2日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第26話を視聴した。

今回は井伊は材木を三河から取り戻してお咎めなしとなったが領地に戻ると今度は気賀に城を築く事を聞かされ、この城に井伊の駿府に置いてきた木材を使う事で龍雲丸が反発した。そんな中で隣接する大沢家から材木を調達してほしいと言われた直虎はどうにかことを収めようと気賀へ向かい事の事態を踏まえて話し合いの場を設ける。そこで直虎は商人の利益を損なわない様に話を進めたが龍雲丸は納得できず直虎は方久から自ら城主になる事を目指す進言を受けたシーンがメインだった。
ストーリー

雲丸が井伊の材木を取り返したことで、直虎の謀反の疑いは晴れる。しかしその材木は数日後、今川の手によって気賀に運びこまれることになる。今川氏真は商人の自治が許されてきた気賀に城を築き、家臣の大沢基胤に治めさせようとしているのだった。この動きに激怒した龍雲丸は、築城反対派とともにかく乱作戦に出る。混乱を鎮めるため、直虎は気賀に乗り込むが…。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回は直虎は材木を龍雲丸たちに取り戻してもらった事で首が繋がった。最もこの一件は今川からの濡れ衣であり、何とかそれを申し開きする事に成功したもののその材木は今川が気賀で城を築城する材料に使われる事を知るのは龍雲丸が井伊谷に乗り込んできたからである。この一件は井伊家の意向でどうにもならない事は誰もがわかっているけれど、龍雲丸にとってはそれでも直虎なら何とかしてくれると期待して関係はないが直虎に文句を言いに来た。この時点で直虎は黙っていられなくなったわけだけれど、直虎もまた材木を隣接する大沢家から依頼を受けて事を丸く収めないといけないと気賀へ向かう。

そして気賀に向かった直虎は気賀が二分している事を知り、どうにかこの2分を1つにする手段として直虎は商人を集めて話し合いの場を設けて城を築城するよりも商人にとってやり易い環境が必要と説いた。それに商人たちも1つになるが龍雲丸だけは納得できなかった。龍雲丸には過去に城主の息子だった時の辛い思い出があった。そんな中で方久が気賀の城主になる事を進言されるがそれはかなり難しい事だった。

次回は直虎は気賀の城主になる為に今川に働きかける。果たして直虎は気賀の城主になる事ができるのだろうか?その挑戦に注目だ。








おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18