オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:クライマックスシリーズ

5
13日セントラルリーグクライマックスシリーズ第1ステージ中日対阪神戦がナゴヤドームで行われ、7対0で中日が初戦を制し第2ステージへ大手を掛けた。試合は中日先発憲伸投手、阪神先発下柳投手の投げ合いで始まり、初回に中日が3番森野選手のタイムリーで先制すると、4番ウッズの2ランで3点を先制する。阪神5回まで憲伸投手の前に走者すら出せず、中日は6回に2番井端選手のタイムリー、3番森野選手の3ランで4点を上げてダメ押しした。投げては中日は先発憲伸投手が7回無失点で抑え、8,9回を6人の投手の調整登板で逃げ切った。これで中日は第2ステージへ大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
13日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第2ステージ北海道日本ハム対千葉ロッテ第1戦が行われ、北海道日本ハムが5対2でダルビッシュの完投で先勝した。試合は北海道先発ダルビッシュ、千葉先発久保投手の投げあいで始まり、2回に千葉が8番ベニーの内野ゴロの間に1点を先制するが、その裏北海道が5連打で4点を奪い逆転する。3回に千葉は3番福浦選手の併殺の間に1点を返すが、北海道は5回に8番金子選手のタイムリー3ベースで1点を追加した。結局そのまま北海道は先発ダルビッシュが完投で逃げ切り初戦を制し第2ステージの主導権を握った。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第3戦が千葉マリンスタジアムで行われ、千葉ロッテが成瀬投手の完封勝利で第2ステージ進出を決めた。試合は千葉ロッテ先発成瀬投手、福岡ソフトバンク先発スタンドリッジの投げ合いで始まり5回まで両チームとも0行進を続けるが、6回に千葉が1死満塁から4番サブローの走者一掃のタイムリー3ベースで3点を先制すると、その直後5番里崎捕手のスクイズで4点目を上げた。投げては先発成瀬投手が福岡打線に隙を与えない投球で完封し千葉ロッテが第2ステージ進出を決めた。これで舞台は北海道に移して日本シリーズ出場権を掛けて戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第2戦が千葉マリンスタジアムで行われ、福岡ソフトバンクが3対8で勝利し3戦目に決戦を持ち込んだ。試合は千葉先発小林宏投手、福岡先発杉内投手の投げ合いで始まり、初回に福岡が3番松中選手のタイムリーで先制すると、5番大村選手の犠牲フライで2点を上げる。2回には四死球などで一気に4点とたたみ掛け小林宏投手をKOした。千葉も3回に1番西岡選手のタイムリーで1点を返すが、4,5回にそれぞれ1点ずつを上げて勝負を決めた。投げても先発杉内投手が7回3失点で抑え、最後は守護神馬原投手で締めた。これで勝負は第3戦で決着を観る事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
8日パシフィックリーグクライマックスシリーズ第1ステージ千葉ロッテ対福岡ソフトバンク第1戦が千葉マリンスタジアムで行われ、千葉ロッテが8対4で勝利し第2ステージ進出に王手を掛けた。試合は千葉先発渡辺俊投手、福岡先発斉藤和投手の投げ合いで始まり、3回に福岡が3点を先制するが、その裏千葉が3点を返すシーソーゲーム4回にも福岡が1点を挙げるが、その裏千葉が2点を返して主導権を握ると、5回千葉が3番オーティズの特大ホームランで突き放すと、6、8回に1点ずつを取って引き離し、最後まで千葉先発渡辺俊投手が投げ切り先勝した。これで千葉は第2ステージ進出に大きく前進した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
2日東京ドームで巨人対東京ヤクルト戦が行われ、5×対4で巨人が東京ヤクルトの自滅でシーズン1位を決めた。試合は巨人先発内海投手、東京ヤクルト先発石川投手の投げあいで始まり、3回に東京ヤクルトが3番ラミレスの3ランで先制される苦しい展開、しかし巨人は7番ゴンザレスのホームランで反撃を開始し、4回に4番李の2ランで同点に追いつくが、併殺崩れの間に1点を勝ち越して、東京ヤクルトが逃げる展開も9回に1点差で巨人が2死満塁から清水選手の内野ゴロをショート宮本選手が悪送球で2者が生還し巨人が31度目のリーグ優勝となりシーズン1位としてクライマックスシリーズを本拠地5試合戦える事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
23日東京ドームで巨人対横浜戦が行われ、3対2で巨人が4番李の逆転タイムリー3ベースで逆転し抑えの上原投手が抑えてクライマックスシリーズ進出を決めた。試合は巨人先発久保投手、横浜先発三浦投手の投げ合いで始まり序盤から投手戦で6回まで両チーム無得点が続く。7回に横浜が5番吉村選手のホームランで均衡が破れると続く6番内川選手の連続ホームランで2点を先制される。巨人も8回に1死満塁から4番李の走者一掃のタイムリー3ベースで勝ち越し、最後は抑えの上原投手が球団タイ記録の30Sを上げてクライマックスシリーズ進出を決めた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