オールマイティにコメンテート

野球(巨人、日本代表、NPB、MLB、BCリーグ新潟)、サッカー(J2新潟、J1浦和、日本代表、Jリーグ)、映画(邦画中心)、テレビ(ドラマ中心、アニメ時々)など個人的な趣味をレビューしています

タグ:オリックス

5
27日プロ野球日本シリーズ2021第6戦オリックス対東京ヤクルト戦がほっともっと神戸で行われ、1対2で東京ヤクルトが延長12回2アウト2塁から代打川端選手のタイムリーで勝ち越し最後は抑えのマクガフが2回3分の1を投げ抜き20年ぶり6度目の日本一を果たし史上初最下位からの日本 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
25日プロ野球日本シリーズ2021第5戦東京ヤクルト対オリックス戦が東京ドームで行われ、5対6でオリックスがアダム・ジョーンズの勝ち越しホームランでシーソーゲームを制して東京ヤクルト3勝1敗で日本一へ王手をかけた。 試合は東京ヤクルト先発原投手、オリックス先発山崎福 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日プロ野球日本シリーズ2021第4戦東京ヤクルト対オリックス戦が東京ドームで行われ、2対1で東京ヤクルトがサンタナの2試合連続ホームラン、オスナの勝ち越しタイムリーを先発石川投手とリリーフ陣がオリックスに反撃を許さず勝利し東京ヤクルトが3勝1敗で日本一へ王手をか ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
23日プロ野球日本シリーズ2021第3戦東京ヤクルト対オリックス戦が東京ドームで行われ、5対4で東京ヤクルトが接戦を制して守護神マクガフが初戦のリベンジを見事に果たして勝利し東京ヤクルトが2勝1敗で日本一へリードした。 試合は東京ヤクルト先発小川投手、オリックス先発 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
21日プロ野球日本シリーズ2021第2戦オリックス対東京ヤクルト戦が京セラドーム大阪で行われ、2対0で東京ヤクルトが高橋奎二投手の完封でセントラルチームはビジターでの連敗を20、ビジターでの連敗を13でストップさせて1勝1敗でホームに舞台を移す事になった。 試合はオリッ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
20日プロ野球日本シリーズ2021第1戦オリックス対東京ヤクルト戦が京セラドーム大阪で行われ、4×対3でオリックスが9回に2点差を逆転してサヨナラ勝ちを収めてこれでセントラルチームはビジターでの連敗を20に伸ばした。 試合はオリックス先発山本投手、東京ヤクルト先発奥川 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日パシフィックリーグクライマックスシリーズ14ファーストステージ第1戦 オリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、 3対6で北海道日本ハムが終盤の接戦を制して逆転勝ちして ファイナルステージ進出に大きく前進した。 試合はオリックス先 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
23日巨人対オリックス戦が東京ドームで行われ、 1対4でオリックスが途中出場の山崎選手の勝ち越し3ランと寺原投手の完投で勝利し、 巨人は同一カード2連敗で交流戦の貯金を使い果たし5割となった。 試合は巨人先発澤村投手、オリックス先発寺原投手の投げ合 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

29日東北楽天対オリックス戦がクリネックスタジアム宮城で東北楽天のホーム開幕戦が行われ、3対1で東北楽天がエース田中将大投手の完投で勝利しベガルタ仙台と共に仙台ファンに勝利を捧げた。試合は東北楽天先発田中投手、オリックス先発朴投手の投げ合いで始まり、2回に東北楽天が9番中村選手、2番聖沢選手のタイムリーで3点を先制すると、先発田中投手が好投し7回まで無失点に抑える。しかし8回にピンチを背負うとエラーで1点を失ったものの最後まで追加点を許さず完投し、東北楽天が勝利し被災者へ復興への一歩となる勝利を捧げた。これで東北楽天はようやくホームで試合を開催しサッカーベガルタ仙台と共に復興の象徴となる。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
