26日サッカージャパンリオデジャネイロ五輪最終予選兼U−23アジア選手権

準決勝日本対イラク戦が行われ、

2対1で日本がFW久保のゴール、

後半ロスタイムMF原川のゴールでこの世代勝てなかった

イラクを劇的勝利で破り6大会連続五輪出場権を獲得し決勝進出を果たした。

試合は前半から積極的にボールを奪いに行き、

前半26分FW鈴木武蔵のクロスをFW久保が決めて先制する。

しかし前半終了間際のコーナーからイラクは

DFサードが決めて同点に追いつかれて前半を折り返す。

後半日本はイラクのパワープレーに苦しむシーンも多くなかなかシュートに持ち込めない。

このまま延長戦に突入しようとした後半終了間際に

日本はMF原川のミドルシュートがさく裂して日本が6大会連続五輪出場を決めた。

これで手倉森ジャパンはリオデジャネイロ五輪権を獲得し、

決勝で韓国とカタールの勝者と戦う。
谷間の世代と言われながらもここまで結束して戦いそして成長してきた。

それによってチームとして成長した姿を見せてきた。

この試合もこれまで1度も勝つ事ができていなかった

イラク相手に1歩も怯む事無く果敢にボールを奪いに行った。

そして少ないチャンスだったけれど、

ゴールを決めてイラクに初めて勝利した試合が五輪出場権の獲得に繋がった。

本当に昨年3月の時はこれで本当に大丈夫なのか?と思ったけれど、

1か月に及ぶ合宿を経てチームが成長して

誰が出場しても落ちないチーム力で日本は強くなった。

誰が凄かったではなく、みんな成長した姿がこの試合の全てだったと言って良い。

おめでとう手倉森ジャパン!

そして本番では最高のメダルを目指して戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。