6日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第31話を視聴した。

今回は氏真からの徳政令を受け入れる事になった直虎は一度井伊谷は今川の直轄地となり井伊家は取り潰し扱いとなる。そんな中で直虎は政次を信じ復活の機会を伺う事になった。そんな中で氏真から虎松の首を差し出すように告げられた政次はこの危機を乗り切る為に苦渋の決断で虎松の身代わりになる子供を殺してしまうが、それが直虎を救う事になるシーンがメインだった。
ストーリー

直虎は今川氏真の命に従い、徳政令をうけいれることを決める。これは井伊谷が今川の直轄地となり、井伊家が取りつぶしになることを意味していた。直虎と政次はいったん今川家に従うふりをして時を待ち、裏で家康と手を組むことで井伊家復活を図るという策を取ったのだ。虎松をはじめとした井伊の一族は領地を追われ、川名の隠し里に残ることになるが、氏真は虎松の首を差し出すよう要求してくる。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は政次の機転で民を救うために直虎は一度徳政令を受け入れる事になり井伊谷は今川の直轄地となった。この状況では今の井伊家には抗う力は持っていなかったと言ってよいし、政次がこの地を掌握するまでは身を隠すしかなかった。ここで本来なら政次も関口氏から任されるはずだったが、氏真がそれを許さなかった。取り潰しになった挙句に虎松の命を奪えと命じられた政次はこの窮地を切り抜けるために名もなき子供を殺める以外に道は残されていなかった。これが戦国時代の掟と言えばそれまでだ。それでも政次の機転で虎松は助かり政次がそのまま井伊谷の領地を掌握する事になった。

次回は今川と武田が戦になった事で徳川も遠江に攻め込んでくる。果たして政次と直虎はこのチャンスでどう動くのか?その動向に注目だ。














おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18