10日と11日プロ野球セントラルリーグとパシフィックリーグは それぞれ2011年度の公式戦の日程を発表した。 その内ハードオフエコスタジアム新潟では4試合開催され、 5月8日に横浜対阪神戦、7月19,20日に巨人対中日2連戦、 8月23日に埼玉西武対オリック ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
10日セパ交流戦オリックス対巨人戦が行われ、 4対2でオリックスがセットアッパー越智投手を攻略し 巨人痛恨の逆転負けで交流戦優勝争いからほぼ脱落した。 試合はオリックス先発小松投手、巨人先発藤井投手の投げ合いで始まり、 初回に巨人が6番亀井選手の2点タイ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
9日セパ交流戦オリックス対巨人戦が京セラドームで行われ、 2対9で巨人が亀井選手の2本のホームランなどで圧勝し 交流戦優勝に望みをつないだ。 試合はオリックス先発金子千投手、 巨人先発ファン・ツーロンの投げ合いで始まり、 初回に巨人が3番小笠原選手のタイム ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
24日セパ交流戦巨人対オリックス戦が東京ドームで行われ、 6対4で巨人が長野選手の勝ち越しホームランで勝利し 再び交流戦5割に戻した。 試合は巨人先発内海投手、オリックス先発近藤投手の投げ合いで始まり、 初回に巨人が4番ラミレスの2ランで先制するが、 オ ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
14日プロ野球広島とオリックスはそれぞれ新監督就任を発表し記者会見を行った。広島は広島OBの野村謙二郎新監督が就任し、オリックスは前阪神監督の岡田彰布新監督が就任した。野村新監督は広島現役時代の1989年に入団し、ショートとして広島全盛期を支え1991年には広島のリーグ優勝に貢献した。1995年には3割30本30盗塁を達成したが、その後広島の低迷と共に故障がちとなり思うような成績は残せなかったものの2000本安打を達成して2005年に引退した。岡田新監督は星野監督の後を継ぐ形で阪神監督に就任し2005年にリーグ優勝を達成し5年で4度のAクラス入りを果たし阪神の低迷時代から完全に脱却させた立役者だった。これで次々と新監督が就任しチーム作りに取り組む。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
24日東京ドームで巨人対オリックス戦が行われ、6対8でオリックスが中盤の集中打で巨人の反撃を凌ぎ巨人は再び交流戦借金1へ逆戻りした。試合は巨人先発東野投手、オリックス先発平野投手の投げ合いで始まり、4回にオリックスが7番山崎浩選手のタイムリー2ベースで3点を先制すると5回には4番ラロッカ、5番下山選手のタイムリーで2点を追加した。巨人も6回に7番阿部捕手のタイムリー2ベースで1点を返すが、7回に5番下山選手の2ランで突き放され、巨人は7回に3番小笠原選手の2ラン、8回に5番李のホームランで追い上げたものの最後は逃げ切られ、巨人は3連勝する事ができなかった。これで巨人は再び交流戦負けた先行した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
12日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージ第2戦オリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、2対7で北海道日本ハムが圧倒的な経験の差を見せつけ第2ステージ進出を決めた。試合はオリックス先発小松投手、北海道先発藤井投手の投げあいで始まり、2回に北海道が7番坪井選手のタイムリー2ベースで先制すると、9番金子選手の内野安打で追加点を上げる。オリックスも4回に4番ローズのタイムリーで1点を返したが、5回にショート後藤選手のエラーで追加点を献上し、7回に7番坪井選手の2点タイムリー2ベース、8番ボッツの2ランで試合をほぼ決めた。投げては先発藤井投手が経験を活かした投球で6回途中まで好投し、最後は抑えのマイケルが抑えて北海道が第2ステージ進出を決めた。これで第2ステージはリーグ1位の埼玉西武とリーグ3位の北海道日本ハムの対戦となり、北海道は3位から日本シリーズを目指す。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
