15日Jリーグ11第11節最終日が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で暫定15位セレッソ大阪と対戦し、1対1でドローとなり連敗こそ止めたが得失点差で16位に浮上するに留まった。試合は前半8分にFW原口のゴールで先制し、両Wからチャンスを作るが追加点を奪えない。そして前半35分MF鈴木のパスミスをMF清武が決めて同点で前半を折り返した。後半セレッソは中盤からチャンスを掴むが、浦和の必死の守りを崩せず、浦和も原口、エクスデロの両Wからのチャンスを活かし切れない。結局このまま終了し浦和レッズは連敗こそ止めたが順位を浮上させる事ができなかった。 その他ヴァンフォーレ甲府が王者名古屋グランパスに3対1で勝利し今季初勝利を手にし、ガンバ大阪はアウエーで福岡に3対2で競り勝った。 これでJリーグはACL組の未消化試合があるもののガンバ大阪以外の3チームのリーグ戦不振が目立ちJ2王者の柏が6試合を消化して首位に立つ波乱の展開となっている。 ... もっと読む