22日ドラマ「東京タラレバ娘」第6話を視聴した。

今回は倫子がバーテンダーの奥田と付き合うようになった。

最初はこの幸せが続けばと思っていた倫子だったが

次第に価値観のずれが生じてくる。

一方香は結婚相談所に登録して早く結婚したいと思うも

元カレの涼が香を求めてその誘惑に負けてしまう。

一方小雪は不倫の恋の深みにはまり始めていた。

それぞれ三者三様の中で倫子は奥田と価値観の違いを埋める事ができず別れを選択し、

そんな中で早坂が家の前で待っていたシーンがメインだった。
ストーリー

イケメンバーテンダーの奥田と付き合うことになった倫子。

奥田から「ずっと一緒にいられたら幸せだろうな」と

プロポーズのような言葉を言われ、すっかり舞い上がる。

話を聞いた香や小雪はもちろん、KEYも皮肉交じりに祝福。

遂に結婚か…と倫子もその気になるが、一緒に過ごしていくうちに、

奥田との微妙なズレに違和感を覚えるようになっていく……。

一方、小雪は丸井と別れられなかったことを告白。

結婚できないという事実に目をつむり、不倫の恋にどっぷりと浸かっていく。

そして、香は「東京オリンピックまでに結婚して子供を産む」という目標のため、

結婚相談所に登録。すぐに香の希望通りの相手が見つかって会うことになるが、

そんな時に涼から連絡が入り……。

以上日テレ東京タラレバ娘HPより


今回はバーテンダーの奥田と付き合いだした倫子だったが

最初こそこの幸せが続けばという気持ちになっていたけれど、

次第にお互いの価値観の違いを感じるようになっていく。

まあ無理もない事だけれど価値観の違いは埋めれそうで埋められないものであり、

その価値観を埋めるためにどうしていくべきなのか?というのがある。

特に仕事が違う場合は余計その価値観を埋めるのが難しかったりする。

同じ仕事をしていた方が仕事に対する理解もあるという点では

倫子にとって奥田は価値観が合わない人だったという事だ。

そして香もまた元カレの涼の事を忘れられない中で結婚相談所に入会するも、

正直香の条件では結婚相手がいただけでも奇跡というレベルだ。

結婚相談所の条件は最低でも年収400万越え!

これに満たない人は正直金の無駄なのでまあ全国の多くの男性は

この条件以下な訳だから結婚相談所に寄付してしまったと思った方が良いし、

女性側もこの条件で結婚相手が見つかると考えている現実では

見つかる訳がないという現実を知るべきだろう。

そして小雪については正直なところ恋は盲目という状況だよね。

妻帯者でも相手の波長があってしまうと

どうしてものめり込んでしまうのはわからないではない。

冷静に判断できなくなるというのはあるので小雪もいけないと

わかっていても好きになってしまった気持ちが上回ってしまったという事だ。

でもそういう相手がいる事で精神的に支えらえている事ってあるので

普通にそういう人の近くにいたいという気持ちにさせてしまうという事だ。

その中で倫子は奥田との価値観を埋め切れずに別れる決断をし、

再び早坂が急接近してきたのだった。

次回は倫子は再び早坂が接してきた事で再アタックする事になるのか?

その再アタックに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。