20日J1リーグ20第17節が行われ、浦和レッズはホーム埼玉スタジアム2002で川崎フロンターレと対戦し、0対3で浦和は川崎の攻撃力の前に成す術なく敗れて、8勝3分6敗勝ち点27得失点差-7で暫定8位に後退した。

試合は前半から浦和は積極的にゴールに迫るも決める事ができずにいると次第に川崎ペースとなり、前半37分に川崎はMF山根にボレーを決められて先制を許して前半を折り返した。

後半は完全に川崎に押し込まれ続けて後半4分にFW小林にゴールを許すとその後交代カードを切るも展開は好転せず、終了間際にFWレアンドロ・ダミアンにダメ押しゴールを許して浦和は成す術なく敗れた。

これで浦和レッズはシーズン半分が終わって勝ち点27の暫定8位で折り返したが後半浮上の為には攻守のバランスを取れるようにしないと上位へは行けない。
REDSLINEUP2020-015


川崎の次元の違うサッカーの前に全く成す術なく敗れた試合だった。

川崎がこれだけ強いのは2017シーズンから2連覇し莫大な優勝賞金を得た事と無関係ではないし、何よりも誰が出場してもレベルが全く落ちない。これだけの完成度が高ければ今のJ1で川崎に勝てるクラブはほぼないと言ってよいほどだ。

実際に半分を終えてわずか1敗というのも凄いし、この時点で55得点と近年のJ1では観た事のない得点数を上げている。この調子だと年間90点以上でシーズンを終わりそうな勢いだ。

これは一言で言ってしまえば完成度の違いであり、浦和はようやく今年大槻監督の下で4バックを始めたばかりだからそれでは完成した川崎相手に勝つ事そのものが難しかった。

それだけ川崎は別格だったと言えるけれど、浦和の前半戦を振り返ると8試合勝利した試合と6試合の大敗した試合の差がかなり激しく、6敗中3失点以上の敗戦が4と負け試合の負け方があまりにも悪すぎた。

上位7クラブとの対戦成績は1勝1分5敗と全くと言っていいほど惨敗しているが、下位に対しては7勝2分1敗と力を見せているので後半戦も下位に確り勝利して上位にどれだけ互角に戦えるかがポイントになる。

次節はアウェイで清水と対戦する。前回の対戦の時はドローに終わっているが今の清水はあまり調子が良くないだけにここで確り連敗しない戦いをして下位から勝ち点3を持ち帰る試合をしてほしいところだ。