17日大河ドラマ「おんな城主 直虎」最終話を視聴した。

今回は本能寺の変で信長が討ち取られ家康は堺から岡崎に戻り信長の弔い合戦に向かおうとしたが既に秀吉が光秀を討っていた。この混乱に乗じて家康は甲斐、南信濃を制するために兵を進めて万千代は見事な働きで北条と和睦の使者となり甲斐、南信濃を手中に収めた。

一方直虎は光秀の子を守りその後の井伊家の事を考えている最中に病に倒れて帰らぬ人となった。直虎の意向を知った家康は万千代に元服を申し渡し、直政と名付けて大家臣団を形成させて井伊家の意思を直政が継いだシーンがメインだった。

ストーリー

本能寺の変によって信長は討ち取られ、直虎の手助けによって家康は無事、三河へと戻る。明智が京を追われたと聞いた直虎は龍雲丸と別れ、堺を後にする。井伊谷に戻った直虎は保護していた明智の遺児を逃がそうとするが、万千代はその身柄を徳川に引き渡すよう要求する。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより



今回は信長が討たれて再び混乱の時代になろうとしたが信長が死んだことにより家康の立場は大きく変わる事になった。信長の領地は殆ど家臣団であり実際にはそれぞれの領地ではない。


一方家康は元々自らの領地という事でその力は国力で示せる訳で、既に3国を手中にしていた家康はこの混乱に乗じて甲斐、南信濃を手中に収めたという事はそれだけで大きな権限を持った大名になったという事だ。


息子信忠も討たれてしまった事もありこの時点で事実上織田家は主君ではなくなった。秀吉が制したとはいえ元々の同盟関係は信長の織田家であった故に家康は信長の関係が無くなった事により強く出れるようになった。


そんな中で万千代は大きな働きを見せて元服して直政と名乗る事になったが、その時には直虎は既にこの世にいなかった。直虎は井伊家存続を願っていたが、如何せん家が小さかったために存続は叶わなかった訳だけれど直政の大きな働きにより井伊家に仕えた家臣団並びに武田の家臣団などを配下とする事になり井伊家は直政中心に徳川四天王の1人として徳川家で江戸幕府で大きな存在感を担っていく事になるのだった。


終盤の殆どは直政の成長期を直虎が見守る形で進んだ訳だけれど、この戦国の世界で生き残るために時には苦渋の決断をしながらやってきた直虎は成長した直政に託して亡くなった訳だけれど、自害が違ったら直虎のような人物は会社や家を支える当主や社長になっていただろうと思う。それ位芯の通った人物ではあった。現実と向き合いながら生き抜いた直虎の見事な最期だった。


総評として力のない城主が生き残るためにどういう苦渋の決断の連続で乗り切っていったのか?というのを楽しみにしていたけれど、やはり戦国の世はきれいごとでは片づけられないほど苦渋の決断が多かった。それはここで描かれた家康も同じで色々な苦渋の決断があったから徳川260年の幕府が続く事になったのだと思います。


これで9年連続大河レビューを完走いたしました。1年間の長丁場のレビューを継続するのはなかなか難しいのですがこういう知名度の少ない人物でも書き続けられるようになったのも大河を連続で観続けてきたからこそだと思いますし、大河を通じて色々な事を学ばせて頂いております。今後2年以上戦国時代から遠ざかる訳ですけれど、再び戦国時代が描かれる事になった時どんな人物が描かれるのか楽しみにしたいと思います。


来年の大河は西郷どんという事で幕末は3年ぶりで西郷隆盛を中心に描かれるのは1990年の翔ぶが如く以来となります。明治維新の中心人物の1人である西郷隆盛は果たしてどのような人物だったのか?と描かれていく訳ですけれど何度も描かれている人物だけに今回の西郷隆盛はどのように描かれるのか?注目しながら1年間レビューしたいと思います。


それではまた来年この大河で皆様とお会いできる事を楽しみにしております。1年間ありがとうございました。





おんな城主 直虎 完全版 第参集 [Blu-ray]
柴咲コウ
PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
2018-03-21









おんな城主 直虎 完全版 第弐集【Blu-ray】
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-12-20



おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18