14日J1リーグ21第24節が行われ、浦和レッズはホーム浦和駒場スタジアムでサガン鳥栖と対戦し、2対1で浦和は前半早々にFW明本のゴールで先制するも前半終了間際に追いつかれて同点になるも、後半Pkを獲得してこれをMF江坂が移籍後初ゴールを決めて勝利し、11勝5分8敗勝ち点38得失点差+1で暫定6位に浮上した。

試合は前半一進一退の状況が続くも前半35分に裏に抜け出したFW明本が決めて浦和が先制するも、前半終了間際にFW山下にゴールを許して前半は1対1で折り返した。

後半は鳥栖がペースを握り何度もゴールを脅かされるが何とか踏ん張って迎えた後半39分にPKを獲得しこれをMF江坂が決めて浦和が逃げ切った。

これで浦和レッズは連敗を止めて新戦力との融合を進めていく。
REDSLINEUP2021-022


ユンカー、小泉が故障で離脱するという状況に浦和としては再び攻撃のやりくりに苦悩する事になった訳だけれど、先日木下康介選手の加入で少し変わるかもしれないがしばらくチームに溶け込むまでに時間を要するだけに9月からという感じだ。

この試合から酒井宏樹、ショルツ、平野が試合に出場したけれど、酒井宏樹が右サイドバックで起用された事により左サイドバックに西が回ったが、西は元々MFとしてプレーしていたが新潟時代に右サイドバックでプレーした事で右サイドバックが定着した経緯があり、意外と慣れるのに時間を要さないかもしれない。

ただ右と左ではかなりプレーの視野が変わるので守備面で慣れる事が多少時間を要するとは思うが、山中の守備を踏まえれば西の方がはるかに良いという判断だろう。

平野がいきなり起用された事でDMFの選手層を厚くする狙いがあったし、小泉が負傷離脱しているポジションには江坂を起用して攻撃に専念させている。

木下が試合に起用されるまでどれだけの時間が必要なのかによるが新戦力が浦和に変化をもたらす事は間違いない。

この試合ではFWに明本を起用して2得点に絡む活躍をした事で起用は見事に的中した訳だが世代交代を含めて浦和の変化は続いていく。

次節はアウェイで徳島と対戦する。その前に天皇杯4回戦で京都と対戦する事になるが京都は事実上J2首位なので侮れない相手だ。

徳島も現在降格圏ギリギリの16位に沈むだけに上位浮上の為に確実に勝ち点3が欲しいところだ。