16日ドラマ「テセウスの船」第5話を視聴した。

今回は由紀の訴えにより事件は大きく動き始めた。心に下に当時犯人を観たという人物が名乗り出た事で文吾の無実を証明する手掛かりになる事は確かだった。しかしそれを阻止しようと木村さつきが鈴を脅し心の行動を探るように脅迫する。

心は由紀と共に文吾に面会し必ず事件の無実を証明すると告げるが、その直後に文吾の前に当時佐々木と名乗っていた松尾紀子が現れて犯人を観たという事を文吾に伝えた。

そして心は紀子から犯人について聞く事まで辿り着いたが、そこに鈴も現れてそこで紀子は犯人の指示で翼は犯行を犯そうとしていた事と、失敗して自殺した事を話し、死のうとした時に犯人が金丸刑事を殺す現場を見た事を証言し、その声は紀子の知る声だった。

しかしそこで鈴が木村さつきの指示で倒れて、その直後に木村さつきは紀子を殺害して決定的な証言者が亡くなった事で心は最大の切り札を失ったシーンがメインだった。

ストーリー





今回は心は由紀の決死の訴えにより事件は大きく動く事になった。推理力に欠ける心は全ての行動が真犯人に先回りされてしまっており、全てが後手後手となっている状況ではかなり不利な事は否めない。

それでも何とか真犯人に繋がる手掛かりを得ようと奔走する心だったが、そこで心の下に真犯人を観たという証言をしたいという者が名乗り出てきた。それは今は松尾に苗字を変えた当時の佐々木紀子だった。

紀子は事件当時交際していた翼が真犯人によって犯行を実行するように言われていたという事が語られ、更にそれが失敗して自ら自殺した事も語られていた。ここで重要なのは翼は真犯人によって犯行するように言われていたという事だ。

そうなると翼との人間関係を探る必要がある訳だが、今となってはそれを知る術が心と由紀にはない。そして紀子はその事を文吾に犯人を観たという事を告げて31年間苦しみ続けた事を告げると文吾は紀子を許したのだった。

しかしこれを許さない人物がいた。それが木村さつきだったが、どうしてさつきがそこまで犯人が別にいると知りながら文吾に罪を着せ続けようとする行動をするのか?というのは間違いなく木村さつきも真犯人を知っているからに他ならない。

そうでなければ木村さつきが最終的に紀子を殺害するに至る理由がない訳だ。文吾が犯人でなければ都合が悪い人物が木村さつきと繋がりがあるという事であるが、それは今の時代にもまだ存命であるという事は確かなようで真犯人に先回りされている。

ただここで唯一の救いは心が紀子が真犯人の声を聞いたという事と、その声に紀子は聞き覚えがあるという事だ。そうなると当時の紀子の人間関係を探る必要がある訳だが、少なくても顔見知りである事は間違いないようだ。

次回は紀子が殺された事で事件は闇に葬られそうなところまで追い込まれ、真犯人からも警告される。果たして心はここからどうやって真犯人に辿り着くカギを見つけるのだろうか?その展開から目が離せない。