16日クラブW杯トヨタカップ2007決勝南米王者ボカ・ジュニアーズ対欧州王者ACミランとの試合が横浜国際総合競技場で行われ、2対4でACミランが4年前のリベンジを果たして17年ぶりにトヨタカップを制した。試合は前半からACミランがゴールを固めつつカウンターを狙うのに対してボカ・ジュニアーズはパスとドリブル突破でチャンスを作るがゴールを割れない。試合が動いたのは前半21分MFカカのドリブル突破からパスを受けたFWインザーギのシュートが決まり先制する。しかしその2分後ボカ・ジュニアーズはセットプレーのリスタートからFWパラシオが決めて同点に追いついて前半を終了する。後半になるとACミランが前線の個人技でチャンスを掴み、FKからDFネスタのゴールで勝ち越すと、後半16分にはカウンターからMFカカがドリブル突破でDFを抜き去り最後はGKまで抜き去るスーパーゴール!で3点目を上げると、後半6分にはMFカカの突破から受けたパスをFWインザーギが決めて試合を決定付けた。その後両チームとも1人ずつ退場者を出す大会史上初の出来事もあり荒れたが後半40分ACミランのオウンゴールで2点差になるが、最後まで反撃を許さずACミランが4年前のリベンジを果たし、17年ぶりの世界一に輝いた。 ... もっと読む