11日パシフィックリーグクライマックスシリーズ2008第1ステージオリックス対北海道日本ハム戦が京セラドームで行われ、1対4で北海道日本ハムがダルビッシュの好投で逃げ切り初戦を制した。試合はオリックス先発近藤投手、北海道先発ダルビッシュの投げ合いで始まり、2回に北海道が4番スレッジのホームランで先制すると、6回に5番高橋選手のタイムリー、6番小谷野のタイムリー2ベース、8番鶴岡選手の犠牲フライで一気に3点を追加した。オリックスも8回に1点を返したが、投げては先発ダルビッシュが14奪三振の好投で逃げ切り初戦を制した。これで北海道は3年連続第2ステージ進出に王手を掛けた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日パシフィックリーグはクライマックスシリーズへ進出を掛けていた北海道日本ハムが東北楽天に17対0で勝利し、争っていた千葉ロッテが埼玉西武に5対9で敗れたため北海道日本ハムの3位が確定しパシフィックリーグは1位埼玉西武、2位オリックス、3位北海道日本ハムに確定した。これで11日から第1ステージは京セラドームでオリックス対北海道日本ハムが3回戦制(2勝勝ち抜け)で戦い、17日から第2ステージで埼玉西武(アドバンテージ1勝)対第1ステージ勝者の6回戦制を戦う。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
1日京セラドームでオリックス対福岡戦が行われ、今季限りで引退する清原選手の引退試合が行われ、3打席目に右中間を破るタイムリー2ベースを放ち有終の美を飾った。試合は4対1でオリックスが勝利した。清原選手は第1打席はライトフライ、第2打席は三振に倒れたが第3打席で一死1塁から右中間を破るタイムリー2ベースを放った。最後の打席は三振に倒れ現役生活を締め括った。これで清原選手の23年間の現役生活が終わり一時代の幕が下りた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
18日東京ドームで巨人対オリックス戦が行われ、2対1で巨人が由伸選手のタイムリーなどで上げた2点を守り切り今季初の貯金1とした。試合は巨人先発バーンサイド、オリックス先発オルティズの投げ合いで始まり、3回に巨人ば1番由伸選手のタイムリーで先制すると、4回には3番小笠原選手のホームランで追加点を上げた。その後巨人が継投策で繋ぎ最後は抑えのクルーンが締めて巨人は今季初の貯金1とした。これで巨人はようやく5割以上の戦いができるようになった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
4日スカイマークスタジアムでオリックス対巨人戦が行われ、2対4で巨人が初回の3点で主導権を握り借金生活転落の崖っぷちに踏みとどまった。試合はオリックス先発金子投手、巨人先発グライシンガーの投げあいで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手の2点タイムリーなどで3点を先制するが、その裏オリックスが2番村松選手のタイムリー2ベースで1点を返すと、4回にグライシンガーの悪送球で1点差としたが、7回に5番谷選手のタイムリー内野安打で1点を追加し最後は抑えのクルーンが抑え連敗を4で止めた。これで巨人は交流戦再び5割に戻し何とか借金生活転落は間逃れた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
3日京セラドームでオリックス対巨人戦が行われ、8対3でオリックスが終盤に大量得点を奪い勝利した。試合はオリックス先発近藤投手、巨人先発内海投手の投げあいで始まり、初回に巨人が4番ラミレスの内野ゴロの間に先制するが、その裏オリックスが3番カブレラのホームランで先制する。その後両チーム無得点で進んだ6回に8番日高選手のタイムリー2点を勝ち越すと、8回には一挙5点を奪い試合を決めた。巨人も最終回に6番谷選手のホームランで2点を返したが及ばなかった。これで巨人は泥沼の借金生活定着寸前となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
21日オリックスのコリンズ監督が成績不振を理由に辞任を発表した。コリンズ監督は米大リーグ通算444勝を挙げた監督で、2006年オフにチームの再建を託されて就任したが、日本野球に戸惑い1年目は最下位に終わった。2シーズン目の今季もカブレラ、浜中選手を獲得して打線強化を図ったが投手陣が整備できず低迷していた。なお監督代行には大石ヘッドコーチが就任する。突然の辞任に驚くが、オリックスではここ10年で2003年の石毛監督以来2度目のシーズン途中での監督交代劇となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
