30日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第30話を視聴した。

今回は武田との戦に備えた今川は遠江の井伊領を直轄領にすべく方久に徳政令を出して井伊家を潰せと氏真に指示され自分の身を考え始める。一方政次は最近今川から何も情報を得られていなかっただけに今川の考えを探っていた。

一方直虎は徳川に味方する事を決めていたが表向きは今川に味方するふりをしていた。しかし今川の家臣関口氏が訪れ井伊領が今川直轄領になるとわかると直虎は動揺し、1日かけて最善の策を考えると徳川に寝返る以外に道はないと感じた。しかし百姓たちが直虎を助けようと奮起して徳政令の取り下げを叫ぶシーンがメインだった。
ストーリー

武田との戦が避けられない情勢となった駿府では、今川氏真が国衆を呼びつけ戦の準備を命じていた。直虎も徳川との内通をひた隠しにしながらこの命令に応じる。また氏真は方久が気賀に新しい蔵を作ることを認める代わりに、井伊家を取り潰す手助けをするよう求める。徳川との戦に備え、要衝の地である井伊谷を今川の直轄領にしたいと考えたのだ。井伊と今川の板ばさみに悩む方久。その不自然な動きを怪しむ政次は気賀に乗り込むが…。龍雲丸の手引きで方久と相対した政次は、氏真が方久に宛てて書いた安堵(あんど)状を見つける。そんななか、氏真の命を受けた関口氏経井伊を訪れ、速やかに徳政令を行うよう下知を下す。窮地に追い込まれた直虎は、徳川に弓を引くと見せかけ、関口の首をあげて徳川に差し出すことで、井伊をよみがえらせようと考える。しかし、瀬戸祝田の百姓たちが「徳政令を望まない」と関口の元に押しかける。そこに駆けつけた直虎は政次の郎党に取り囲まれ…。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は今川が井伊領を直轄領にすべく動き出した。直虎も徳川に寝返る予定であったとはいえ表向きは今川に従っているという状況だった。それでも氏真が方久に領地を安堵する代わりに徳政令を出せと脅したのを皮切りに井伊家を破産させる謀略に出てきた。それを知った龍雲丸と政次は氏真に井伊家を潰す事を実行に移した事を知り、直虎もそれを知っていよいよ決断をしなければならない時がきた。そして直虎は覚悟を決めて決断しようとしたが、百姓たちが直虎を慕い奮起し始めるという状況だった。

次回は直虎は難しい局面を迎える。果たして直虎はこの難しい状況をどう乗り越えようとするのだろうか?その決断に注目だ。





おんな城主 直虎 三
森下 佳子
NHK出版
2017-06-29






おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18