20日ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」第2話を視聴した。

今回は空が彼氏を作ると宣言して碧が空を後押ししようとする。

一方で空には同じ大学の光に誘われて逃げようとする空だったが、渋々喫茶店で話を聞く事にしてそこで初めて光が空と同じオタクだという事を知る。一方で光はストーリーを描く才能はあるも、絵が描く才能がなくその才能がある空にストーリーを描かれる絵を描いてほしいと頼まれる。

一方で碧は空が整体師の渉と話しているところを目撃してしまいどういう関係か?となる。しかし碧は空にどうやって口説けばよいのか63パターンの口説き文句のリストを空に渡す。

そんな中で碧は編集者の漱石を訪れてきたところで63パターンの1つを試してみようと迫るも、そこに漱石の恋人サリーが空と共に乱入してきて漱石が心配で・・・と迫るもその直後倒れて碧と空はサリーを落ち着かせて2人でサリーに心配し過ぎない事を諭した。

そんな空は再度彼氏を作ると意気込んで行ったシーンがメインだった。
ストーリー




今回は碧は整体師の渉に惹かれてしまう。40肩が50肩と言われてショックの碧だったがそれを逆手に40女が整体師に恋をするという強引な展開のストーリーを思い立つ。

その頃空は大学の同期の光にしつこく喫茶店に誘われるも実は光も空と同じオタクだという事をカミングアウトされて光は空に自分が描くストーリーの絵を描いてほしいと依頼してきたのだった。

ジャンプに応募しようとする気満々だったが、空はその話を受け入れない。まあ空はなんだかんだ言って現実的な考え方なんですよね。

そんな空と碧は親娘けんかで一時的にけんかをするも、どちらかが電話をして終わりにするというのが2人の中の決まりのようでこれも仲良し親娘なのだと感じる。

そんな碧は空に63パターンの口説き文句をリスト化して空に渡すが、それが今でも通用するのかと試そうと訪れてきた編集者の漱石に試そうとするも、そこに空と漱石の恋人サリーが乱入してきてパニックになるもサリーがその場で倒れて碧と空がサリーを落ち着かせて漱石の事を心配するサリーを説得したのだった。

次回は再び空が彼氏を作る宣言をして碧が張り切って空を送り出す。果たして空は彼氏を作れるのだろうか?その展開に注目だ。