20日北海道日本ハム対巨人戦が札幌ドームで行われ、3対1で北海道がケッペルの好投で勝利し、巨人は交流戦の連勝が2で止まった。試合は北海道先発ケッペル、巨人先発東野投手の投げ合いで始まり、3回に北海道が4番小谷野選手の2点タイムリーで先制すると、5回にも4番小谷野選手のタイムリー2ベースでリードを広げた。巨人は北海道先発ケッペルの前にヒットが打てず、最後は抑えの武田久投手から1点を奪ったが時すでに遅く巨人は交流戦連勝が2で止まった。これで巨人は交流戦連勝が止まり、5割に逆戻りした。 ... もっと読む