27日ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第3話を視聴した。

今回はデートに向かった空だったが、渉の鼻毛で幻滅してしまいデートはそれで終わってしまう。

一方碧はゴンちゃんのお見合い相手が美人という事にやきもちを焼く。そんな中で編集者の漱石が恋人サリーの心配性に悩まされ、光は元家庭教師の美羽との関係に終わりを迎えようとしており、家がエリートばかりという悩みを抱えていた。

そんな中でゴンちゃんと碧が廃校となった母校の小学校に行き、そこであの頃の懐かしい話をしながら歩いていたが、碧は告白できずに終わった。

空は渉がつけ鼻毛である事を知り、誤解だった事で慌てて渉に会いに行ったシーンがメインだった。
ストーリー



今回は渉がつけ鼻毛を付けた事により幻滅した空だったが、元々つけ鼻毛で幻滅してしまうようでは恋人は成立しないものだ。

そんな中で碧もゴンちゃんがお見合いをするという事でやきもちする訳だけれど、碧も長年独身という事もあり、空が成人になった事で再び恋をしたいという気持ちが出てきたと言える。

そんな中で漱石が恋人のサリーの心配性に悩まされるが、そのサリーがゴンちゃんの父である俊一郎に愚痴を聞いてもらうというのはこういう時には年が離れすぎた人の方が包容力があるという事なのだと思う。

そして光も家がエリートという事で自分だけが落ちこぼれという事で悩んでいるが、それを乗り越えるのもまた自分だという事だ。

そしてゴンちゃんと碧が廃校となった小学校に行ってあの頃は懐かしいという話をしながら告白しようとしたが碧が言い間違えてしまったという展開でゴンちゃんとは進展しなかった。

そして空はと言えば渉がつけ鼻毛だった事を知り幻滅した事に対して後悔してしまうのだった。

次回は憧れのバンドボーカルによる映画化で気合が入る碧だったが、そこで思わぬ落とし穴にはまってしまう。碧は漱石との関係が接近してしまうのだろうか?その経緯に注目だ。