが続々と訪れ奇跡の回復を信じたがその願いは叶わなかった。松田選手はU-17時代から日本を代表するDFとして活躍し、マイアミの奇跡と言われたアトランタ五輪、決勝トーナメントに進出したシドニー五輪、そして日韓W杯では3バックの右として日本のベスト16入りに貢献した。その後16シーズン横浜F・マリノスでプレーし、3度のリーグ優勝に貢献したが、昨シーズン横浜F・マリノスから戦国外通告を受けてサポーターに惜しまれながらJFL松本山雅に移籍してプレーしていた。あまりにも早い死、選手、関係者、サポーターは大きな悲しみに包まれている。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
今年も残すところ48時間を切りましたが、 今年はバンクーバーに始まり、W杯で最高潮に盛り上がり、 野球では千葉ロッテの下剋上日本一という結果となり 振り返ればスポーツは大忙しの1年でした。 その中で印象に残ったシーンを中心に振り返りたいと思います。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
30日、日本サッカー協会は日本代表の岡田武史監督の後任に イタリア人のアルベルト・ザッケローニ氏に決まったと発表した。 契約は2年延長オプション付きで 236万ドル(約2億円)の2年契約と報じられている。 日本代表の外国人監督は歴代6人目となり、 イタリ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
サッカー南アフリカW杯も残すところ2試合となったけれど、 日本代表の戦いが終わってから10日が経過し ある程度落ち着いたところで そろそろ日本代表の4年間の総括をしようと思う。 ジーコジャパンが敗れたドイツから南アフリカで アウエー初の16強入りを果たす ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
29日サッカー南アフリカW杯決勝トーナメント1回戦 パラグアイ対日本戦がロフタス・バースフェルドで行われ、 0対0で延長戦でも決着がつかずPK戦に持ち込んだが、 PK戦で5対3で敗れ日本代表の南アフリカの戦いは終わった。 試合は前半からパラグアイにボール ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日サッカー南アフリカW杯E組デンマーク対日本戦が ロイヤルバフォケングで行われ、 1対3で日本がMF本田の無回転FK、MF遠藤のFKがさく裂し FW岡崎のダメ押しゴールで2位で決勝トーナメント進出を決めた。 試合は前半から勝たなければならないデンマー ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
19日サッカー南アフリカW杯E組オランダ対日本戦が ダーバンで行われ、 1対0で日本は後半8分MFスナイデルのゴールに屈したものの 最後までゴールを目指しオランダと組織で互角に渡り合った。 試合は前半から日本がオランダにボールを回される 苦しい展開の連続 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日サッカー南アフリカW杯E組日本対カメルーン戦が フリーステートで行われ、 1対0で日本がFW本田のゴールを組織的守備で守り切り アウエーでのW杯で初の勝ち点3を手にし 予選リーグ突破へ大きな勝利を手にした。 試合は前半から両チームとも持ち味を消され ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
いよいよ今日からサッカー南アフリカW杯が開幕しますね。 4年に1度の祭典がいよいよ幕を開ける訳ですけれど、 今回の日本は殆ど期待できない中でも 日本人である以上日本を応援することに変わりないとして その他に見どころが沢山あるだけに注目し続ける1カ月が幕を ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
4日サッカー南アフリカW杯強化試合 日本対コートジボワール戦がスイスツールビヨンスタジアムで行われ、 0対2で日本は闘莉王の2試合連続オウンゴールで先制を許すと 攻撃的な事は殆ど作れないまま追加点を献上して最後の強化試合を終えた。 試合は前半からコートジ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
30日サッカー南アフリカW杯強化試合 日本対イングランド戦がオーストリアUPCアレナで行われ、 1対2で日本は前半7分にDF闘莉王のゴールで先制するも 後半闘莉王と中沢のオウンゴールで失点し 敗れたものの相手選手にゴールは割らせず 強豪相手の戦い方にある ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
24日サッカーW杯壮行試合キリン・チャレンジカップ2010 日本対韓国戦が行われ、 0対2で韓国がアジア最高選手MF朴智星のゴールに屈し リードを許しながら攻撃放棄の選手交代で負けるべきして負けた。 試合は前半からMF朴智星を中心とする海外組の選手たちに ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
