4日ドラマ「ようこそ、わが家へ」第4話を視聴した。

今回は健太は猫に付けられていた犯人のメモと

防犯カメラの映像データを警察に提出するも犯人らしい姿は何処にも写っていなかった。

そんな中で健太と太一は家の周りの警戒を強める。

そんな状況で明日香が盗聴器が仕掛けられているのでは?と家の中を調べ始める。

調べた結果リビングなどに盗聴器が仕掛けられていたが盗聴器はそのままにした。

その頃太一は西沢が真瀬に脅されている事を知り、

太一は1つ策を練る。そして営業会議で太一は報告の過程で

健太が撮影した真瀬と西沢の写真を出す行動に出たが、

この行動で西沢の就業規定違反は不問とされた。

そんな中で明日香は何者かに襲われたシーンがメインだった。
ストーリー

倉田家の全員が留守の間に、何者かが家の中に忍び込んだ。

飼い猫、ガスの首輪に犯人のメモが残されていたのだ。

健太は、防犯カメラの映像データを警察に提出。

また、事情を聞いた警官は、

健太たちにドアの鍵を取り替えた方が良いとアドバイスして去って行った。

その夜、健太は太一と就寝前に自宅の周辺を見回りに行く。

太一は珪子と七菜には、これ以上怖い思いを させたくないと健太に話す。

そんな太一に、健太はスマートフォンで撮影した画像を見せた。

翌日、『ナカノ電子部品』に出社した太一は、西沢摂子を会議室に呼ぶ。

太一は『アサヒ電子』の件で、なぜ真瀬博樹をかばったのかと摂子に尋ねる。

答えようとしない摂子に、太一は健太が撮った画像を見せた。

それは、摂子がシルビアという名で働く熟女パブで真瀬を接待する姿だった。

摂子は母親の介護医療費を捻出するためにアルバイトをしていたのだが、

『ナカノ電子部品』では禁止されている。

そのため、真瀬に脅されていたのだ。

太一は摂子に、このピンチを乗り切る方法を探そうと提案。

すると、摂子はアイデアを思いつく。

健太は神取明日香に、昨日の出来事を話す。

家族が誰もいない時間が、なぜ分かったのか?

明日香に話すうちに、健太は気づく。

家の中に、盗聴器が仕掛けられているのではないだろうか?

早速、健太は盗聴発見器を買いに行くことに…。

以上フジテレビようこそ、わが家へHPより


今回は健太と七菜がこの家に犯人が侵入している事を知り家族一同愕然とする。

入るのはともかく問題はどうやって合鍵を作ったのか?

そしてどうやって盗聴器を仕組んだのかというのがここまで謎ではある。

そんな中で健太は明日香と共に盗聴器が仕掛けられているのでは?

と調べるとリビングに2つも仕掛けられていた。

それにより何時犯人が忍び込んだのか?

というのがわからない状況だったが間違いなく

こちらの行動が把握されていた事は間違いない。

しかしこのまま盗聴器を回収すると逆に相手の行動が

エスカレートする事になるという事でそのままにした。

しかしその直後今度は七菜の携帯が無くなっている事判明する。

通常携帯のデータを消去する事はないだろうけれど、

最低でもセキュリティは掛けておかないと色々と面倒な事が少なくない。

そんな状況だが、太一は西沢が真瀬部長に脅されている事を知り、

次の営業会議である秘策を持って挑む。

それは健太が以前明日香と訪れたスナックでの真瀬部長と西沢の写真だった。

真瀬部長がこの場所西沢と同席していた事を

逆手に取った事で西沢の就業違反を免除してもらう事に成功した。

確かに真瀬部長がそれを知らなかったとは言えない事を逆手に取った西沢救出劇だった。

その直後に健太は明日香に犯人の映像について連絡を取っていた直後

明日香が犯人に襲われた。

そして健太は映像からある事に衝撃を受けるのだった。

次回は明日香が襲われた事で事態がかなりエスカレートして行く事になる。

果たして倉田家はこのピンチをどう立ち向かうのか?

その攻防に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




ようこそ、わが家へ
池井戸潤
小学館
2015-03-27