20日プロ野球パシフィックリーグが開幕し、開幕戦で北海道日本ハム対千葉ロッテは1対0で北海道がダルビッシュの完封で勝利し、福岡ソフトバンク対東北楽天は9回に柴原選手の逆転サヨナラ3ランで劇的な勝利を手にした。埼玉西武対オリックスは2対1でオリックスが接戦を制した。1点差の効ゲームで今季を激戦を予感させた。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
30日昨年まで巨人に在籍したジェレミー・パウエル投手がオリックスと契約後に福岡ソフトバンクと契約した問題で、パリーグが両チームから提出された統一契約書の原本とも有効であると判断し、今後は両球団が善後策を話し合うように指示した。前代未聞の二重契約で今後パウエルの動向の行方と仁義なき闘いが繰り広げられることは避けられなくなった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

4
14日スカイマークスタジアムでオリックス対巨人の試合が行われ、4対10で巨人が阿部捕手の満塁ホームラン含む2ホームラン6打点で快勝した。試合はオリックス先発平野佳投手、巨人先発GGの投げ合いで始まり、初回に巨人が5番阿部捕手の満塁ホームランで先制する。しかしオリックスは4回に4番タフィの2ランで2点差とすると、5回にはエラーから同点に追いつく。しかし巨人は6回に阿部捕手のホームランで勝ち越すと1番由伸選手のタイムリー2ベースで2点を追加した。7回と9回にも追加点を上げた巨人が林、豊田、上原投手のリレーで結局10対4で逃げ切り新外国人GGは来日初勝利となった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
13日京セラドームでオリックス対巨人の試合が行われ、6対3でオリックスが4番タフィの恨みの2発で巨人は撃墜された。試合はオリックス先発デイビー、巨人先発福田投手の投げ合いで始まり、2回にオリックスが4番タフィのホームランで先制すると、7番後藤選手のタイムリー2ベースで追加点を浴びる。3回にも5番北川選手のタイムリーで追加点を挙げるが、巨人も4回に6番ホリンズの内野ゴロの間に1点をあげるが、5回にオリックスが4番タフィの2ランで止めを刺され試合が決まった。巨人も8回に4番李のホームランで追いすがるが届かなかった。タフィの恨みのホームランで敗れ去り巨人ファンは悪夢のうなされる夜になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5
28日東京ドームで巨人対オリックスの試合が行われ、8対2で巨人が小笠原選手の3ホームランで快勝した。試合は巨人先発木佐貫投手、オリックス先発カーターの投げ合いで始まり、初回に巨人が3番小笠原選手のホームランで先制するが、3回にオリックスが8番日高捕手のホームランで同点に追いつく。しかしその裏巨人は3番小笠原選手の3ランで勝ち越しに成功すると、4回に2番谷選手のタイムリー5回には7番ホリンズのタイムリーで突き放し、7回に3番小笠原選手のこの日3本目のホームランで試合を決めた。投げても先発木佐貫投手が7回途中2失点で今季4勝目を挙げた。主砲の活躍で連敗は回避した。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2
27日東京ドームで巨人対オリックスの試合が行われ4対6で延長11回上原投手がローズに恨みの2ランを浴びて敗れた。試合は巨人先発尚成投手、オリックス先発ユウキ投手の投げ合いで始まり、4回にオリックスが3番ラロッカの2ランで先制するが、その裏巨人は4番李のタイムリーなどで逆転に成功する。しかし先発尚成投手が安定せず5回に2失点で逆転を許す。しかし巨人は6回に3番小笠原選手の通算250号ホームランで同点に追いつくが、その後あと1本が出ず試合は延長戦になる。延長11回に巨人は抑えの上原投手を投入するが、これが裏目に出て、無視1塁から4番ローズに勝ち越し2ランを浴びてリードを許した。最後はオリックスが加藤大投手が抑えて逃げ切った。巨人は交流戦負けが先行する事になった。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3
12日プロ野球オリックスの中村紀洋選手の退団が正式に決まった。中村選手は昨季MLBから復帰しオリックスでプレーしたが、故障で思うような成績をあげることができなかった。その為オリックスは大幅減俸を提示したが、交渉が難航し決裂するに至った。まだ33歳で戦力的には魅力だが、性格の問題があり最悪引退の可能性もある。 ... もっと読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