26日ドラマ「テセウスの船」第2話を視聴した。

今回は未来を変えるために動き始めた心は音臼小学校の臨時教員として働き出した。

しかしこの村の部外者の為に心が1番疑われる事になる。そんな中で火事が起きる記事を元に家事を防ごうと動く心だったが、その前に本来翌日起きるはずのあかねちゃんと鈴がいなくなり探す事になる。そして探す事になった心だったが1番怪しまれる事になる。

そんな中でも心の母和子は心に寄り添い、そこで心は未来に起きる母和子が行った事をあえて問うと和子は自分でもそうする子供を守る為に!と告げた事で母和子の言葉の真意を知る事になった。

そしてあかねちゃんを探すうちにあかねちゃんがある小屋に監禁されている場所を突き止めた心と佐野はあかねちゃんを救出に成功するが、そんな中本来殺されるはずのなかった長谷川翼が殺されたシーンがメインだった。


ストーリー




今回は心が未来を変えるために動き出して音臼小学校の臨時教員になって小学校での生徒たちと接する事になった。そこでは色々な教師や村人との接点を知る事になるも誰もが怪しく見えるようになる。

そんな中でその記事通りだとこの日に家事が起きる事になっており、火事によって死者が出る事もあり、心は佐野と共に事件を未然に防ごうとその家に夜まで滞在する。滞在した心と佐野はそこでは何事もなかったものの、本来殺されるのが2日後だったあかねちゃんが鈴と共に行方不明となり村中の人たちと探し出す。

鈴は見つかったがあかねちゃんは見つからず真っ先に部外者である心が疑われる。疑われた心だったが、心当たりある場所を特定できず焦っていたところに心の母和子が心に寄り添ってきた。ここで心は子供の時に母和子が行った事を他の人から聞いたと話すと和子はその場合は子供たちにはそういって安心させると答えて本心は佐野の事を信じている事を真実として知るのだった。

そして翌日になり心はタイムリミットである当日にあかねちゃんを探す手掛かりを見て回るが子供たちから絵の事で心当たりがあると告げられた事で佐野と共にその小屋へ向かうとあかねちゃんが発見され命は助かったが、その代わりに殺されるはずのなかった長谷川翼が殺される事になり歴史がまた変わる事になったのだった。

これでいくつかの歴史が変わってしまった事で事件は予想よりも難しい局面になっていく訳で果たして記事がどこまで手掛かりになるのかは予断を許さない。

次回は再び金丸に逮捕された心は未来のノートまで捨てる事になるがそのノートには書かれていない展開になりかけてきた。果たして心は新たなる真犯人の手掛かりを見つける事ができるのか?その手掛かりに注目だ。