7日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ2010 日本対セルビア戦が大阪長居スタジアムで行われ、 0対3で日本は国内組だけで固められたセルビア代表に 完膚なきまでに叩きのめされ何の収穫もない試合で 最終メンバー発表前最後の試合を終えた。 試合は前半 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
3日アジアカップ予選日本対バーレーン戦が行われ、2対0で日本がFW岡崎、MF本田のゴールで勝利した。試合は前半36分MF中村のクロスからFW岡崎が決めて先制するが、その後日本はバーレーンのゴールを割れず前半を終了する。後半になるとバーレーンのカウンター攻撃に苦しむがFW森本の投入などで流れを変えようとしたがあまり変わらず、後半ロスタイムMF本田がようやくゴールを決めて勝利した。これで日本代表は海外組最後の招集で何を得られたのかハッキリしないまま終了した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
26日サッカーJ1横浜Fマリノスはスペイン1部リーグのエスパニョールから日本代表MF中村俊輔選手の獲得を発表した。中村俊輔選手は1997年横浜Fマリノスに入団し、2002年シーズンからイタリアセリエAレッジーナに移籍し、2005年シーズンに移籍したスコットランド1部リーグセルティックでは欧州CLに3年連続出場し2度の16強入りに貢献し、リーグ3連覇にも貢献した。2009年シーズンよりスペイン1部リーグのエスパニョールに移籍したが出場機会に恵まれず移籍を決断した。これで中村俊輔選手は8年ぶりに日本復帰をし、海外組は本田圭佑、長谷部、森本を中心として世代交代が進む事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
14日サッカー東アジア選手権日本対韓国戦が国立競技場で行われ、1対3で両チーム退場者を出したものの、韓国のストライカーの2ゴールに屈して韓国に屈辱の敗戦で3位に終わった。試合は前半から韓国の激しいチャージで荒れた展開だったが、前半23分にPKを獲得してMF遠藤が落ち着いて決めて先制したが、前半33分に今度はDF内田がファウルでPKを与えてしまい、これをFW李東国に決められ同点に追いつかれた。そして日本は韓国のカウンターからFW李昇烈に決められ逆転を許した直後の前半41分DF闘莉王が退場となり1人少ないまま前半を終了した。後半になると韓国も後半7分にMF金正友が2枚目の警告で退場となり10対10になるが日本はゴールまででFWが消えてしまい得点する事ができない。逆に韓国は後半25分にカウンターからMF金在成に決められ痛恨のゴールを許すと日本は殆どゴールに近づく事ができずそのまま終了した。これで日本代表は東アジア選手権で事実上2敗を屈して犬飼会長は最終決断を下す必要が迫った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
11日サッカー東アジア選手権日本対香港戦が国立競技場で行われ、3対0で日本がFW玉田の2ゴールも前半は殆ど得点できずに終わり消化不良の試合に終始した。試合は前半から日本が圧倒的に攻めるもターゲットのない日本FWでは司令塔からのパスを活かす事ができず、GKのファインセーブでゴールを割れなかったが前半41分香港のクリアミスをFW玉田が決めて前半は1対0で折り返した。後半になるとMF今野に代わって平山を投入すると次第に流れを引き寄せて後半20分DF闘莉王のヘッドで2点目を上げると、後半37分にFW玉田が押し込んでそのまま圧倒した。これで日本代表は90分間の攻撃練習で45分間しか攻撃練習ができずに終わった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1
6日サッカー東アジア選手権日本対中国戦が味の素スタジアムで行われ、0対0のスコアレスドローに終わり難の収穫も無い試合となった。試合は前半から日本は中国を崩そうとするが、守りを固める中国の前にゴールを割れずコンビネーションすら合わない。前半は何の見せ場のないまま終了した。後半に入り日本は後半17分から平山を投入してチャンスを作り出すが、中国の体を張った守備の前にDF内田のシュートはゴールポスト、MF大久保のシュートはDFに阻まれた。後半37分にPKを与えてしまったがGK楢崎のセーブで防ぎそのまま試合は終了した。これで日本代表は格下相手にも勝てずW杯に不安だけを残す結果となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
2日サッカー国際親善試合キリンチャレンジカップ2010日本対ベネズエラ戦が九州石油ドームで行われ、0対0のスコアーレスドローで今年初戦は最後までエンジンがかからないまま終わった。試合は前半から両チームとも攻め手を欠く展開に終始したが、前半16分MF小笠原のミドルシュートはGKにセーブされた。その後日本は攻めるものの高さのないFWではクロスも尽く跳ね返されて前半を終了した。後半になると次第にチャンスを作れるようになり、後半14分にFW平山が投入されると平山の高さを活かした攻撃を展開しクロスからチャンスを作るが、最後まで決める事ができず終了した。これで日本代表はW杯へ向けてエンジンの掛からないまま始まった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