24日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第38話を視聴した。

今回は武田軍が攻めてくる直前に近藤らと逃げた直虎は隠れ里に身を寄せた。南渓和尚は信玄を手厚くもてなし、信玄を安心させて過ぎるのを待った。その頃高瀬が武田の刺客である事に気づいた直虎は高瀬を説得して井伊に身をよせよと言って説得に成功した。

一方で直虎は龍雲丸と堺へ行く事を決めていたが、やはり堺へ行く事はできないと悟った龍雲丸が直虎を思い留めた。残った直虎は井伊谷再建のために動き出し、久しぶりに虎松と再会したシーンがメインだった。

ストーリー

武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤康用に対し、直虎は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。武田の陣に単身乗り込んだ南渓は、信玄と対面し、井伊の家名を復することと本領安堵を願い出る。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は徳川の敗北を受けて直虎はここで戦わずして逃げる事を近藤に提案し近藤らは逃げる事でこの戦では誰1人犠牲者を出す事なく逃げる事に成功した。犠牲者を出さすに逃げれただけでも命拾いしたと言えるところではある。


そんな状況ながら南渓和尚はこの状況でどちらに付いた方が良いのか難しい選択を迫られていたが南渓和尚は信玄に上手く取り入りどちらにもつかずという状況で凌ぎ武田軍は井伊谷を去った。


しかし武田軍に全てを焼き払われた井伊谷はまた1から作り直さなければならない状況だったが、作り直す事になり村人たちは再び再建するために奮起し始めていた。一方で高瀬の様子がおかしいと気付いた直虎は高瀬が武田の刺客である事を問い詰めた事で高瀬が白状し、高瀬は直虎の説得で井伊に残る事になった。


そして直虎は龍雲丸と堺へ行く事になっていたが、現状を考えた時に直虎はここに残るべきだと龍雲丸は感じ、龍雲丸は直虎にここに残れ!と告げて直虎を井伊谷に残した。そして直虎は井伊谷再建の為に奮起しつつ、松下に養子に出ていた虎松と5年ぶりに会う事になったのだった。


次回は虎松が成長し井伊家復興へ進む気配を感じるようになる。果たして虎松の野望に直虎はどう向き合う事になるのか?その野望に注目だ。











おんな城主 直虎 完全版 第弐集【Blu-ray】
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-12-20