22日ドラマ「東京タラレバ娘」最終話を視聴した。

今回はKEYを放っておくことができなかった倫子は一晩泊めてしまう。

そんな中で早坂と同棲する部屋探しをするも何かぎこちない。

そんな中香は涼からやり直したいと告げられたが、

受け止められず拒否するも見捨てられない。

小雪は丸井との気持ちを断ち切った。

しかし倫子は早坂とKEYのはざまに揺れていた。

それを察した早坂は倫子との同棲を止めようと

提案し再び仕事仲間に戻る事になった。

倫子はKEYに思いがある事を隠せず香と小雪に相談するも結局答えは見つからない。

そんな中でタラレバに幸せとは何かと問われて

今やりたい事があるならそれが幸せだと言われて吹っ切れたシーンがメインだった。
ストーリー

亡き妻の七回忌で義父から「娘のことは忘れて、

自分の人生を歩いて行きなさい」と言われたKEY。

心の支えをなくしボロボロになったKEYの姿を見た倫子は

そのまま放っておくことができず、家に連れ帰って一晩泊めてしまう。

早坂に嘘をついてまでそんなことをしてしまったことを後悔しながらも、

KEYに心惹かれている自分に気づいた倫子。

だが、その気持ちには蓋をして、なかったことにしようと決意する。

そんな中、改めて婚活をスタートさせていた香の前に、

元カレ・涼が現れる。

「彼女と別れた。もう一回ちゃんとつきあいたい」という涼の言葉に、揺れる香…。

一方、丸井との不倫関係を終わらせたはずの小雪は、

街で偶然、子供を連れた丸井と遭遇してしまう…。

以上日テレ東京タラレバ娘HPより


今回は倫子はKEYを放っておくことができずに家に一晩泊めてしまった。

それにより早坂との約束をすっぽかしてしまった倫子は

さすがに拙いと感じその後早坂に連絡するも

早坂は倫子の気持ちは自分に向いていないと感じるようになる。

そんな中で同棲する部屋を探すもその中で早坂は

倫子がKEYに会っているところを見た事で同棲しても上手くいかないと

感じて同棲を解消する事を告げて再び仕事仲間に戻る事を提示したのだった。

倫子にとってもKEYの事が頭から離れず気持ちもある状況では

早坂もこのまま続けても後悔するという気持ちが強くなったのは無理もないと思う。

なかなか誰かに気持ちがある中では例え同棲したとしても

うまくいかなくなった時に乗り越えられるものじゃない。

そんな中香も涼が彼女と別れてきたと告げて現れたものの、

これまでの経緯から簡単に受け入れる事はできなかった。

これは言うまでもなくこれまで付き合ってきたからこそ

簡単に変われるものじゃないとわかっているからこその判断だ。

そして小雪は既に丸井との関係を吹っ切った事で

突然会っても冷静にいられたのは不倫だったからだと感じる。

そして倫子は早坂と仕事仲間に戻り、

香と小雪といつも通りの日常に戻って

3年後東京五輪を一緒に見ることを約束したのだった。

3か月間タラレバ3人娘を楽しく見てきましたけれど、

本当に面白かったし、30代の女性の色々な後悔や本音を語られていた事で

色々と今の30代の女性の気持ちの葛藤は20代とは違うという事だ。

今の時代30代で独身だったとしても何の不思議もないし、

普通にそういう人は多い。

私も30代を超えてきたけれど、超えてみると仕事に追われたり、

仕事以外の出会いは殆どなかったりしたものだ。

もう結婚なんて現実的じゃないという世代なので

そういう現実に出会う事はないのかもしれないが、

そういう世代の気持ちはドラマなどを通じて観ながら感じている部分と

感じた部分を観続ける事で気持ちを忘れないようにしたいものでもある。

通り過ぎたからこそわかる事、通り過ぎなければわからない事、

そんな後悔をしながらタラレバを語っている人たちは案外多いと思うものだ。

それでも今が幸せなのか?という事が本当に大切なのだと思う。

総評として3か月間タラレバ3人娘を見てきて理想としていた20代から

現実に直面する30代というはざまで3人は幸せを探し続けていた。

でも本当の幸せは結婚とは限らずそれぞれが何だったら幸せなのか?

という部分が重要なのだと辿り着いた

3人は再びタラレバを言いながら現実を生きていくのだった。

これで第1クールが終わりました。

唯一完全完走したのがこのドラマでしたが

なかなかドラマなどのレビューを描くのが難しくなっている自分がいたりします。

現状他のレビューが全く書けない燃え尽き状態だったりしますが、

続けられるドラマは次のクールでも続けていきます。

次のドラマも続投致します。

次は母になるという久しぶりに難しい題材のドラマを視聴する事になります。

産みの母なのか?育ての母なのか?

母になるという難しい環境でどう母になっていくのか?

注目したいと思います。

それでは3週間後再びこの時間にお会いしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。










TOKYO GIRL(初回限定盤)(DVD付)
Perfume
Universal Music =music=
2017-02-15