25日大河ドラマ「おんな城主 直虎」第25話を視聴した。

今回は直虎は材木を商売する事で利益を得る事に成功しそうになっていた。しかしそんな中で今川が武田との同盟を破られた事で塩止めを行いそれが井伊にも影響を受ける事になった。その影響は材木にも及び直虎はその売った材木が徳川に流れたという濡れ衣を疑われた。申し開きの為に駿府へ向かう事になった直虎は処罰される事を覚悟して駿府へ乗り込んだがこれを救ったのは龍雲丸だったシーンがメインだった。
ストーリー

井伊の材木をまとめて買い取りたいという商人が見つかり、張り切る直虎と方久。一方、井伊を去った龍雲丸たち一味は気賀に戻り「龍雲党」を旗揚げする。駿府では今川氏真が同盟を破った武田への対抗策として「塩止め」を行い、武田家と通じる商人の取り締まりを強化していた。そんな中、井伊家の材木の商い先である「成川屋」が三河の徳川に材木を流していることが発覚する。その事実から今川に謀反を疑われた直虎は、駿府へ申し開きをしに行くことに。直虎は今川が最初から申し開きを聞き入れるつもりがないと悟り、井伊の材木を取り戻すことで忠義を見せるという策を考える。道中薬を使って熱を出し時間を稼ぐ直虎。氏真と対面の場に臨んだ直虎のもとに駿府城下に次々と材木が運び込まれているとの知らせが入る。

以上大河ドラマおんな城主直虎HPより


今回はようやく材木の商いの目途が見えたさなかに今川と武田の関係が悪化して塩止めが行われた。これにより塩は闇取引に使われるようになり、その影響で井伊が行っていた材木の商いにも影響を及ぼす事になった。今川は井伊が行っていた材木の商いでその材木が徳川に流れている事を掴んだ氏真はその件で直虎を駿府に呼び出すという沙汰が届き、さすがに直虎は駿府へ申し開きに行かなければならなくなり相当な覚悟をして駿府に向かった。しかしその間に材木を回収して駿府へ届けるように手配したのも直虎だった。そしてそれに答えたのが龍雲丸であり、龍雲丸は直虎を救うために材木を回収してその材木を駿府へ届ける事で直虎の無実を証明したのだった。

次回は気賀に今川は城を立てる事になり気賀の商人たちが反発する。果たして直虎はこの事態にどう向き合うのだろうか?その動向に注目したい。

当ブログが所属するlivedoorBlogは6月29日をもってトラックバック機能が廃止される事となりました。これまで当ブログは開設から12年が経ちますがこれも時代なのだと受け止めております。これまで数多くのブロガーの方々にトラックバックして頂きまして私の人生の引き出しを広げる事に繋がり多くのブロガーの皆様には本当に感謝し切れないほど私の人生を変えるだけのキッカケを頂いた事は一生忘れません。当ブログはトラックバック専用ブログを開設する予定はありません。まだトラックバック機能があるgooブログを所有しておりますが他のブログも機能廃止は時間の問題と捉えております。ブログそのものは今後も継続していきますしTwitter及びLINEでブログの更新通知できますので今後も読者として読まれるか方々にはそちらから通知を受け取って頂ければと思います。これまで本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願い致します。











おんな城主 直虎 完全版 第壱集 [Blu-ray]
柴咲コウ
ポニーキャニオン
2017-08-18