5日J1リーグ18第13節が行われ、浦和レッズはアウェイ県立カシマサッカースタジアムで13位鹿島アントラーズと対戦し、0対1で浦和レッズはPKの1点が最後まで重く圧し掛かり最後までゴールは遠く、4勝3分6敗勝ち点15得失点差-1で12位に後退した。

試合は前半から両チームとも激しい攻防となるも、前半25分にPKを献上してしまい鹿島はこれをFW金崎が決めて鹿島に先制を許す。その後浦和は何度もゴールに襲い掛かるもGK曽ケ端のゴールを破れず前半を折り返した。

後半浦和はさらに攻勢をかけてゴールに迫るも鹿島の堅い守りを最後まで崩す事ができずに無得点での敗戦となった。これで浦和レッズは再び得点力不足の課題に直面し中断期間までの残り2試合を戦い抜く。

REDSLINEUP2018-013


オリヴェイラ監督就任後失点そのものは1失点以上していないものの、得点が1得点獲れない試合が続いている。前節こそ川崎に勝利したもののやはり先制しないと追い上げるのは簡単ではないという現状が今の浦和にとって大きな課題だ。それでも現状として守備は確りしている分大敗を屈する事はまずないだけに、残り2試合を乗り切って中断期間に攻撃陣の再編並びにシステムの再編を行えるまでは現状の辛抱をしないといけないのかもしれない。1度戦術を失ってしまった中ではできる事はシンプルに攻撃する事なのである程度の戦術を構築するにはそれなりの練習時間を要する。


ただ4月からの試合を振り返ると守備は大崩れしていないというプラスの面があるだけに攻撃さえ立て直せれば十分浮
上できるだけに今は1番苦しい時なのだと思う。

次節はホームで鳥栖と対戦する。現在最下位に沈む鳥栖相手だが過去に何度も苦杯を舐めている相手だけにここで敗れると苦しい状況となるだけに何としても勝利が必要だ。